FC2ブログ

ここ最近のチビスケんち。

ここ最近と言っても・・・、ここ2年くらいのチビスケんちのことです。
今回は、自分へのけじめとして、お写真もなく、
つらつらとこの2年を順番に綴るだけのブログです。

ブログの更新が滞ってしまうようになったのは、
多分、介護に追われてドッピンシャンな部分が大きかったと思います。
その介護が、二年前の夏、突然、終わりました。
チビスケ母の母をチビスケBIBIと呼ぶことにして、
たびたびブログにも載せました。
そのBIBIが体調を崩し入院し、それも回復し
いよいよ退院という矢先、突然、旅立ってしまいました。

BIBIのこと、そりゃもうべらぼうに好きだということはわかっていました。
でもいなくなってしまった後、
自分が思っていた何百倍も好きだったことを思い知らされました。
BIBIがいなくなってヘナチョコになってしまったチビスケ母。
情けないですが、丸一年、
まったく使い物にならないくらいのヘナチョコぶりでした。

そしてある日、気付いたことがありました。

子供の頃から動物が好きで好きで好きで好きで、どうしようもなく好きで、
愛しいと思う者たちへの愛は、
いつだって当たり前に心の中から渾渾と湧き、
その溢れ出る愛が絶えることはかつて一度もありませんでした。

でもいつだって溢れ出ていた愛が、
すっかり枯れ果ててしまいました。

もちろん、一緒にいる愛しい子たちへの気持ちは愛そのものです。
可愛いものは可愛いし、愛しいものは愛しい。
その気持ちはちっとも変わらないのに、
それなのに、その子たちにすらそそぐ愛が湧いてこないのです。
すべてが止まってしまったかのような、枯渇しきった心に気付いた時、
何が起きているのかわかりませんでした。
自分の心が枯れるだなんて考えたこともなく、
でもそのことに、恐れおののく自分もいませんでした。

もしかしたら、これ以上悲しみに出会っても、何も感じないでいようと
心が勝手に心を守っていたのかもしれないな・・・と今は思います。

そんなヘナチョコの中、10月にニャンコの愛(いと)が突然旅立ちました。
多分、心筋梗塞とか、そういったことだったのでしょう。
なんの前触れもなく、突然、ただただ突然の別れとなってしまいました。

ヘナチョコに追い打ち・・・。
ますますヘナチョコです。

そして11月の頭には、預かりニャンコの兎々(とと)が、旅立ちました。
留守中のことでした。
癲癇の発作だったのかもしれません。
24時間一緒にいることなんてできないのだからと思っても、
看取ってすらあげられなかったことに、
どうにもならない後悔で押しつぶされそうになりました。

そして暮れには、預かりワンコの祭(まつ)が旅立ちました。
祭は高齢で、いつ逝ってもおかしくはなかったです。
それでも、祭の時も最期に立ち会ってあげられなかったことに、
どうにもやりきれない気持ちに襲われてしまいました。

年が明けた2018年早々、チビスケんちのニャンコの波が旅立ちました。
波の旅立ちは、それはそれは見事な旅立ちで、
チビスケ母には1ミリの後悔もありません。
どの子とも、こんなお別れがしたい。
こんなお別れなら心穏やかに見送れる。
もちろん、火葬の日には泣いちゃったけど、辛いと思わせることをしない
さすがな波のあっぱれな旅立ちでした。

そして預かりワンコの楢(なら)が、2月に旅立ちました。
楢も高齢で、随分と弱っていたので老衰ではありましたが、
別れが続き過ぎる日常に、心はすっかり空っぽになり始めていました。

そしてしばらくはお別れもなく、穏やかに過ごしていけるかに思えました。
でも6月の始め、癌とわかった時にはもう手遅れで、
チビスケんちのニャンコの共(みた)が
アッと言う間に旅立ってしまいました。
まだ10歳にもならないのに・・・。
もっと早く、気付いてあげられなかったヘナチョコな自分を、
責めても責めてもどれだけ責めても気が済みませんでした。

同月、BIBIが旅立って10ヶ月経った頃、
チビスケんちのワンコの珍(うず)が旅立ちました。
介護がなくなったのだから、これからまたたっぷりお散歩できる。
いろんなとこ行って、介護中我慢してもらった分、
う~んと楽しく過ごして欲しいと思っていたのに、
ヘナチョコだったチビスケ母は、
ちっともしてあげたいことしてあげなくて、
だから珍にはそれがてんでしてあげられなかった・・・。

でも、そのどうしょうもない後悔と共に、
あれから10ヶ月と言う月日を実感した時、
心の中の枯渇しきった愛が、
ふいに、ほんの少し、染み出してきた気がしました。

突然、10ヶ月という時間が流れたことを
不思議な気分で実感したのを覚えています。

そしてBIBIが旅立った8月がまた巡り、
チビスケんちの中でのお別れはないまま、日々が過ぎていきました。

でも年末に、チビスケんちのワンコの聡に、
また肥満細胞腫が見つかりました。
それもただの肥満細胞腫ではなく、多発性肥満細胞腫でした。

2019年の年明け早々、聡は手術をしました。
そして抗がん剤治療を開始しました。

でも5月の末、聡は、たったの10歳で旅立ちました。
その三日後・・・、チビスケんちのワンコの伴もが旅立ってしまいました。

聡は、抗がん剤治療を頑張ってくれました。
最初の薬がよく効いて、みるみる癌が消えていきました。
でもその薬のサイクルが終わる頃、新たな肥満細胞腫が見つかり、
しかもまた次々と多発してしまいました。
副作用がまったくなかった聡は、新しい薬に変わるまで、
癌だなんて思えないほど普通で元気に楽しそうに走り回っていました。
でも新たな薬を始めたとたん、急激に弱り、そして苦しみ、
アッと言う間に旅立ってしまいました。

伴は、ずっと目と膵臓で通院はしていましたが、
どちらも安定していたのに、春先に急に具合が悪くなりました。
持病のせいかと検査をしているうちに悪性リンパ腫の発見が遅れ、
抗がん剤治療の甲斐なく、聡が旅立った三日後に逝ってしまいました。

二月に伴のキョウダイの然が同じ病気で旅立っています。
聡のことに気を取られていたから気付かなかったんじゃないの?とか、
本当なら自分を責めただろうけど、
なんだかホントにもう、な~んにもわからなくなってしまいました。

悲しいのだけど、この悲しみが聡へなのか伴へなのか、
それとも度重なるみんなとのお別れになのか・・・。
なんだかホントにもう、な~んにもわからなくなってしまいました。

なので今まで、聞かれたらちゃんと答えたけど、
自分からはほとんど誰にも言えずに来てしまいました。
お知らせしなくてはと思う人にさえ、言えずに来てしまいました。

そして7月の半ば、
預かりニャンコの軽(かろ)が旅立ちました。
病院でも、そんなに重症ではないと言われたのに、
軽はあっという間に逝ってしまいました。

そしてBIBIとの別れから2年経ち、また8月がやってきました。
その月末、少し前から弱りだしたチビスケんちのニャンコの恵(けい)が、
旅立ちました。
恵とのお別れには、そろそろかな・・・と思える時間がありました。
少しずつ弱り、命の炎が少しずつ消えて行く。
そんな自然な自然なお別れでした。

そしてその翌日にワンコのボス、笑(わら)が旅立ちました。
享年17歳。
2年前の春から立てなくなり、すっかり寝たきりになってしまいました。
何度ももうダメかもと思うようなこともありましたが、それでも2年、
ずっと頑張ってくれました。
だから笑のことは、とてつもなく寂しいのだけど、
伴や聡とは違い、すぐにも思い出話ができる自分でした。

そして9月になった今、
この2年のチビスケんちの出来事をやっと並べてみる気になれました。
ヘナチョコっぷりはすこしずつ回復し、枯れ果てたと思えた愛も
いつの間にかまた湧き出るようになりました。

悲し過ぎる理解できない数々のお別れを、
すっかり消化したと言ったら大嘘です。
今だって、ふとした瞬間に思い出す愛しい子の姿に、瞬時に涙が出ます。
それでも、愛はまた湧き出るようになりました。

どうしても、どうしても、ずっと整理できなかったBIBIの遺品。
聡と伴が立て続けに旅立ってしまった時、ものすごい勢いで整理しました。

不思議ですが、どんなに悲しくても、心の中から愛が枯れ果てても、
愛しい者は愛しいままだったし、誰かと会えば普通に話せるし、
外側からは多分、ほとんど変わりなく過ごせていたと思います。

多分、長く生きている人はみんな、
なにかしら悲しかったリ辛かったリなんだろうな~。
でもみんな、そのこととは別に、しなくちゃいけないことはしたり、
みんなの前では心から笑えたり、ちゃんと働けたりしてるんだろうな~。
なんて、当たり前のこと、改めて思ったりしています。

これから先も大好きだったBIBIのことを思えば、
会えないことがたまらなく寂しくなるのだと思います。
旅立ってしまった愛しい子たちのことは、
いつまでたっても狂おしいほど会いたいと思うだろうし、
なんとか死後の世界があることを実感できないかな~と
証明してくれた人がいないか、死に物狂いで探したい気分です。

この2年の間、嬉しいことももちろんありました。
そして、元預かりっ子たちとのお別れもたくさんありました。
そんなこんなも、ひとつひとつ、しっかり綴っていきたいと思います。

今日は、ただただチビスケ母の記憶の記録。
とれひとつとっても、
天地がひっくり返るくらいジタバタしちゃう出来事だから、
淡々と並べないと、支離滅裂になるに決まってる~なので、
笑やら聡やら、気にしてくださっている方へのご報告も兼ね、
ただただ順番に並べてみました。

長々と、失礼いたしました~。
スポンサーサイト



大波、小波~。

またまた随分と間が空いてしまいました。
お越しくださっていた皆さま、ごめんなさ~い。
メールくださっていた皆さま、すみませ~~~ん。
近々、お返事させていただきます!
(って、今日お返事しないところが、これまたごめんなさい。)

ホントは8月の末の予定だった
月に一度のチビスケんちのワンコのボスの笑(わら)の血液検査。
なんだかんだで月頭に行って来ました。
1709DSCN9467.jpg
落ちていた百日紅の花を頭に乗せられながらの、
診察後のお散歩です。

歩くだけでハァハァしてしまう笑は、日頃はお散歩していません。
なので、月に一度のお散歩?って感じです。
いつもはお部屋の中と狭~いお庭を歩く程度です。

でも、随分涼しくなってきたので、
これからまた少しずつお散歩できるかな~と思います。

検査の結果は、悪いところは悪いままですが、
すご~く悪くなっていたところが、良くなって、
この調子なら正常値も夢じゃない~な嬉しい結果でした。

気を良くして、帰りは海沿いのお店でランチ♪
1709DSCN9480.jpg
朝食抜きだった笑も、ここで朝ご飯です♪

お天気も良く、
1709DSCN9490.jpg
と~っても気持ち良い通院ドライブの一日でした。

・・・ところがそれから10日ほどしたある日、
なんだか足元がおぼつかなくなりました。
そしてご飯を残し・・・、突然、また食べなくなりました。
食べなくなったとたん、歩けなくなり、また寝たきりに・・・。
1709IMG_7825.jpg

今回は、妙な物を食べた可能性がとても低く、
寝たきりになったとたん、素人目にもただごとではない異変を感じました。

実はチビスケ母、今度こそもう・・・と確信に近い思いに陥りました。

お水だけは飲んでくれる。
と言っても、自分で飲むことはできず、
お口の脇からシリンジで流し込ませれば飲めるという状態です。

チビスケ父に言いました。
今度こそ・・・かもと。

すぐに獣医さんに電話しました。
とても病院にまで連れて行けない。
お水は飲むけど、お口からだけではとても足りない。
少しずつ脱水の症状も見られるようになり、
補液したいのだけれどもと伝え、対処の仕方を指示していただきました。
会社帰りに補液セットを病院からもらって来てくれるよう
チビスケ父に頼みましたが、果たして父の帰宅が間に合うかどうか・・・。

笑、もうすぐ父さん返ってくるからね。
笑、笑、もうすぐだよ。もうすぐだよ。

完全に脱力し、頭すら持ち上げることのできない笑に、
チビスケ父の帰宅まで、なんとか、なんとか頑張って欲しくて、
そう言い続けました。

チビスケBIBIのベッドの回りに取り付けていたベビーサークルで、
他の子に踏まれないよう囲いを作り、その中で寝る笑です。
1709IMG_7850.jpg

少し前に、BIBIのベッドがあった場所に、祭(まつ)のサークルと
楢の夜用サークルを壁側に移動していました。
さらにそこの横に笑のサークルが・・・。
1709IMG_7852.jpg
左が祭ので、真ん中が楢の。右が笑のです。

中をのぞくと、祭はこ~んな感じ。
1709IMG_7853.jpg

そして楢はこ~んな感じで寝ています。
1709IMG_7854.jpg

でも笑は、またまた復活の兆しを見せてくれました。
補液のおかげか、ご飯はまったく食べないものの、
頭を上げることができるようになりました。
それでも歩くことはおろか、立つこともできないので、
シッコやウ〇チは寝たまま・・・。
夜中にトイレシーツを何度か交換するものの、
朝起きると、シッコまみれになっている笑。
洗ってあげたいけど、負担が大きすぎるからと、
寝たまま、拭いては霧吹きで湿らせ、また拭いてしかできませんでした。

すぐにスーパーに走り、
またまた手作りご飯用のささみやお野菜を買い込み、
一口でもいいからと、強制給仕。
最初は、一ミリも食べたくないと、すべて上手に吐き出していた笑ですが、
ゴリゴリ食べさせられるうちに、
ちょびっとずつ飲み込むようになりました。

お水を飲む量も少しずつ増え、補液の必要性も感じなくなりました。
ご飯の量も、日に日に増え、体の力も少しずつ戻ってきました。

頭が上がるようになった笑です。
1709DSC_0229a.jpg
手前は、歌(うた)で~す♪

そうなると、
1709DSC_0284.jpg
こ~なります。
サークルはとっとと外され、随(まに)の枕にされる笑・・・。
もうダメかもと思っていた頃にはあり得ない光景です。

そしてその後は、こ~んな感じ。
1709DSC_0295a.jpg
ベッドから笑がずり落ちたとたん、みんなしてベッド占領。
別にい~もんね~と、みんなより先にひとりでご飯食べてる笑です。

ちなみに、笑はボスなので、誰も笑のご飯を横取りしようとはしません。
もちろん、羨ましいことこの上なしですけど。

食べるとは言っても、量は今までの半分以下。
たった数日で、あっという間に痩せてしまいました。

でも昨日、朝ご飯の後、なんとな~くもう少し食べたそうだな~と思い、
ドライフードを出すと、
ゆっくりゆっくり、そりゃもうべらぼうにゆっくりですが、
ポリカリ、ポリカリ、美味しそうに食べてくれました。

普段はドライの療法食のみしか食べさせてもらえない笑です。
日頃、ドライフードだけを食べている子が、
ウエットフードや手作り美味しい物てんこ盛りご飯を食べると、
とたんに病気にかかります。
病名は、贅沢病です。

なので笑に再び栄養バランスの管理された療法食を食べさせるのは、
なかなかに難しい・・・はずなんですが、
笑に限っては、根っからの食いしん坊が幸いし、
元気になったら出されたものは、なんでも食べた~いということで、
最初は見向きもしなかったドライフードだけのご飯を
昨夜からすんなり喜んで食べてくれるようになりました。

少し前から、立ち上がろうとするようになり、
そうは言っても体力も筋力もあっという間に衰え、
すぐによろけて倒れるの繰り返し。
それでもシッコしたいというサインもはっきり出すようになり、
最初は抱っこでトイレに連れて行き、ささえられながらシッコして、
しだいに支えられながらトイレまで歩けるようになり、
そして今は、自力で立ち上がり室内トイレだけでなく、
お庭でシッコやウ〇チができるようになりました。

笑、偉い!
べらぼうに偉い子です!



でも笑が回復っぷりをみせてくれるようになった頃、
BIBIの姉の訃報が届きました。
笑だけでなく、楢も祭も食事介助が必要だし、
投薬が必要な子もいます。
とてもお泊りはできません。

叔母の家は成田にあります。
日帰りできないこともない・・・な距離ですが、
最寄り駅までバスを使わなくてはいけないチビスケんちからだと、
片道3時間はかかります。
木曜の昼過ぎに出て、深夜に帰宅。
翌日は早朝に出て、帰宅は夜・・・。

一カ月前、成田に住む従妹たちも
こんなに時間かけて来てくれたんだな~と思うと共に、
斎場からそう遠くない富里の愛護センターから
新しい預かりっ子をチビスケんちまで届けてくれるボラさんたちが、
ホントに言葉通り遠路はるばる運んでくれてること、
つくづく実感しました。
新入生の到着を家でのほのんと待つばかりのチビスケ母。
皆さん、いつもホントにありがとうございます。

叔母の葬儀のため、BIBIとのお別れからたったの一カ月で、
また従妹たちと会うことになりました。
大好きな従妹たちに会うのは、とても嬉しいことですが、
ここ最近はすっかり会う理由が
慶弔事の「弔」ばかりとなってしまってます。
遠方に住む従妹たちですから、早々、会うことも難しいのですが、
会える理由を思うと、ちょっと寂しいな~と思います。

そんなこんなのドタバタで、ブログネタてんこ盛りなれど、
またまた間が空いてしまいました。

次回チビスケんちが参加予定のいぬ親会は、10月の湘南です。
それまでに、預かりっ子たちのあれやこれや、
ご報告しなくちゃで~す。
毎日とはいかないかもしれませんが、頑張らねばです!

って・・・、ここですっかり元気を取り戻した
笑のお写真の一枚も載せるとこ?
ガハハ、元気になったとたんに、シャッターすら押さなくなる
相変わらずズボラなチビスケ母でした~。(チャン・チャン!)

チビスケ父、夏のお仕事!

蝉の声より虫の声が大きくなってきた今日この頃ですが、
今回は、チビスケ父の今年の夏休みのお話です。

暑い暑い8月のある日、
1709IMG_7703.jpg
おおっ・・・、チビスケんち、お引越し?
もしかして、とうとう夜逃げ準備?な、一枚ですが、
決してそうではありません。

実は、実は、チビスケ母の一念発起!

長年の預かりボラ生活の中で、
た~くさんのワンニャンが、歩いたり走ったり
ゲ~やらチ~やらウンやらピ~やらされちゃったリビングの床。
随分と痛んでも来ましたし、なによりどうしても浸み込んじゃう
あれやこれやで、拭いても洗っても消臭剤を撒いても、
いかんせん・・・カグワシイ・ニオイが漂うように・・・。

ということで、ちょうどBIBIが入院していた今しかないと、
チビスケ父と共にホームセンターにGo~♪

でもって、買ってきたのがこちらです。
1709IMG_7704.jpg
ソフトクッション・・・だったかな?
フローリング風デザインのロールで売ってた防水の床材です。

三分の一、作業が終わり、
終わったところに荷物移動したところです。
1709IMG_7708.jpg
って・・・、終わった感、わかりにくいですね。

まずリビングの荷物を全部、台所を背にした部屋の右半分に移動し、
空いた左側の床を入念に掃除し、滑り止めの両面テープを貼り、
その上に、シートを敷きました。
リビングは長方形っぽいですが、
良く見ると窓枠やらドアやらで、細々と凸凹になっています。
その部分は、カッターを使って床材をピッタリはめました。
(チビスケ父が・・・ですけど。)

でも上のお写真、気になるポイントはここかも?
1709IMG_7707.jpg
お庭に出しっぱなしにしたら、またどっかでハマるだろうし、
いつものサークルでは場所を取り過ぎるし。
ということで、給(たも)のお気に入りのこちらに入っててもらいました。

そして、三分の二、完成♪
1709IMG_7709.jpg
これだと、ちょっとわかりやすいかも?

でもって、もひとつ気になるあの子はどこ?
1709IMG_7710.jpg
ここです!
祭よりも、ず~っと奥。
何度撮り直しても、手前にピンとが合っちゃうくらい、
いろんな物の奥の奥に、幣(ぬさ)は非難してました。

そうそう、一念発起した訳のひとつに、幣のお漏らしがありました。
野良ちゃんだった幣。
室内トイレの習慣なんて、ま~ったくありません。
何故かウ〇チはおトイレですることもあるのですが、
シッコはモレナク、床の上でした。

古くて傷んだフローリングですから、
時間が経つとすっかり沁みてしまいます。

さすがにねぇ~。
これって、ダメだよねぇ~。
が、大いに一念発起の後押しをしてくれました。

さてさて、残り三分の一に!
1709IMG_7713.jpg
しかし・・・、ここが一番の難関です。

そうそう、気になるもうお一方。
1709IMG_7715.jpg
幣同様、人慣れまだまだの歩(ある)は、
ず~っとここで三分の二までの作業を見てました。

あっ、大掃除も兼ねた大移動ということで、
毛束(?)は見なかったことにしてくださ~い。(汗)

残り最後の三分の一は、デッカイ物、重たい物ば~っかり。
だからって、ここで辞めるわけには行きません。
さぁ、頑張るぞ~と移動し始めたら、問題発生!
移動しかけたキャットタワーを、いったん元にもどしました。
1709IMG_7717.jpg
なぜなら、ピッタリに作ってもらい過ぎて、
動かしたら天井に傷がついちゃったからです。

ということで、
1709IMG_7718.jpg
ノコギリ登場!
頑張るチビスケ父!
記録するチビスケ母!
ナイス・チームワーク!!!(ガハハ)

そうそう、祭やら幣やら歩やら以外の子は
どうしていたかというと、
1709IMG_7720.jpg
この日だけは、お二階の一部をフリーにし、
みんなして、ウロウロしてました~。
でも、せっかくお二階ウロウロできるのに、
いつしか廊下にてんこ盛り。
ワンコって、
やっぱり家族と一緒にいたいんだな~を実感した一コマでした。

ニャンコは?
1709IMG_7726.jpg
アハハ、それぞれに我が道を行く!でした。

それにしても乙(おと)~、
1709IMG_7725.jpg
お肉、はみ出てるよ~!

「僕は、母さん似ですから!」 by 乙
「チッ・・・!」  by チビスケ母

そして、なんとか一日で完成~♪
1709IMG_7817.jpg
アハハ、ヘトヘト過ぎて最後の最後、
きれいになったところでお写真撮るのすっかり忘れました。

多分、今までよりクッション性がある分、ワンニャンも気持ちいいかと。
なにより、なにより、シッコが床に沁みこまなくなりました~。

幣が、よく漏らす場所。
1709IMG_7738.jpg
ワンコトイレのすぐ隣なのに・・・、
なぜゆえ君は、おトイレでシッコしないのかな~?
いつかあなたが、おトイレでシッコする日、
気長に待ってます!

張り替えは、一日仕事になってしまいましたが、
お部屋の匂いも改善されました。
お掃除も楽チンです!
残念ながら、自分の足で歩くことなくチビスケんちに戻って来たBIBIには、
一度も新しい床を歩いてはもらえませんでした。
そんなことにも、心にチクッと痛みを感じたりしますが、
なんだか平穏に過ごしている時間も多く、
そんな自分が不思議です。

そうそう、BIBI入院中のチビスケ父の夏休み、
こき使うだけではなかった証拠をお見せしましょう~。
1709DSCN9359.jpg
上野公園です。

帰宅時間を気にしなくても大丈夫だった夏休み。
遠出しようかと、国立科学博物館に行ってみようということになりました。

でも実際は・・・、
1709DSCN9362.jpg
あっ、これ見てみたかったんだ~な二人は、
結局、美術館に行きました~。

駅からしか上野に行ったことなかったチビスケ母。
目的地からちょっと遠くの駐車場からの初めて歩く道が、
と~っても面白かったです。
なんたって、なんでも見たい、知りたい、触りたいな
糸切れ凧ですから~。

世界で一番大変な仕事。

元預かりっ子のママから、メールが届きました。

「世界で一番大変な仕事」

って、検索してって。
そして、「寂しくても、暖かい気持ちになれますように。」って・・・。

世界で一番大変な仕事って、なんだろう?
きっと、チビスケ母を励ましてくれようとしているんだから、
もしかしたら、預かりボランティアかな?とか思いました。
でも、そんな訳ないかとまた考えました。

もしかしたら・・・。

世界で一番大変な仕事は、二番目にもしかしたらと思った仕事でした。

溺れるほどの愛を注がれ育てられたチビスケ母は、
間違いなく幸せ者です。
そんな育てられ方をしたチビスケ母が常々思っていたことは、
自分が不幸になってはいけないということでした。
大事な大事な子供が不幸になったら、
親が耐えられない悲しみに包まれることが容易に想像できたからです。

きっと親から受けた恩をそのまま親に返すことなんてできないのだから、
子を産み、愛し、育てることがなによりの恩返しなのだろうと思います。

それなのに、人の子の母にはなりませんでした。
でも、たくさんの愛をもらったチビスケ母は、
親への直接の恩返しはできなかったけど、
自分に注がれた溢れるほどの愛を、誰かに送ることはできると思います。

これからも、自分にできること、真面目に真面目に続けていこう。
BIBIがくれた愛を、誰かに届けよう。
教えてもらった動画を見て、そう思いました。

1709DSCN8673.jpg

う~んと、う~んと愛すから、みんなして、幸せに生きようね~♪

Thank you S.
Love you so much.

民族大移動!

チビスケんちの年に二回の民族大移動。

一回目は4月頃のワンズの狂犬病予防接種の日。
二回目は7月頃のワンニャンワクチン接種の日。

毎年、お世話になってる獣医さんに移動日を予約して出かけます。
なにしろ・・・大勢で押し掛けるものですから。

今年もワクチン接種の頃となりましたが、
そりゃまぁ~ドタバタさ~な毎日で、
ついつい予約のご連絡を忘れてしまってました。

で!
あっ、BIBI入院中ってことは、夜遅くなってもダイジョブじゃん!
ってことに気付いた一昨日。
明日、8ワンズ&8ニャンズ連れて行ってもいいですか~と
思い付きでご連絡。
お待たせしても大丈夫でしたらいいですよ~と言っていただけました。

ということで、チビスケ父もいる昨日、
1707DSCN9203.jpg
運転手はチビスケ父、助手席にチビスケ母。
母のお膝と足元には、久(ひさ)と伴(ばん)。

後部に珍(うず)、憐(れん)、聡(さと)、朴(ぼく)、
澪(みお)、随(まに)の8ワンズ&
3つのケージに分かれて、8ニャンズの波(なみ)、富(ふう)、
恵(けい)、愛(いと)、乙(おと)、共(みた)、
玉(たま)、侶(とも)の
大所帯で
1707DSCN9204.jpg
獣医さんにGo~♪

海沿いの道には、た~くさんの海の家。
1707DSCN9208.jpg

沖合にはウィンドサーフィンを楽しむ人たち。
1707DSCN9217.jpg

あ~、夏だな~。
な~んて思いながらの大移動でした。

今回は診療時間中にお邪魔したので、ワクチン接種のお写真なしです。
だって、他の患者さんもお待ちですからね~。

でも、一番高齢のニャンコの波(なみ)も無事ワクチン打てて、
全員完了となりました。

って、先日体調崩したワンコのボスの笑(わら)だけは、
ワンニャンてんこ盛りのチビスケカーに乗せるわけにはいきませんので、
また来週、笑だけと行ってきま~す♪

さてさて、明日の予告です!
いよいよ(って・・・今頃過ぎですが)、去年の夏、
まん丸の幸せをつかんだ布(にの)改めニーナのお届け報告掲載予定です!

乞うご期待!(ガハハ)

最後に大事なお知らせです。

迷子防止
夏は迷子が多いです。
迷子防止のための対策がちばわんHPに掲載されました。

「夏の季節の迷子防止について」


ぜひ、ご覧いただき参考になさってください。
迷子って、誰の身に起きても不思議ではありません。
昨日大丈夫だったことが、今日は大丈夫じゃなかった・・・
ということが起きる可能性は誰にでもあると思います。
リンク
探しています!
元預かりっ子の小梅が、2008年5月14日、千葉県習志野市新栄付近から迷子になってしまいました。
詳細及びポスターは→こちらです。ご協力、どうかよろしくお願いいたします。
ご家族募集中!
成犬・女子・儘(まま)
右後ろ足先欠損
成犬・女子・歌(うた)
左後肢先欠損
フィラリア陽性
成犬・女子・洸(ほの)
肺高血圧症
フィラリア陽性
子犬・秀(しゅう)
右前足骨折
成犬・男子・諸(もろ)
ご家族さま決定♪
おめでとう~♪
無事、正式譲渡となりました!
子犬・俊改めルーク
ご家族さま決定♪
おめでとう~♪
正式譲渡となりました~!
成犬・男子・瀞(とろ)
ご家族さま決定しました!
11月3日よりお試し生活開始!
成犬・女子・歩(ある)
準備が整いしだい
ご家族さま募集開始します
人馴れなし
フィラリア陽性
子犬・男子・幣(ぬさ)
準備が整いしだい
ご家族さま募集開始します
左前肢先欠損
   
   
   
   
虹の橋への旅立ちと共に
チビスケんちの子になりました
   
成犬・男子・根(こん)
願い叶わず、2014年4月11日
虹の橋へと旅立ちました。
成犬・男子・照(てる)
願い叶わず、2016年3月17日
虹の橋へと旅立ちました。
成猫・男子・兎々(とと)
願い叶わず、2017年11月4日
虹の橋へと旅立ちました。
成犬・男子・祭(まつ)
願い叶わず、2017年12月29日
虹の橋へと旅立ちました。
成犬・女子・楢(なら)
願い叶わず、2018年2月14日
虹の橋へと旅立ちました。
子猫・女子・軽(かろ)
願い叶わず、2019年7月16日
虹の橋へと旅立ちました。
ぜひご覧ください!
元預りっ子のブログ゙♪
カテゴリ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
プロフィール

チビスケ母

Author:チビスケ母
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード