赤坂ねこ親会&八王子いぬ親会、参加します!

本日は、お知らせです。

今週末、11日の土曜に、赤坂でねこ親会が、
akasaka04_320x180.jpg
詳細は → こちら!

12日の日曜に、八王子でいぬ親会が、開催されます。
hachiohji19_320x1801.jpg
詳細は → こちら!

赤坂ねこ親会に、
1711DSC_1063.jpg
軽(かろ)と。

八王子いぬ親会に、
1711DSC_0902.jpg
儘(まま)と

1711DSC_0450.jpg
埜々(のの)と

1711DSC_0982.jpg
給(たも)と一緒に参加します。
どうぞよろしくお願いいたします。

そして今週末の後は、11月25日開催の
hayama02_320x180.jpg
(右から二番目の子、埜々で~す♪)

12月10日開催の
syonan40_320x180.jpg
(右から二番目の子、祭で~す♪)
に、参加予定です。

犬の譲渡会in葉山と、湘南いぬ親会詳細は、
近々、「こちら!」に掲載されます。

年内は、この4つのねこ&いぬ親会に参加予定です。
高齢ワンコの祭(まつ)&楢(なら)。
そして、車に乗ったとたんにゲロゲロ・・・な歌(うた)も、
葉山の譲渡会と湘南のいぬ親会には参加予定です。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

兎々(とと)、虹の橋へ・・・。

11月4日のことでした。
夕方、買い物から戻ったら、兎々(とと)は旅立っていました・・・。

1711DSCN5934.jpg

多分・・・、癲癇の発作が原因だと思います。

兎々がチビスケんちに来たのは、去年の10月11日。
光を感じることはできたようだけど、目が見えなかった兎々。
その上、癲癇持ちでした。

目が見えないので、チビスケんちに来たばかりの頃は、
自分を守ろうと必死の強烈猫パンチを繰り出していましたが、
環境に慣れるにしたがって、本来の甘えん坊っぷりを見せてくれました。

リビングに置いた兎々ハウスの中で、落ち着いて過ごし、
1711DSCN6678.jpg

こ~んな格好で
1711DSCN6672.jpg
ぐっすり眠る姿が可愛くて思わず笑った日が懐かしいです・・・。

ねこ親会にも一度だけですが、参加しました。
1711DSCN7741.jpg

一緒に参加した軽(かろ)が来場者さんに甘える中、
1711DSCN7746.jpg
我関せずでマイペース。

挙句の果てには、
1711DSCN7730.jpg
熟睡してました。

リビングでは5段重ねのキャットケージの下段二つにいた兎々。
1711IMG_7713.jpg

二階建ての兎々ハウスをすぐに認識し、
1711IMG_1237.jpg
不自由なく使いこなしていました。

ワンズに慣れればリビングフリーにもできるだろうと扉を開けると
1711IMG_1633.jpg
扉が開いたことに気付き、お外の世界にも興味津々でした。

そっと匂いを嗅ぎに来た聡(さと)。
1711IMG_1634.jpg
興奮することもなく、怖がる様子もみせませんでした。

ワンズに囲まれても、
1711IMG_2485.jpg
最初は少し緊張したけど、

楢(なら)と、
1711IMG_2799.jpg
こ~んなツーショットまで見せてくれました。

時間をかければリビングフリーも夢じゃない。
そう思いましたが、兎々が発作を起こすとワンズの方が興奮してしまい、
やはりリビングフリーにはできず、この1年、結局ほとんどの時間を、
ケージの中だけで過ごさせてしまいました。

幸い兎々も、積極的にケージから出たがりはせず
1711IMG_7609.jpg
トイレのある一階とご飯のある二階を行ったりきたりしながら、
リラックスして過ごしてくれていたと思います。

なかなかお薬が合わず、何度も何度も獣医さんに相談し、
夏ごろから使い始めたお薬がやっと合ったかに思えました。
でも、使い始めてしばらくすると、以前ほどではないですが、
やはりまた発作が出てしまいました。
そして夏の台風の前日、一晩に6回も立て続けに発作を起こしました。

その後も週に一度くらい、
そして台風の前日にはまた発作が出てしまいました。

発作は毎回数分で治まりました。
治まった後は何事もなかったかのようにケロリとしています。
ただ、もうこれ以上試すお薬はなく、見守るしかないという状況でした。

頻繁な発作を抑えることができない上、目も見えない兎々。
そんなことから、ご家族探しは長引くかもしれないと思いました。
なので少し前、兎々ハウス改造したんです。

ハウス改造中、しばしケージに入れられる兎々。
1711IMG_8028.jpg

そばで大工仕事の音がしても、知らん顔で寝てました。
1711IMG_8048.jpg

その日の様子、
1711IMG_8032.jpg
床に下した上段のキャットケージの中に
自主的に入ってた埜々(のの)が可愛かった~とか、

チビスケ父がノコギリ使ってるそばで、
1711IMG_8039.jpg
知らん顔して寝ている楢(なら)がおかしかった~とか、

怖がりチームの歩(ある)と恵(けい)が、
1711IMG_8041.jpg
作業の間中、ず~っと机の下でへばりついていた~とか、

呑気チームのニャンズが、
1711IMG_8042.jpg
高見の見物に飽きて寝ちゃった~・・・とか、
面白おかしなご報告をしようと思っていたのに、
その前にこんなことになるなんて、
土曜の夕方の突然のお別れの瞬間まで、
微塵も、微塵も、まったく微塵も考えてもみませんでした。

リニューアルしたキャットケージです。
1711IMG_8057.jpg

兎々のスペースは、少しでも歩き回れるようにとワンフロアにしました。
1711IMG_8055.jpg

新しスペースの配置もすぐに覚え、
1711DSC_0594.jpg
すぐにリラックスしてくれました。

でも、新しい兎々ハウスが完成してからひと月も経っていないのに・・・。

24時間、ずっと目を離さずにいることができないとわかっていても、
もし発作が留守中でなければ、
もしかしたら手立てがあったかもしれない・・・。
そう思うと・・・、残念とか悔しいとかそんな言葉では言い表せない
もどかしい気持ちで胸がいっぱいになってしまいます。

お薬を変えるたびに、しばらくは発作が治まり、
これで穏やかに過ごせるかもと思うと、また発作に襲われた兎々。

兎々自身は、おそらく発作のことは覚えていなかったと思います。
発作が治まるとすぐに毛繕いし始めたり、ご飯を食べだしたり、
大きな声で鳴いてみたりと、本当に何事もなかったように過ごしてました。

それでも週に一度くらいの間隔でおき続ける発作。
どんなに激しい発作でも、見守ることしかできず、
ただただ一秒でも早く治まることを願うだけでした。

実は10月の始めに、チビスケんちの愛(いと)が旅立ちました。
1711IMG_1330.jpg
まだたったの7歳でした。
時(とき)、三(みい)、玉(たま)、乙(おと)、共(みた)、
と一緒にチビスケんちにやってきた愛。
6つの乳飲み子ニャンズたちの中の時は、すぐに旅立ってしまい、
三も時の後を追ってしまいました。
そして愛は、まだたったの7歳で時と三の元へ逝ってしまいました。

愛とのお別れも突然でした・・・。
多分、豊(ほう)と同じ心臓発作だったのだと思います。

8月にチビスケBIBI(チビスケ母の母)が旅立ってしまいましたが、
今年はチビスケんちにいる預かりっ子やチビスケんちの子の誰とも
お別れすることなく終われそうだと思っていました。

それなのに・・・。
愛はまだ7歳、兎々はたったの2歳か3歳だというのに・・・。

どの子とも、いずれお別れの日が来ることはわかっています。
それでも叶うことなら、健康で楽しいことた~くさんして、
幸せな時間をう~んとう~んと過ごしてからであって欲しい。
そう願うことは、そんなに贅沢な望みではないと思うのだけれども、
現実は・・・あまりにも厳しいです。
明日があるという保障なんて誰にもないんだってこと、
また思い切り思い知らされました。

甘えん坊の愛が、可愛い声で鳴きながら走り寄ってくる姿を
毎日思い出します。
一日三回の投薬のたびにいい子いい子すると、
うっとり気持ちよさそうなお顔する兎々を毎日思い出します。
BIBIのことも、毎日、毎日、思い考えています。

仕方のないこととわかっていても、
心がざわざわ、チクチク、ヘナヘナのヘナチョコです。

それでも生きてる子たちのおかげで、
毎日、笑え、幸せを感じることさえできます。

きっと誰もが経験したか、経験していくことなんですよね。
だからちゃんと前を向いて、自分に残された時間の中で、
できることちゃんとちゃんとしていかなくちゃなんですよね。

兎々には、もっともっと自由に生きて欲しかった。
好きな時に甘えたり、
好きなように歩き回れるお家の子になって欲しかった。
そうさせてあげられなかったことが、
とてもとても悲しいです。

お世話になった皆さま、気にかけてくださっていた皆さま、
ありがとうございました。
旅立った後ではありますが、兎々、チビスケんちの子になりました。

美しい子でした。
最後に、一番、兎々らしいお写真、残したいと思います。
1711IMG_1647.jpg

今頃、愛と仲良く遊んでくれてたら、いいな・・・。

給(たも)と海散歩♪などなど・・・。

気付いたら11月・・・。
今年もあと二か月だなんて、かなりビックリです。
そしてまた、気づいたら半月くらい更新せず・・・。
我ながら、これまたビックリ!
お越しくださっていた皆さま、ごめんなさい。
相変わらず、いろいろジタバタしてました~。

本日は、ま~ったくタイムリーではない台風一過な日のお写真。
しかも、この前の前の台風の後です。(汗)

両後ろ足が重度の膝蓋骨脱臼のため、
外側に曲がってしまっている給(たも)。
他の子と変わらぬ速さで歩けますが、
やはり負担がかかるだろうと長いお散歩は避けて来ました。
1711DSCN9949.jpg

でもここ最近、別の事情が勃発し、
たまには長いお散歩させてあげたいな~と、
給のペースで歩けるように
給だけと海までお散歩してみよっか~となりました。
1711DSCN9957.jpg
道路を渡れば海。
こんなに遠くまで来たの、初めてだね~。

先に書いた別の事情についてご説明します。
給はチビスケんちに来た当初から、ニャンズへの興味がとても強く、
放っておいたら危ないな~と感じさせる子でした。
なので、目が届かない時はケージに入れたり、
別の場所に隔離したりしていましたが、
共に暮らすうちに、多少は許容できる気配を
感じさせてくれるようになりました。

ところがここ最近、すっかりチビスケんちに慣れたせいなのか、
またまたかなり強い興味を持つようになり、
特に一歳を過ぎても子猫サイズのままな預かりニャンコの軽(かろ)に
異常に関心を示します。
その視線はとても見過ごすことができない様子なため、
現在、目が届かない時は必ずケージレストされてる給です。

目が届かない時というのは、たとえば二階で洗濯物を干すとか、
家の脇までゴミ出しに行くとか、
リビングが見える台所で食器を洗うとか、そういった場合も含みます。
つまり給がりびんぐフリーになれるのは、チビスケ母が給より先に
給が狙う子にたどり着ける距離にいる時限定ということです。
ということで、ほぼ丸一日、
給はケージで過ごすことになってしまいました。

大人のワンコはご飯とお散歩とおトイレ以外、
のんびりお昼寝しっぱなしの子も多いです。
給も用がないかぎり、のんびり過ごす子なので、
一日中、ケージの中でもおとなしくグースカ寝ていてはくれます。

だとしても・・・、その状況が良い状況とはどうにも思えないチビスケ母。
軽(かろ)だけでなく、他のニャンズだって襲いかねない給ですから、
そうするしかないのですが、
いい子でケージレストすればするほど不憫になってしまいます。

そんな訳で、せめてお散歩くらいはたっぷりとと、
海まで歩いてみることにしました。
1711DSCN9963.jpg
そして到着~♪

砂浜はさすがに関節に負担がかかりそうなので、
海岸沿いの公園から海を眺めました。
1711DSCN9965.jpg
台風一過なお見事な晴天。

海をバックにパチリ!
1711DSCN9966.jpg
思い切り・・・逆光・・・。

給は黒いので、ヘッポコカメラマンの腕では
なかなか可愛さがお伝えできません。
何枚撮っても、ブレたりフレームアウトしたりで・・・。

そんな中でも、なんとかお顔がわかる2枚です。
1711DSCN9970.jpg
可愛いでしょ~♪

1711DSCN9985.jpg
美人さんでしょ~♪

なかなか上手に撮れなくて、ジタバタパチパチ撮ってたら、
アララ日が暮れそう~。
1711DSCN9991.jpg
無理せずゆっくり帰らなくちゃなので、
もちょっと撮りたかったですが、この辺でオシマイです。

給の今の状況を、どう改善したら良いのか、ちまちま考え中です。
せっかく新しいスタートラインに立てたのに、一日中、ケージって・・・
やっぱりダメだよね。
なんとかしなくちゃ・・・ね。

ブログ更新せずの間、
介護中に棚に上げっぱなしだったあれやこれやに手を付けたり、
前回更新した時より、祭(まつ)の元気がなくなったり戻ったり、
いろいろあり、ブログネタはザクザクてんこ盛りです。
しかも、今年ももうすぐ終わりというのに、
去年の幸せ報告がまだ終わっていない・・・。
あ~、どうしよ~~~。

う~ん、頑張る!
きっと、頑張る!
必ず、頑張る!

と・・・今夜は本気で思ってます。
寝たら・・・忘れちゃうかもですけど。(汗々)

遊ぶ?遊ぶ!

人慣れナシナシな幣(ぬさ)。
多分、野良ちゃんだったと思います。

ワンコもニャンコも大丈夫だけど、人間はま~ったくダメ・・・。

それでも食欲だけは旺盛で、ご飯の時だけワンワン吠えて積極的。
ま~ったく無関心とか、ただただ恐怖心の塊とかより全然いいけど、
もちょっと馴染んでくれたら、もっと楽しくなるのにな~と思います。

でもこればかりは幣まかせにするしかありません。
幣が自分で安心だと思い、
幣が自分で人間に好感を持つまで、
ゆっくり待つのがいいんだろうな~と思います。

確かに幣のペースで、ちょびっとずつ距離は縮まってきてるかも?
・・・な気もしますし。

舳(じく)と引っ張りっ子しようと思って出してきたオモチャ。
気付いたら幣がカジカジしてました。

シャッターチャ~ンスと思って覗いたら、
DSC_0485.jpg
見つかった・・・。

で、スマホのレンズ部分だけ机の端から覗かせてパチリ。
DSC_0487.jpg

似たようなお写真ですけど・・・、
DSC_0488.jpg
チビスケ母のお顔が見えなければ、
そばにいても遊び続けられるようになった幣の図。

微々たる進歩ですが、
偉大なる進歩です♪

ところで幣。
またお耳痒がってるけど、お掃除しませんか~。

またのこと幣をつかまえてお掃除しようとしたら、
また・・・、チビスケ母のことガブガブ噛む?(笑)

最近の祭(まつ)~♪

先日の湘南地区でのいぬ親会で、
お世話になった皆さまや気にかけてくださっていた皆さまに、
柴じい改め祭(まつ)に、ぜひ会っていただきたかったです。

残念ながら急用ができ参加できなかったいぬ親会。
なので本日は、そんな祭の最近の様子、
ドコノコに載せたものもありますが、いくつかお写真ご紹介します。

いぬ親会参加前、獣医さんに行った時も先生がビックリするほど
元気になった祭ですが、ここ数日、以前はこ~んな感じで
IMG_20170929_094638.jpg
しょっちゅうサークルの中で立ち上がっていましたが、
自力で起き上がることが難しくなってしまいました。

日に数分のお庭散歩でも、
IMG_20171003_152346.jpg
ウロウロしながら、こんなとこにハマったりしてたけど、

DSC_0394.jpg
すぐに倒れて

DSC_0391.jpg
ヘェヘェ・・・してます。

食欲も、少し前から少し落ちた感があり、
う~ん・・・と思ったりもしましたが、
IMG_20171003_152335.jpg
そちらの方は、嬉しいことにまた復活してくれました。

お写真ではわかりにくいかもしれませんが、
祭の下唇のあたり、腫れてます。
多分、ご飯のたびに器に激突せんばかりの勢いで
お顔を突っ込むことでできてしまった傷だと思います。

激突しないよう体ごと支えたり、
いろいろ試行錯誤するものの、なかなか治りません。

だったら手であげればいいじゃな~い!
なんですが・・・、祭、ご飯の時は命がけ!(?)
ご飯共々、チビスケ母の手のひらも食べられそうで・・・。

でも食欲が落ちたとなると、そうも言っていられません。
先日から器のご飯が少なくなったあたりから、
手のひらに乗せて口元に持って行くようにしています。

たま~に皮噛まれますけど・・・。
それはそれ、チビスケ母に訓練あるのみ!です。(ガハハ)

愛の籠った手からの給仕が功を奏したかははなはだ疑問ですが、
昨日くらいから食欲も戻り人安心です。

立てないとか、食べないとか、そういったいろいろなことが、
きっとこれから当たり前のように
ちょくちょく起こってくるのかもしれませんね。

チビスケ父のおなかの上~♪
IMG_20171003_152458.jpg

サークルの中で、ネムネム~♪
DSC_0341.jpg


サークルの中では、立てないながらもジタバタ手足を動かす祭です。
そんな時、抱っこすると安心したように眠ります。

祭を抱っこしながらいつも思います。
あなたには、あなたを可愛い愛しいと思ってくれた家族がいたはず。
どうして今、その家族と一緒にいないんだろうね・・・って。

確かにチビスケんちに来た頃は、不用意に手を出すと噛もうとしました。
でも目が見えない祭ですから、驚いたことからの反射だったと思います。
ご飯と間違えて床に敷いたタオルやスプーンを噛んで
意地でも離さない事もよくあります。
でも目が見えない祭ですから、必死なだけだと思います。

祭に触れるとき、横になった体の脇腹をそっと撫で、
そばにいるよ、撫でるよ、抱っこするよと合図を送れば、
祭は、けして噛もうとはしません。
ご飯の時もチビスケ母が手のひらの位置さえ間違えなければ、
ご飯だけを一生懸命食べます。

サークルの中の敷物をめくってしまい、
むき出しになった床の上ですべってもがいたり、
思うように体が立たず、地団駄踏みたい気持ちでたまに吠えたり、
お庭に出してもどこかにハマったり、潜ったり、
目を離せないことも確かにあります。

でもフカフカモコモコの祭を抱っこすると、
涙が出るほど愛しく、涙がでるほど暖かい気持ちになります。

あなたが生まれた時から、チビスケ母が家族だったら良かったのにね。
出会った家族と、最後まで添い遂げられたら良かったのにね・・・と、

寒かった昨日、
DSC_0422.jpg
祭をくるんで見ました。

気持ち良かったらしい・・・。
DSC_0426.jpg
アッと言う間に寝ちゃいました。

可愛いだろ~。
べらぼうに可愛いだろ~~~。
べらぼうに、べらぼうに、可愛いだろ~~~!!!

と、世界中に大声で大声で言いたいで~~~す!
リンク
探しています!
元預かりっ子の小梅が、2008年5月14日、千葉県習志野市新栄付近から迷子になってしまいました。
詳細及びポスターは→こちらです。ご協力、どうかよろしくお願いいたします。
ご家族募集中!
成犬・女子・儘(まま)
右後ろ足先欠損
成犬・女子・楢(なら)
年齢10歳以上
フィラリア陽性
成犬・女子・埜々(のの)
軽度心臓肥大
鼠径ヘルニア
両膝蓋骨脱臼
成犬・女子・歌(うた)
左後肢先欠損
フィラリア陽性
成犬・男子・祭(まつ)
高齢・要介助
フィラリア陽性
成犬・女子・給(たも)
両後ろ足変形
フィラリア陽性
成猫・男子・兎々(とと)
全盲及び癲癇症状有り
子猫・女子・軽(かろ)
両目白濁及び左目結膜癒着
成犬・女子・歩(ある)
準備が整いしだい
ご家族さま募集開始します
人馴れなし
フィラリア陽性
子犬・男子・幣(ぬさ)
準備が整いしだい
ご家族さま募集開始します
左前肢先欠損
成犬・男子・照(てる)
願い叶わず、2016年3月17日
虹の橋へと旅立ちました。
ぜひご覧ください!
いつでも里親募集中
チャリティポストカード
ドコノコ
「ドコノコ」始めました。
「チビスケんち」で
検索してみてください。
【チビスケんち関係】
チビスケんちの預かり日記04.10.10~09.5.31
チビスケんちの         預かりっ子アルバム
預りっ子チビスケんち滞在期間
BIBIの一言!
元預りっ子のブログ゙♪
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
プロフィール

チビスケ母

Author:チビスケ母
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード