FC2ブログ

瀞(とろ)、まん丸の幸せ~♪

10月6日、鎌倉で開催されたちばわんいぬ親会で、
まん丸の幸せをつかんだ瀞(とろ)!

約一カ月後の11月3日、ホントのお家に到着し、
瀞は、まん丸のまん丸の幸せになりました~♪
チビスケんちの都合で、お届けまでた~っぷり時間があったから、
瀞との思い出作り散歩もいろいろ行けちゃって、
そんなこんなもブログに載せたいけど、そ~ゆ~こと考えてると、
お届け報告がまたまた2年くらい先になっちゃうかも!(汗)

ということで、思い出散歩のあれやこれやは置いといて、
お届けのご報告、させていただきます!

3日の早朝、瀞の本当のお家に向かってGo~♪
tIMG_1489.jpg
って、なんじゃこりゃ~ないきなりのお写真。

だってお外・・・、
tIMG_1490.jpg
真っ暗さ~な早朝出発でしたから!

なぜっ?って。
なぜなら瀞の本当のお家、チビスケんちからノンストップでも、
6時間くらいかかる、なんと、なんとな大阪だからで~す!

でもって、暗くてお写真てんで撮れないし・・・な~んて思ってたら、
アッと言う間に助手席で爆睡したチビスケ母。
気付いたら、
tIMG_1494.jpg
ワォッ!!!な、デッカイ富士山!!!
このちょこっと前、道路真正面にデデ~ンと富士山見えたそうです。
教えてあげなくちゃ!と思ったチビスケ父ですが・・・、
イビキまでかいてグースカ寝てるチビスケ母のこと、
とてもとても、起こせなかったそうです。(笑)

出発して2時間!
沼津で最初の休憩タイムです。
tDSC_0087.jpg
一応・・・、駿河湾と瀞♪です。
目を凝らしてよ~く見れば、うっすら海が見えるはず!

サービスエリアには、ドッグランもありました!
tIMG_1536.jpg
なかなか広くて段差もあって、カッ飛ぶには持ってこいなドッグラン。
時間が早いせいか、貸し切り状態でした~。

と、思ったら~♪
tIMG_1558.jpg
デ~ッカイ、コリー犬登場!

まだ、二歳前の遊び盛り真っ只中~♪
瀞と一緒にそりゃもう大騒ぎ~な追いかけっこ。
見ているだけで楽しくなっちゃう走りっぷり、続けてご紹介しま~す。
tIMG_1560.jpg

tIMG_1561.jpg

tIMG_1574.jpg

tIMG_1584.jpg
カッ飛び小僧の瀞にとって、最高のお友達。
そりゃもう、楽しそうで楽しそうで、
思わず休憩だってこと忘れちゃいそうになりました。

でも今日は、瀞の到着、首を長~~~くして待ってる人がいるもんね~!
ということで、再び、出発~♪
tIMG_1693.jpg
って・・・、眠い、眠い~な瀞???
ソリャソウダ!
あれだけ走ればね~。

あっ、格子模様の飛行機雲!
tIMG_1598.jpg
へぇ~、こんなの初めて見た~♪
チビスケんちの方も飛行機雲たくさんできるけど、
同じ方向に飛ぶからみんな平行線。
飛行場が近いと、いろんなとこに向かったり、
いろんなとこから来るんだな~。
へぇ~、へぇ~、へぇ~と、妙に感心してしまいました。

そしてまた二時間。二度目の休憩タイムです。
でもって浜松のサービスエリアにもあったドッグランで、瀞も休憩タイム♪
tDSC_0093.jpg
ここでは、ちょこっと走って、シッコしてオシマイ。
瀞、さっきのドッグランで思い切り走って満足したみたいで~す♪

途中、火災事故とかで高速を降ろされた時もあったけど、
すぐに別の高速に乗れて一安心。
渋滞もなく、ホントに助かりました!

最後の休憩ポイントは、鈴鹿サービスエリアです。
鈴鹿にもドッグラン!
tIMG_1706.jpg
ここでも、ちょこっと走って、シッコして~って感じでした。

鈴鹿ですものね~。
tIMG_1708.jpg
記念にパチリ!
カッ飛び瀞とカッ飛びカーで~す♪

鈴鹿で早お昼を済ませ、再びチビスケカーへ。
瀞、もうすぐホントのお家だよ~♪
tIMG_1731.jpg

うっかり者のチビスケ母ですが、今回だけはしっかり者!
なんたって、忘れ物した~となっても取りに行けない距離ですから。
お届け書類のあれこれも、数日前には準備完了!
いぬ親会で瀞にもらった首輪も入れたし、
瀞のこと大好きなママから、
tIMG_1254.jpg
瀞ちゃんにってもらったオヤツもしっかり入れました。

そうそう、瀞のまん丸の幸せが決まった後、
瀞が大怪我してチビスケんちに来た時も、
怪我が早く治るようにって栄養満点ご飯送ってくれた
元預かりっ子のニコラスのママが、
tIMG_1141.jpg
お祝いにって、美味しそうなソーセージ送ってくれました。
実は他にもてんこ盛りいただいて、
ソーセージだけのお写真撮ってなくて・・・、
ヘンテコリンな横長お写真になっちゃいました。(汗)

もうすぐお届けだね~な毎晩、みんなしてソーセージパーティー三昧♪
これは食べちゃったから、お届け準備の中には入りませんでしたけど~。

そして、そして!
チビスケんちを出てから9時間。
お昼過ぎに瀞のホントのお家に到着しました~♪
tIMG_1745.jpg
瀞のためにママが用意してくれたてんこ盛りのオモチャ!

早速、カジカジしだすご機嫌・瀞~♪
tIMG_1763.jpg

瀞のママは、トリマーさんです。
講習会で、「殺処分0」という言葉をよく耳にしていたそうです。
その度に、自分になにができるのか?
ずっと考えていたそうです。
そして、保護犬の家族にならなれるかもしれないって、
里親募集サイトを見て、瀞に出会いました。

瀞のこと、見れば見るほど可愛くなって、
譲渡条件に関東近県ってあったのに、
大阪から申し込んじゃいました。
可愛いのが一番の理由だけど、
瀞が元気っ子だったことも実は大きな決め手でした。

というのも、実はお家には、
杏くん、抹茶ちゃん、小豆くん、最中ちゃんという、
元気な元気なトイプードルファミリーがいたからで~す。
しかも、みや太郎くんという13歳の猫さんもいます!
なので、怖がりな子や大人しい子だと、
迎えられた子が大変かな~って思ったそうです。

そして、瀞とのご縁が決まった後、
パパは、車に轢かれ、泥だらけになりながら
道路を這いずって動きまわる子猫と出会いました。
迷うことなく泥だらけの子猫を連れ帰ったパパ。
子猫は骨盤骨折していたそうです。

泥だらけで這いずる猫を見かけても、
手を差し伸べてくれる人ばかりではありません。
見て見ぬふりしちゃう人の方が、多いかも・・・。
なので、お仕事でお会いできなかったパパですが、
そのお話を聞いたら、ますます瀞の幸せが目に浮かび、
パパと出会えた子猫の幸運と、瀞の幸せな未来が、
とってもとっても嬉しくなりました。

生後5か月の子猫は、デビルくんです。
デビ~って呼ばれてます。
真っ黒で長毛で、目茶苦茶可愛くてカッコ良い~♪
でもって思い切り、シャ~~~ッ!って言われて
骨盤骨折順調に回復中なんだな~と思える走りっぷりで、
逃げていきました・・・。(涙)

そうそう、みや太郎くんもパパが拾ってきちゃったんですって~♪

瀞、なにかあるとものすご~く吠えるんです。
その事が、ご縁を遠のかせるかもって思いました。
でもママは、
家の子も知らない子がお部屋に入って来るとみんなで大騒ぎだし、
お客さんも元気一杯な子たくさんいますから~とまったく気にしません。

そして、ママは瀞のこと、可愛い可愛いって言うけど、
一度も可愛そうって言ったことないんです。
瀞はメチャクチャ可愛いけど、
お散歩してると時々、すごい視線を向けて来る人や、
もし自分が言われたらいい気持ちしないでしょ!って言いたくなる言葉、
すれ違いざまに口にする人とも出会います。

そんな時、例え心にチクッとそんな視線や言葉が刺さったとしても、
フフンのフンだ~~~と跳ねのけて、ニッコリ瀞を見つめてくれる人。
そんな人に瀞の家族になって欲しいと思っていました。

瀞のママはそんな時、飄々と流しちゃう気がします。
もちろん、カチンと来ることもあるでしょう。
グーパンチ、お見舞いしたくなることもあるかもしれません。

でも、瀞のママは優しいけど強い。
柳って、しなるから折れにくいでしょ。
瀞のママからは、そんな感じがするんです。

ああこの人が瀞のママなんだと思えた日、
瀞の丸ごとを、心から安心して託せる人だな~って感じました。

瀞のご家族で~す♪
tIMG_1767.jpg
瀞、てんでじっとしてなくて・・・。
ご家族のお顔は隠しちゃうからということで、
瀞がこっち向いた時のお写真です。

すでにドコノコとインスタではご紹介しましたが、
瀞のママ、瀞のこと応援してくださった皆さまに
これからもご報告しなくちゃと、インスタグラム、初めてくれました!

「るる」 良かったら、ご覧くださ~い。

瀞のママのママは、ワンコ服作る人なんですって!
そしてママはトリマーさん。
っていうことは、瀞ったらいきなり、
専属スタイリストさん&お抱え美容師さんできちゃったってこと?
ヤッダ~、まるでスターだわ~~~♪

ママがお仕事中は、みんなして同じお部屋で過ごすそうです。
なので、甘えん坊の瀞、お留守番もナシで~す!

チビスケんちにいた頃も、諸やら俊改めルークやら秀やら、
いろんな子とガウガウ、楽しそうに遊んでました。
瀞、これからもみんなと楽しく遊べるんだね~♪
もちろん、みんなが瀞に慣れたらね!だけどね~。(笑)



遠くても、ご縁つながって本当に良かった~と思える出会いでした。
昨年暮れに大怪我をして保護された瀞は、
本当にたくさんの方に助けていただきました。
瀞が生きてくれるよう、たくさんのたくさんの方が祈ってくださいました。
無事、退院できるまでになった瀞は、日に日に元気になり、
今ではほとんど健常な子と変わりなく過ごすことが
できるようになりました。
そして、出会うべくして出会えたホントのご家族とのご縁。
なんたって、二度もお断りしたのに切れなかったんですから~。

瀞を迎えることに一分の迷いもなく、嫋やかに撓やかに生きる人。
それが瀞のママです。

応援してくださった皆さまに
瀞のこんなにもなまん丸の幸せのご報告ができること、
とってもとっても嬉しいです。
皆さま、本当にありがとうございました。
これからは、時々アップされるかも~な瀞のママのインスタを、
どうぞよろしくお願いいたします。

瀞、おめでとう。
あなたの幸せ、べらぼうに嬉しいです。

怪我をしようが、外見が変わろうが、生きていいんだよね。
助かる命が目の前にあったら、全力で助けていいんだよね。
その事、あなたは当たり前に見せてくれました。
本当にありがとう。

これからは、ご家族みんなと、楽しいことた~くさんして、
う~んと、う~んと幸せにね~♪

お届けの夜、ママから届いたお写真です。
tIMG_1451.jpg
イヤ~ン、モォ~~、瀞ったらl~~~♪
ベリベリ可愛いぞ~~~♪
スポンサーサイト



祝!瀞!&10月6日湘南いぬ親会のご報告~♪

すでにインスタやドコノコでご報告済みですが、
10月6日に開催されたちばわんの湘南いぬ親会で、
瀞(とろ)、まん丸の幸せをつかみました~♪

遅まきながら、いぬ親会のご報告共々、
もちょっと詳しくお伝えさせていただきます。

10月6日の朝、チビスケカーに乗り込んだ面々♪
sIMG_0374.jpg
左から、瀞、洸(ほの)、歌と、お顔隠れちゃった儘(まま)。
そして手前のクレートの中に秀(しゅう)がいます。

お空は曇天。
sIMG_0378.jpg
会場に向かう道すがらの逗子海岸では、
なにやら海系のイベントが開催されるようでした。
でも渋滞もなく、珍しく遅刻もせず、
あっという間に会場に到着できました。

駐車場に到着したら、なんと!なんと!
元預かりっ子のチャコ発見!!!
見えるけど・・・、近づけない・・・。
なぜなら今回の参加ワンズの約半分、儘、歌、洸は怖がりチーム。
みんなを置いて車を離れるなんて、とてもとてもできません。

と言うことで、先に会場に言ってるね~とその場はお別れ。
そしてしばらくして、
sIMG_0383.jpg
イヤ~~~ン、お久ぶりだね~~~なチャコ登場♪

チャコはチビスケんちの預かりワンコとしては二番目の預かりっ子。
大病もしたし、病院とは縁の切れないチャコだけど、
チャコ姉さんズの溺愛&献身的な看護で今も可愛いま~んまです。
ここ最近、溺愛&看護に、介護もくわわってきたようですが、
チャコには引き続き、思い切り我儘いって、思い切り甘やかされて、
思い切り愛されて、幸せ一杯で長生きしてもらわなくちゃです!

さてさて会場に到着した儘たちはというと、
sIMG_0391.jpg
怖がりチームは、こ~んな感じ。
リード、目一杯引っ張って、
なるべくなるべく後ろに下がっての犬団子状態です。

上のお写真の左にちょこっと写ってる、ご機嫌小僧の瀞はというと、
sIMG_0392.jpg
当然、もちろん、当たり前~に、この日もご機嫌小僧です!
あっちにウロウロ、こっちにウロウロ。
なんでもかんでも、楽しい瀞でした~♪

でもってその後ろに、ご機嫌小僧の瀞にも負けない
ご機嫌っぷりな子がもうひとつ!
来る人、来る人、み~んなに、好き好き攻撃な秀でした♪
(後ろ姿の白いチビッ子が、秀です)

秀ったら、ず~っとこ~んな感じでしたから、
た~くさんの方に可愛い可愛いって言ってもらえました~。
でもって、てんこ盛り、いい子いい子してもらいました~♪

あまりにも対照的な怖がりチームとご機嫌チーム。
足して二で割れたら、ちょうどいいのにな~です。

それでも度重なるいぬ親会参加で、怖がりチームにも少しずつ変化が!
sIMG_0393.jpg
洸にとっては、怖くて仕方ないいぬ親会。
今までは、ただただみんなと固まって、犬団子になってばかりでした。
でもここ最近、、チビスケ母を頼ってくれるようになりました。
なので上のお写真は、チビスケ母がどこかに行っちゃうと思って、
思わず立ち上がって追いかけようとしているところです。

怖い気持ちはまだまだあるけど、
洸にとってはものすご~~~い進歩です!
偉いねぇ~~~、洸~~~♪
可愛いぞ~~~~~~~~~~~♪

とは言え・・・、
sIMG_0399.jpg
ほとんどの時間は、やっぱりこ~んな感じなんですけどね。

そしてこちらも・・・、
sIMG_0407.jpg
ほとんどの時間、こ~んな感じ・・・。
それでも初めてのいぬ親会で、
最初から最後まで鳴きっぱなしだった頃と比べれば、
随分、随分、鳴かずに遊べる時間も増えました。

でもって、会えちゃった~♪
sIMG_0398.jpg
卒業ワンコのなおちゃん!

なかなかブログの更新ができなくて、ドコノコを始めたチビスケ母。
そのドコノコで、お友達になれたなおちゃんです。
以前、八王子のいぬ親会にも来てくれました♪
まだまだご家族探しのスタートラインにも立てない歩(ある)も、
いつかなおちゃんみたにお散歩できるようになれたらな~
と思ったものでした。

だって、お外で会ったなおちゃんは、
真っ黒な毛がとってもきれいで、クリクリオメメが可愛くて♪
一回り大きい歩が、お外歩けるようになったら、
きっとすっごくカッコいいだろうな~って思いました。

会えたのは、チャコとなおちゃんだけではありません。
sIMG_0412.jpg
チビスケんちの聡(さと)の姉妹の恋(れん)のお家に
新しく迎えらえた家族のもこちゃんです!

会うのは二度目だけど、
実は今回会った時、もこちゃんって気付きませんでした。
だって最初に会った時は、ママからポメラニアンだよって言われたけど、
なんだか体調も優れずで弱々しくて・・・、
もこちゃん大丈夫???って思っちゃうような状態だったんです。
だからすっかりポメラニアンなもこちゃんが近くにいても、
しばらく知らん顔してたチビスケ母でした。

もこちゃん、恋のお家の子になれて、
ちゃ~んとお世話してもらえるようになったのはもちろんだけど、
なにより今までもらえなかった愛情を、
当たり前に、しかもてんこ盛りもらえるようになりました。
そのことが、一番のお薬だったんだろうな~って思います。

そんな嬉しい再会の中、おなか減ったから帰る!って言うので・・・と、
sIMG_0402.jpg
チャコ退場のお時間となりました。
ええ~っ、て言いたいとこだけど、
チャコが言うなら仕方ないか~って感じです。
なんたってチャコは、生粋のお姫様ですから。
姫の言うことは、絶対!ですものね~。

次回の湘南いぬ親会は12月。
寒い季節だから、また来れるね~。
チャコ、楽しみにしてるよ~~~!(頑張れ、姉さんズ~!)

そしてそして、卒業ワンコではないけれど、
お久しぶり~なショーン君!
sIMG_0430.jpg
って・・・お顔見えませんけど。(汗)
8月半ばから10日ほど、チビスケんちにショートステイしてくれました。
クルクル巻き毛のショーン君、実は心身ともにボロボロでした。
それでも猫の手さんちで手厚いお世話をしてもらい、
やっといぬ親会にも参加できるようになりました~♪

痩せっぽちで寒がりなショーン君、
sIMG_0444.jpg
優しい優しい猫の手さんに、抱っこしてもらってました。
良かったね~、ショーン君♪

でもって猫の手さんは、瀞を愛護センターから連れてきてくれた人です!
クレートに入ったままだったし、数時間のドライブだったし、
応急手術はしてもらったけど、
傷口はまだまだとんでもない状態だったし、
ほとんど顔も見ていないと思うけど、
sIMG_0416.jpg
瀞は猫の手さんのこと、しっかり覚えているんです。

数か月に一回くらいしか会えないのに、
会うたびに、そりゃもう大喜びもいいとこ過ぎな大喜び。
きっととってもしんどかった自分に、優しくしてくれた猫の手さんの声、
覚えてるんだな~って思います。

それにしても・・・喜び過ぎ~。
それってちょっと・・・迷惑っぽいかも~な大感激っぷりでした~♪

そんなショーン君とのファイブショット!
sIMG_0431.jpg
手前から、瀞、歌、儘、洸、ショーン君で~す♪
残念!秀は写っていませんでした~。

写ってないかわりに(?)、一朗君のお写真で~す。
(しかも、ブレブレ・・・)
sIMG_0438.jpg
一朗君と秀は同郷です。
なので一朗君は、恐らく秀のパパか叔父さんかお兄ちゃんです。
それなのに・・・、ツーショット撮り損ねてしまいました~。
これまた残念!
相変わらず、詰めの甘いチビスケ母です。

そんなこんなのドタバタの中、
sIMG_0443.jpg
洸ったら、たびたび、たびたび、
チビスケ母を追いかけて立ち上がってました。
洸、スッゴイね~~~。
スッゴイ、スッゴイ、進歩だね~~~♪



そして、そして~~~!
sIMG_0436.jpg
瀞と、瀞のホントのママです!

実はママ、ずっと前に
瀞を迎えたいといぬ親希望アンケートを送ってくださったんです。
でも、お住まいが大阪だったので、
お届けすることができないからとお断りしたんです。
そしてそれから数カ月後、
八王子で開催されたいぬ親会に、いらっしゃいました。
遠方過ぎるから無理とわかっていたのに、それでも瀞に会ってみたくて
わざわざ大阪から来てくださったんです。
そのお気持ちに、もちろん心は揺れました。
でもその頃・・・、チビスケんちの都合で
やっぱり大阪まで瀞をお届けすることができませんでした。

二度目のお断りの時、ママは言いました。
瀞をもらいたいとかじゃなくて、
瀞が好きだからまた会いに来てもいいですか?って。
もちろんです!と、もちろん、もちろん、お答えしました。

そして10月6日、
「来ちゃいました~♪」と笑顔で鎌倉にいらしたママを見た時、
あっ、この人が瀞のママなんだ・・・って思ったんです。

でもママは、もう瀞を譲ってもらえないと思っているから、
瀞との暮らしをもう諦めちゃってるかもしれない。

しかも、二度もお断りしちゃったし・・・。

それでもやっぱり聞いちゃいました。
「今も瀞を迎えたいお気持ち、ありますか?」って。
そしたらママ、
「あります。」って。

大阪までのお届けは、今もやっぱり簡単ではありません。
でも、どうしても行かれない事情がなくなりました。
だとしたら、こんなにも望まれて望まれてな瀞とのご縁、
繋げない理由は、もうひとつもみつかりません。

ママは一言だって瀞を欲しいと言わなかったけど、
お気持ち聞いた後、
「来てみるものだな~」ってホッとしたお顔で呟いてました。
なんか、
「うん、うん、そうだよね。諦めなければ、いい事あるよね。」
って、二度も断っておきながら、
一緒に嬉しい気持ちになっちゃった図々しいチビスケ母。
我ながら、さすがにそんな自分に呆れました・・・。

会いたいというお気持ちだけで、会いにきてくれたママ。
瀞がテレビに出ると知った時は、
ああこれでもうきっと決まってしまうのだろうな~って思ったそうです。
それでもちばわんHPのイベント欄を見て見たら、
瀞が湘南いぬ親会に参加ってなってて、
そしたらもう、いてもたってもいられなくて、
「明日、鎌倉行ってくるから!」とご家族に言ったら、
「また、瀞ちゃんやろ。」って。
すっかりご家族に見透かされちゃってるママでした。

ご家族からは、
「見に行っても、絶対、そばに行ったらアカン。
ストーカーやと思われるからな。」って、厳重に注意されたそうです。
でもママったら、会場に到着してすぐ、
「来ちゃいました~♪」って。

なんかもう、そんなママの笑顔を見たら、
もうもう、瀞の幸せがべらぼうに想像できちゃいました♪

もちろん、約一ヶ月のお試し期間がありますから、
その間に、しっかり家族になっていかなくちゃではりますが、
それこそよんどころない事情が勃発しない限り、
瀞にも終の棲家、できたんだな~と確信できる出会いでした!

瀞の幸せを願ってくださった皆さま、応援してくださった皆さま、
本当にありがとうございました。

瀞、皆さまの願いに胸を張ってこたえられる幸せ、しっかりつかみました。

お届けはチビスケんちの都合で、11月3日です。
約一ヶ月もお待たせしてしまってますが、今度の日曜、瀞とお届けにあがります!

あとちょこっと待っててくださいね~。

最後に、この日もたくさんの暖かいお気持ちいただきました。
本当にありがとうございます。

いつも応援してくださる、ふくふくさんから。
IMG_0455ふくふくさん

運営ボラのOさんちから。
IMG_0456大桃さん

今は療養食しか食べられないという預かりっ子んちからと、
湘南会場でいただいた物資、チビスケんちにいただきました。
IMG_0459ショーン君湘南分

そして、湘南会場に届いた優しいお気持ち。
IMG_0460湘南

ニコママからも~。
IMG_0462ニコママ
もしかして・・・、帰りの車で一朗君が食べるはずったオヤツ、
もらっちゃったかも?(汗)

ちぽマーさんからお手製カラー、瀞にって。
IMG_0464ちぽマーさん
お届けの日、しっかり持たせますね~!

優しいお気持ち、本当にありがとうございます。
無駄にすることなく、しっかり食べてもらいます&使わせていただきます。

ここ最近のチビスケんち。

ここ最近と言っても・・・、ここ2年くらいのチビスケんちのことです。
今回は、自分へのけじめとして、お写真もなく、
つらつらとこの2年を順番に綴るだけのブログです。

ブログの更新が滞ってしまうようになったのは、
多分、介護に追われてドッピンシャンな部分が大きかったと思います。
その介護が、二年前の夏、突然、終わりました。
チビスケ母の母をチビスケBIBIと呼ぶことにして、
たびたびブログにも載せました。
そのBIBIが体調を崩し入院し、それも回復し
いよいよ退院という矢先、突然、旅立ってしまいました。

BIBIのこと、そりゃもうべらぼうに好きだということはわかっていました。
でもいなくなってしまった後、
自分が思っていた何百倍も好きだったことを思い知らされました。
BIBIがいなくなってヘナチョコになってしまったチビスケ母。
情けないですが、丸一年、
まったく使い物にならないくらいのヘナチョコぶりでした。

そしてある日、気付いたことがありました。

子供の頃から動物が好きで好きで好きで好きで、どうしようもなく好きで、
愛しいと思う者たちへの愛は、
いつだって当たり前に心の中から渾渾と湧き、
その溢れ出る愛が絶えることはかつて一度もありませんでした。

でもいつだって溢れ出ていた愛が、
すっかり枯れ果ててしまいました。

もちろん、一緒にいる愛しい子たちへの気持ちは愛そのものです。
可愛いものは可愛いし、愛しいものは愛しい。
その気持ちはちっとも変わらないのに、
それなのに、その子たちにすらそそぐ愛が湧いてこないのです。
すべてが止まってしまったかのような、枯渇しきった心に気付いた時、
何が起きているのかわかりませんでした。
自分の心が枯れるだなんて考えたこともなく、
でもそのことに、恐れおののく自分もいませんでした。

もしかしたら、これ以上悲しみに出会っても、何も感じないでいようと
心が勝手に心を守っていたのかもしれないな・・・と今は思います。

そんなヘナチョコの中、10月にニャンコの愛(いと)が突然旅立ちました。
多分、心筋梗塞とか、そういったことだったのでしょう。
なんの前触れもなく、突然、ただただ突然の別れとなってしまいました。

ヘナチョコに追い打ち・・・。
ますますヘナチョコです。

そして11月の頭には、預かりニャンコの兎々(とと)が、旅立ちました。
留守中のことでした。
癲癇の発作だったのかもしれません。
24時間一緒にいることなんてできないのだからと思っても、
看取ってすらあげられなかったことに、
どうにもならない後悔で押しつぶされそうになりました。

そして暮れには、預かりワンコの祭(まつ)が旅立ちました。
祭は高齢で、いつ逝ってもおかしくはなかったです。
それでも、祭の時も最期に立ち会ってあげられなかったことに、
どうにもやりきれない気持ちに襲われてしまいました。

年が明けた2018年早々、チビスケんちのニャンコの波が旅立ちました。
波の旅立ちは、それはそれは見事な旅立ちで、
チビスケ母には1ミリの後悔もありません。
どの子とも、こんなお別れがしたい。
こんなお別れなら心穏やかに見送れる。
もちろん、火葬の日には泣いちゃったけど、辛いと思わせることをしない
さすがな波のあっぱれな旅立ちでした。

そして預かりワンコの楢(なら)が、2月に旅立ちました。
楢も高齢で、随分と弱っていたので老衰ではありましたが、
別れが続き過ぎる日常に、心はすっかり空っぽになり始めていました。

そしてしばらくはお別れもなく、穏やかに過ごしていけるかに思えました。
でも6月の始め、癌とわかった時にはもう手遅れで、
チビスケんちのニャンコの共(みた)が
アッと言う間に旅立ってしまいました。
まだ10歳にもならないのに・・・。
もっと早く、気付いてあげられなかったヘナチョコな自分を、
責めても責めてもどれだけ責めても気が済みませんでした。

同月、BIBIが旅立って10ヶ月経った頃、
チビスケんちのワンコの珍(うず)が旅立ちました。
介護がなくなったのだから、これからまたたっぷりお散歩できる。
いろんなとこ行って、介護中我慢してもらった分、
う~んと楽しく過ごして欲しいと思っていたのに、
ヘナチョコだったチビスケ母は、
ちっともしてあげたいことしてあげなくて、
だから珍にはそれがてんでしてあげられなかった・・・。

でも、そのどうしょうもない後悔と共に、
あれから10ヶ月と言う月日を実感した時、
心の中の枯渇しきった愛が、
ふいに、ほんの少し、染み出してきた気がしました。

突然、10ヶ月という時間が流れたことを
不思議な気分で実感したのを覚えています。

そしてBIBIが旅立った8月がまた巡り、
チビスケんちの中でのお別れはないまま、日々が過ぎていきました。

でも年末に、チビスケんちのワンコの聡に、
また肥満細胞腫が見つかりました。
それもただの肥満細胞腫ではなく、多発性肥満細胞腫でした。

2019年の年明け早々、聡は手術をしました。
そして抗がん剤治療を開始しました。

でも5月の末、聡は、たったの10歳で旅立ちました。
その三日後・・・、チビスケんちのワンコの伴もが旅立ってしまいました。

聡は、抗がん剤治療を頑張ってくれました。
最初の薬がよく効いて、みるみる癌が消えていきました。
でもその薬のサイクルが終わる頃、新たな肥満細胞腫が見つかり、
しかもまた次々と多発してしまいました。
副作用がまったくなかった聡は、新しい薬に変わるまで、
癌だなんて思えないほど普通で元気に楽しそうに走り回っていました。
でも新たな薬を始めたとたん、急激に弱り、そして苦しみ、
アッと言う間に旅立ってしまいました。

伴は、ずっと目と膵臓で通院はしていましたが、
どちらも安定していたのに、春先に急に具合が悪くなりました。
持病のせいかと検査をしているうちに悪性リンパ腫の発見が遅れ、
抗がん剤治療の甲斐なく、聡が旅立った三日後に逝ってしまいました。

二月に伴のキョウダイの然が同じ病気で旅立っています。
聡のことに気を取られていたから気付かなかったんじゃないの?とか、
本当なら自分を責めただろうけど、
なんだかホントにもう、な~んにもわからなくなってしまいました。

悲しいのだけど、この悲しみが聡へなのか伴へなのか、
それとも度重なるみんなとのお別れになのか・・・。
なんだかホントにもう、な~んにもわからなくなってしまいました。

なので今まで、聞かれたらちゃんと答えたけど、
自分からはほとんど誰にも言えずに来てしまいました。
お知らせしなくてはと思う人にさえ、言えずに来てしまいました。

そして7月の半ば、
預かりニャンコの軽(かろ)が旅立ちました。
病院でも、そんなに重症ではないと言われたのに、
軽はあっという間に逝ってしまいました。

そしてBIBIとの別れから2年経ち、また8月がやってきました。
その月末、少し前から弱りだしたチビスケんちのニャンコの恵(けい)が、
旅立ちました。
恵とのお別れには、そろそろかな・・・と思える時間がありました。
少しずつ弱り、命の炎が少しずつ消えて行く。
そんな自然な自然なお別れでした。

そしてその翌日にワンコのボス、笑(わら)が旅立ちました。
享年17歳。
2年前の春から立てなくなり、すっかり寝たきりになってしまいました。
何度ももうダメかもと思うようなこともありましたが、それでも2年、
ずっと頑張ってくれました。
だから笑のことは、とてつもなく寂しいのだけど、
伴や聡とは違い、すぐにも思い出話ができる自分でした。

そして9月になった今、
この2年のチビスケんちの出来事をやっと並べてみる気になれました。
ヘナチョコっぷりはすこしずつ回復し、枯れ果てたと思えた愛も
いつの間にかまた湧き出るようになりました。

悲し過ぎる理解できない数々のお別れを、
すっかり消化したと言ったら大嘘です。
今だって、ふとした瞬間に思い出す愛しい子の姿に、瞬時に涙が出ます。
それでも、愛はまた湧き出るようになりました。

どうしても、どうしても、ずっと整理できなかったBIBIの遺品。
聡と伴が立て続けに旅立ってしまった時、ものすごい勢いで整理しました。

不思議ですが、どんなに悲しくても、心の中から愛が枯れ果てても、
愛しい者は愛しいままだったし、誰かと会えば普通に話せるし、
外側からは多分、ほとんど変わりなく過ごせていたと思います。

多分、長く生きている人はみんな、
なにかしら悲しかったリ辛かったリなんだろうな~。
でもみんな、そのこととは別に、しなくちゃいけないことはしたり、
みんなの前では心から笑えたり、ちゃんと働けたりしてるんだろうな~。
なんて、当たり前のこと、改めて思ったりしています。

これから先も大好きだったBIBIのことを思えば、
会えないことがたまらなく寂しくなるのだと思います。
旅立ってしまった愛しい子たちのことは、
いつまでたっても狂おしいほど会いたいと思うだろうし、
なんとか死後の世界があることを実感できないかな~と
証明してくれた人がいないか、死に物狂いで探したい気分です。

この2年の間、嬉しいことももちろんありました。
そして、元預かりっ子たちとのお別れもたくさんありました。
そんなこんなも、ひとつひとつ、しっかり綴っていきたいと思います。

今日は、ただただチビスケ母の記憶の記録。
とれひとつとっても、
天地がひっくり返るくらいジタバタしちゃう出来事だから、
淡々と並べないと、支離滅裂になるに決まってる~なので、
笑やら聡やら、気にしてくださっている方へのご報告も兼ね、
ただただ順番に並べてみました。

長々と、失礼いたしました~。

瀞(とろ)、テレビ出演決定~♪

あまりにも、あまりにも、更新しないまま・・・半年以上???(汗)
突然ですが、本日、更新しま~す。

なぜなら!
明日、瀞(とろ)がテレビに出るからで~す!

明日の土曜日、9月21日の13時半から17時に、
NHK BS103 で放送される
家族になろうよ「犬と猫と人間の未来」 に出演します!
   NHKのHPは → こちら! です。

すでに3回目の放送となる、保護犬猫の紹介番組です。
今回、ちばわんのワンコたちにもお声がかかり、
瀞も出していただけることになりました。

でもってテレビ出たら、きっと、たぶん、おそらく、ちばわんHPから
こちらのブログを見に来てくださる方もいらっしゃるかも???
なのに、半年以上前で止まってたら・・・ですよね。(汗)
もちろん、大慌てでちばわんHPの瀞のプロフィールも更新しました。
でもって、プロフィールに載せきれなかった瀞のお写真だけでも、
せめてブログに載せなくちゃ~と思ったしだいです。

インスタやドコノコは、ほぼ毎日更新してますが、
すっかりご無沙汰になってしまった預かりブログ。
インスタやドコノコみたいに
手軽にアップができない機械音痴なチビスケ母だけど、
やっぱり、しっかりお伝えするには
長年使ってきたブログの方が楽チンなのも事実です。

今回は、大急ぎ~なお写真ばっかり簡単アップですが、
また少しずつブログも更新したいな~と思ってます。
ホントに思ってます!
(って毎回言うけど更新しないじゃ~んなチビスケ母ですが・・・)

ではでは、可愛い瀞のお写真、ご覧くださ~い♪
まずは瀞のアップです!
bt1.jpg

bt2.jpg

bt3.jpg

bt5.jpg

そして、甘えん坊トロトロ・瀞~♪
bt6.jpg

ネムネム・瀞~♪
bt4.jpg

横顔もご紹介!
bt94.jpg

ミニミニドッグランのフェンス越しですが、全身はこ~んな感じです。
bt92.jpg

ご機嫌・瀞のデヘヘ顔~♪
bt93.jpg

こちらは、ご機嫌・瀞のドヒャ~ッ顔~♪
bt9.jpg

そして、いぬ親会で会場一、ガウガウ盛大に大騒ぎ中~な瀞・・・。
bt8.jpg

でも、何度もいぬ親会に参加するうちに、
ちょこっとおとなしくできるようになった瀞~♪
bt95.jpg

最後の1枚は、知らない人やワンコに会ったり知らないところに行くと大騒ぎもしちゃうし、カッ飛び~で走り回る元気小僧だし、甘えん坊だしな瀞の、実はこ~んなお顔もできますよ~な一枚です。
bt91.jpg

初めてお越しくださいました皆さま、この記事のひとつ前に、
保護されてからの経緯を顔面の手術経過などの写真と共に
アップしてあります。
よろしかったら、そちらもぜひご覧ください。

ち~っとも更新しないのに、それでも時々覗いてくださってた皆さま、
ホントにホントにありがとうございます~~~!
明日は無理でも、ちょこっとずつブログも更新したいと思ってます!
(ホントにホントに本気で思ってます!!!)
これまた気長に、たま~に覗いて見てくださ~い。

さ~て明日は瀞のテレビデビューだ~い!
どうか、どうか、他の子たちのインタビューが聞き取れなくなるほど
張り切って大騒ぎしませんよ~に~。

顔に大怪我を負った新入生のご報告。

年末年始のご挨拶もせぬまま、もう1月が終わろうとしています。
すっかりご無沙汰してしまいました。
お越しくださってた皆さま、ホントにごめんなさい。

年末年始に関わらず、いろいろと綴りたいことてんこ盛りではありますが、
本日は、多くの方が気にかけてくださっている顔面に大怪我を負い、
それでも頑張って生き抜いてくれた新入生のこと、
ご報告したいと思います。

でもその前に、ひとつだけ!

長(おさ)、ま~ったく問題なくどころか
べらぼうにまん丸の幸せの中、無事、正式譲渡となりました。
そのお話も、二年以上前からず~~~っと滞ってしまっている
幸せ報告共々、また改めてご報告させていただきます。

それでは、本日のご報告です。

年末に顔面に大怪我を負ったワンコが愛護センターに収容されたそうです。
収容当初、その命が灯り続けてくれるかどうかも危ぶまれる状況でした。
恐らく、なにかの機械に巻き込まれたのだろうと思われる傷。
その子は、鼻の付け根からザックリと顔面の一部を失ってしまいました。

収容されてすぐ、愛護センターの獣医さんが
応急手術を施してくださいました。
そおして獣医さんもセンターの方も、年末年始休暇にも関わらず
その子のお世話をしに通ってくださいました。
口を使って食事を取るなんてとてもできないその子は、
胃に直接届くようにとカテーテルを挿入してもらい、
流動食を食べさせてもらいました。
手厚い看護のおかげで、もうすぐセンターを出るよという頃には、
ペースト状ではありますが、自分でご飯を食べることができるまでになり、
チビスケんちに来た時には、かなり活発に動き回れるまでになっていました。

「ちばわん 愛護センターレポート」に載った、
センターを出る日の姿です。(怪我部分は加工処理してあります)
19012715363024.jpg

この後、猫の手さんがセンターからチビスケんちまで
連れてきてくれました。

車の中で、鳴いたそうです。
痛いのかな?辛いのかな?
いい子にしてね。もうすぐ着くからね。
そう優しく言ったら、とたんに大人しくなったそうです。
その後、ず~っと大人しくて、あまりにも大人しくて、
猫の手さん、(まさか・・・)と焦っちゃったそうです。
でも、あの怪我なら、そう思ってしまっても当然って思いました。
それほどの大怪我でしたから・・・。

でも実際は、いい子で寝てただけでした~。

たくさんの方の優しさと努力のおかげで、
無事、チビスケんちに到着した新入生!
190127IMG_0239.jpg
瀞(とろ)で~す♪

多分、2~3才くらいの男の子。
垂れ耳でアンヨが短めで、ダックスMIXを思わせる風貌です。

ここから先は、詳しい傷の様子なので、そ~ゆ~の苦手・・・
と言う方は読まないようにしてください。







愛護センターで応急手術をしていただいた瀞ですが、
損傷部分があまりに大きく、
かろうじて残った皮膚を縫合するのが精一杯という状況でした。
鼻から先をザックリ失ない、奥歯数本が残る口元は、下顎の骨が左右共に剥き出しでした。
口先がないので、口を閉じても口の中が丸見えです。
舌先も少し切断され、この表現はあまりにも・・・ではありますが、
画像を掲載することははばかられるので敢えて例えるとしたら、
随分前、アーノルド・シュワルツェネッガーさんが出ていた
「プレデター」と言う映画に出て来る異星人(?)を思い出しました。

顎が損壊し口が閉まらないので唾液は常に流れ出る状態でした。
そんな状態でもご飯を食べることはできましたが、
舌も切れ、口先もないのですから、とても上手に食べることはできません。
それでも一生懸命ご飯を食べる姿を、ただただ見守ることしかできない自分がもどかしかったです。

翌日、早速、獣医さんに行きました。

ヨダレが氷柱状になっているのわかりますか?
190127DSC_0161.jpg
手術前、常に、この状態でした。

怪我を負った時のショックにも生き延びたこと。
大量出血しただろうに生き延びたこと。
そして感染症になることなく生き延びたこと。
どれひとつとっても命に係わる一大事なのに生き延びてくれた瀞。

しかも瀞、ものすごく痩せています。
そんな体で、本当によく頑張った・・・。
ホントにホントに偉かったね・・・と思いました。

獣医さんには事前に瀞のことお話してあったので、
初日は今後のことをいろいろとお話させていただきました。

でもその前に・・・、
190127DSC_0175.jpg
ヨダレとご飯といろいろでお口まわり・・・ドロドロ。
きれいにしていただきました。

あまりの傷に、どこまで触って良いかわかりませんでした。
到着した日から、ちょっと警戒心をみせつつも甘える素振りを見せてくれた瀞でしたが、お口まわりをきれいにしようとするとイヤイヤしたので辞めました。
なのでじっくり瀞の傷を観察したのは、獣医さんできれいにしていただいてからでした。
手前に写っている茶色っぽいものはすべて汚れです。

そして瀞の今後のこと、いろいろとお話しました。

まず第一は怪我が治ることです。
あの大怪我ですから、治るだけで御の字だと思います。

でも・・・できることならの望みがチビスケ母にはてんこ盛りありました。

できることなら、瀞のこれからが快適であって欲しい。
その為に、健常な子と同じようにご飯が食べられるようにして欲しい。
健常な子と同じような日常が送れるようにして欲しい。
そしてう~んとう~んと可愛くして欲しい。
それこそ、美容整形みたいな手術をして欲しい。

無理難題を我儘放題に言いってるんだろうな~と思いましたが、
でもここ一番、瀞にとっては一大事な一生に関わる大問題。
医学的知識皆無ゆえに言い放ったことではありますが、
お願いした獣医さんはきっと応えてくださると思っていたのも事実です。
だからこその我儘なお願いでした。

獣医さん、もちろん頭抱えてました。
時間くださいっておっしゃいました。

そして1月11日、最初の手術となりました。
当日、抱っこで手術待ちする瀞です。
190127DSC_0204.jpg
お膝に乗せたらちんまり抱っこされた瀞。
抱っこ慣れしてるな~と思いました。
瀞のために用意したフカフカの上で寝るし、トイレシーツの認識もあるし、
普通に普通に可愛がられていた暮らしがあったんだろうな~と容易に想像できました。

それなのに、なんであんな大怪我を負ってしまったのでしょう・・・。

最初の手術は午後の診察を休診にしてまでの大手術となりました。
終わりましたとご連絡が来たのは、夜中の11時少し前でした。

翌日、先生からご説明いただきました。

この後、術後のお写真載せます。
お顔の毛が剃られ、まだ麻酔のチューブも挿入されたままで、縫合された部分もリアルにわかるので、苦手な方は見ないようにしてください。







190127DSC_0233.jpg
前から写したものです。

怪我の状態がわかるお写真を載せていないので、
初めて見る方にはショッキングかもしれません。
でも、あの大怪我を思うと、
よくぞここまできれいに・・・と涙がでるほどのお写真なんです。

横から写したものです。
190127DSC_0235.jpg
あまりにも損傷がひどく、使える皮膚がなかったため、
顔全体の皮膚を移動させることになりました。
なので怪我をしていない目の周りにも縫合痕が見られます。

ちょっと刺激が強いので載せませんが、
剥き出しだった鼻も、覆ってくださいました。
そして術後一枚目のお写真をよく見ていただくとわかるかもですが、
下顎にまるで歯があるかのように見えるよう、
皮膚を縫合するとき、ヒダを付けてくださったんです。

剥き出しだった鼻を覆ったため、呼吸のたびに覆った皮膚の下に空気が入り、そのままでは皮膚が定着しません。
その為、しっかり定着するまで、
190127DSC_0251_201901272323533f2.jpg
頭部とお顔を包帯で圧迫し、呼吸による膨張を抑えることになりました。

お写真、手術翌日の瀞です。
青い包帯グルグル巻きですが、しっかり座っている姿に涙が出ました。

言葉で正しくお伝えできる自信がないのですが、
この段階での瀞の鼻の孔は、上顎の辺りに形成されています。
???ですよね。
どうご説明すれば良いのか・・・。

まず瀞には、上顎と鼻の間にあるべき仕切りとなる骨がすでになく、
鼻の孔の奥に本来ある仕切りもありませんでした。
なので第一段階として、まずは剥き出し部分を上顎の皮膚で覆い、
ふたつの空気穴を作ってくださいました。

症例のある手術ではないので、
ひとつひとつ手探りで、試行錯誤の連続だったと思います。
その中で、より質の高い生活ができるよう、
先生、ものすごくものすごく考えてくださいました。

皮膚が問題なく再生されたら、
数カ月後、上顎に作った鼻の孔と口を分離し、再形成する予定でした。

とは言え、あまりにも使える皮膚がない・・・。
その為、剥き出しだった下顎を覆った部分は、舌で舐めるだけで粘膜が剥がれてしまいました。
さらに鼻を覆ってはみたものの、皮膚が思うように定着してくれそうにないということで、翌週、再手術となりました。
再手術は時間を気にせずできるようにと、わざわざ休診日を選んでくださり、この手術も半日以上・・・。
先生には、本当に大変なことお願いしちゃったんだな~と、今更ながら申し訳なく思ったチビスケ母でした。

そして翌日、鼻がまた剥き出しになってしまったけど、あの大怪我だもの仕方ないと覚悟しながら術後説明をお聞きしに伺いました。

で・・・見せられたのがこちらのお写真です。
(かなりワンコっぽいですが、切れた舌先なども写っていますので、苦手な方はご覧にならないでください)







190127DSC_0434.jpg

なんか・・・もぉ・・・、このお写真見て、ビックリでした。
だって・・・、目茶苦茶可愛いんですもの・・・。
そりゃ、てんこ盛りの縫い痕だらけだし、ベロだって先っぽ千切れてるし、毛だって剃られちゃってるけど、
なんか・・・、
なんか・・・、
ず~~~っと大事にされてたヌイグルミみたいって、
見た瞬間、心の底から思いました。
大事にし過ぎてボロボロになっちゃって、
それでもお母さんが繕ってくれたヌイグルミみたいって。

そんな話を元預かりっこのニコラスのママにしたら、
こんなお写真、送ってくれました。
190127toro.jpg
そうそう、こんな感じ!
術後のお写真ではそんな風に見えないかもしれませんが、

このお写真、
190127DSC_0438.jpg
毛が伸びたら、
まさに上のお写真のヌイグルミさんぽくなると思いませんか?

ホントにホントに可愛くて、先生が一生懸命、瀞の将来をお考えくださったことにホントにホントに心から感謝しました。

まるでお鼻ができたかのように見えるかもしれません。
でもそれは違うんです。
影になって黒いお鼻に見えるだけで、実際は陥没し良く見れば剥き出しであることがわかります。

でもまさか・・・、こんなに可愛くなるなんて~~~♪

瀞、どうやら諸に負けず劣らずなハッチャケ小僧の気配ありです。
なので、面会すると興奮しちゃう可能性大・・・。
11日の手術以降、実は一度も瀞を抱っこしていません。
遠くから、そっと入院ケージを覗いてます。

でも入院中の様子、お外からでも見えるんです。
190127DSC_0076.jpg
チビスケんちのすぐ近所な獣医さん。
お散歩ついでに気付かれないよう、そ~っと覗いてます。

ということで、順調、順調・・・と締めたいところですが、
実はそうもいきません。
最初の手術から二週間。
普通ならそろそろ抜糸という時期ですが、目のまわりの皮膚は定着したものの、損傷の酷かった下顎部分は、まったく定着していませんでした。
それと同時に、瀞よりずっと体重のある子の量に設定したご飯を二週間食べ続けても、まったく体重が増えないそうです。
どうやら痩せすぎた体のあちこちの回復に栄養が取られ、皮膚再生に至らないのではないかと推測されます。

まったく付いていなかった下顎の再縫合と、二回目の手術で縫合し直した場所の追加縫合。
先週の木曜に、また手術していただきました。

あれほどの怪我でしたから、二度三度と再手術になっても仕方ありません。
退院がまた先送りになってしまうのは残念ですが、本当に大丈夫というところまでしっかり治療しなければです!

幸い瀞はすっかり看護師さんが好きになり、
ご飯のたびに甘えているようです。
窓越しに覗く瀞は
いつも清潔なケージの中で気持ちよさそうに眠っています。
穏やかな時間が流れているのだな~と感じられ、とても安心しています。

瀞がチビスケんちに到着してすぐ、
190127IMG_0327.jpg
いつもいつもてんこ盛りの優しいお気持ち送ってくださるニコママさんから、瀞にって、瀞が食べやすそうな美味しいもの届きました。

そして先日の八王子いぬ親会に参加した時、
190127IMG_0333.jpg
瀞にあげて~って、預かりさんがくれました。
自分ちだって預かりっ子いるのに~。

会場で、たくさんのメンバーから瀞のこと聞かれました。
そして、ありがとうって言われました。
メールやSNSにもありがとうという言葉、たくさんいただきました。
でも実は、ご覧の通り瀞ったらず~っと入院してるから、チビスケ母、な~んのお世話もせず楽チン三昧・・・。
なんか、面目ないです~~~。

瀞に届いた美味しいもの、退院したらたっぷり食べてもらいます。
それまでは・・・引き続き楽チン三昧。
あっ、退院する頃にはすっかり元気だから、退院しても楽チン三昧かも?
ホント、なんにもしてなくて申し訳ないです~~~。

そしてまた、このような大変な手術を瀞に受けさせてあげられるのも、
ちばわんを応援してくださる
たくさんの皆さまの優しいお気持ちのおかげです。
先日、瀞への優しいお言葉を添えてご寄付くださった方がいらしたとお聞きしました。
皆さまの優しいお気持ち、本当に、本当にありがとうございます。
おかげ様で、必要な医療処置を瀞に受けさせることができます。

瀞は今を精一杯生き、誰を恨むでもなく、誰に媚びるでもなく、あるがままの姿を見せてくれます。
すっかり傷が癒え、ご家族探しのスタートラインにまずは立つこと。
そしていつか、瀞を丸ごと愛してくださるご家族と出会い、
まん丸のまん丸の幸せをつかむこと。
それがあの大怪我を生き抜き、たくさんの方に応援してもらっている瀞の使命なんだろうな~と思います。
そのお手伝いができるよう、精一杯頑張りま~す!
(って・・・瀞は可愛いから、チビスケ母の手伝いなんぞいらないかも?)

そうそう、三度目の手術の前の説明をお聞きしにいった時の窓越しではない最新のお写真も載せますね。
190127DSC_0141.jpg
すっかり、元気です~♪
覗いてるの見つかって・・・吠えられました。

横顔です。
190127DSC_0139.jpg
お口が「お」の字に開くんです。
鯉が水面でパクパクするときの開き方に似てる気がします。
そりゃもう、べらぼうに可愛いんで~す♪


リンク
探しています!
元預かりっ子の小梅が、2008年5月14日、千葉県習志野市新栄付近から迷子になってしまいました。
詳細及びポスターは→こちらです。ご協力、どうかよろしくお願いいたします。
ご家族募集中!
成犬・女子・儘(まま)
右後ろ足先欠損
成犬・女子・歌(うた)
左後肢先欠損
フィラリア陽性
成犬・女子・洸(ほの)
肺高血圧症
フィラリア陽性
子犬・秀(しゅう)
右前足骨折
成犬・男子・諸(もろ)
ご家族さま決定♪
おめでとう~♪
無事、正式譲渡となりました!
子犬・俊改めルーク
ご家族さま決定♪
おめでとう~♪
正式譲渡となりました~!
成犬・男子・瀞(とろ)
ご家族さま決定しました!
11月3日よりお試し生活開始!
成犬・女子・歩(ある)
準備が整いしだい
ご家族さま募集開始します
人馴れなし
フィラリア陽性
子犬・男子・幣(ぬさ)
準備が整いしだい
ご家族さま募集開始します
左前肢先欠損
   
   
   
   
虹の橋への旅立ちと共に
チビスケんちの子になりました
   
成犬・男子・根(こん)
願い叶わず、2014年4月11日
虹の橋へと旅立ちました。
成犬・男子・照(てる)
願い叶わず、2016年3月17日
虹の橋へと旅立ちました。
成猫・男子・兎々(とと)
願い叶わず、2017年11月4日
虹の橋へと旅立ちました。
成犬・男子・祭(まつ)
願い叶わず、2017年12月29日
虹の橋へと旅立ちました。
成犬・女子・楢(なら)
願い叶わず、2018年2月14日
虹の橋へと旅立ちました。
子猫・女子・軽(かろ)
願い叶わず、2019年7月16日
虹の橋へと旅立ちました。
ぜひご覧ください!
元預りっ子のブログ゙♪
カテゴリ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
プロフィール

チビスケ母

Author:チビスケ母
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード