バイバイ、BIBI。

私事で恐縮です。
実は、8月の半ば過ぎ、チビスケBIBI(チビスケ母の母)が、
突然、旅立ちました。

来週には退院できそうという矢先のことでした。
退院後のことばかり考えていたので、
まったく想像もしていなかった展開でした。

介護が必要になったBIBIと同居し始めて、ほぼ丸5年。
せめて後5年、一緒にいて欲しかった・・・。

体の弱いBIBIでした。
チビスケ母は小学生の頃から、BIBIがいつ死んでしまうのかと、
いつもBIBIを失う怖さを心の底で感じていました。
中学生になる頃にはきっともうBIBIはいなくて、
家事をするのは自分だろうと思っていました。

「お前は、本当に糸の切れた凧だな。」
チビスケG(チビスケ母の父)に、よくそう言って叱られるほど、
一度、出かけるとなんにでも興味があって、
ヘトヘトになるまで家に帰らない娘でした。
そんな自分が、大きく道を逸れることなく大人になったのは、
心配かけるとBIBIが寝込むから。
寝込んだら、死んじゃうかもしれないから。
そんな思いが、チビスケ母の手枷、足枷になっていたからです。

もしBIBIが健康だったら、とっととアフリカか南米あたりに飛び出して、
日本には住んではいなかったかもしれません・・・。

溢れる愛に溺れそうになるくらい、子離れしてくれなかったBIBI。
たくさんのたくさんのやりたいことがあったチビスケ母。
うっとおしいと思った日もあったし、
自分の器がどれほどかは棚に上げ、世界に羽ばたけないのは、
BIBIの体が弱いからだと辛く思った日もありました。

成人しても、結婚しても、、BIBIが心配しないよう、
まっとうに、まっとうに暮らさなければと、
BIBIはまさにチビスケ母の手枷足枷であり続けました。

だからと言って、BIBIを嫌いになったことはありません。
BIBIは、どんな時でも、なにをしても、絶対的にチビスケ母の味方でした。
どんな時でもBIBIの愛が決して揺るがないことを確信していました。、
なので、糸の切れた凧のような性格のチビスケ母でも、
自分の気持ちを押さえてでも、BIBIの体調が悪くならないよう、
生きることができました。

結婚して家を出て、数十年してまた一緒に暮らし始めた頃も、
もう10年という時間は残っていないのだろうなと思いました。
いつだって、BIBIが死んでしまう日の事を考えていました。

だから昔からBIBIがどこかに行きたいと言えば一緒に行き、
何か欲しいと言えば探し求め、
これが最後のBIBIのお願いだった時、後悔しないよう
BIBIのお願いはなんでも叶えようと思っていました。
ずっと、ずっと、そんな風に思って生きてきました。

でもここ最近、もしかしたらBIBIは10年どころか
もっと一緒にいてくれるかもしれない。
そう感じていました。
90歳どころか、95歳とかまで・・・。

物心ついてから初めて、BIBIが明日死んじゃうかもしれない
という呪縛から解放された気がしていました。

初めて解放された、ホントに、そんな矢先の出来事でした。

優しくて、明るくて、楽しいことが大好きで、
綺麗なものが大好きで、困った人を放っておけなくて。
BIBIは、そんな人でした。
もし体が弱くなかったら、
BIBIこそ糸切れ凧だったのではないかと思います。
チビスケ母のどこにでも行きたい、なんでも見たい、なでも触りたい、
なでも、なんでも、なんでも・・・な好奇心は、BIBI譲りだと思います。
それでも体が思うように付いてきてくれないBIBIは、
それはそれは主婦の鏡、母の鏡のような人になりました。
毎日、毎日、てんこ盛りのご馳走を作り、
山盛りの手作りオヤツを作りました。
料理だけでなく、洋裁も編み物も手芸も得意で、
子供の頃の洋服は、すべて手作りでした。
それを当たり前と思っていた子供時代。
大人になって、幼馴染からそれが普通ではないと聞かされた時、
BIBIの底抜けの優しさと愛情に改めて感謝しました。

だから認知症になってしまったBIBIの介護を、
嫌だと思ったことは一度もありませんでした。
ただただ、大好きな大好きなBIBIに、少しでも笑って欲しかった。

もちろん、わけのわからないことを言ったり、暴挙に出られると、
喧嘩もしたし、扱いがぞんざいになることも多々ありました。
それでも根底にあるBIBIへの思いがあったので、
介護を終りにしたいと思うことは一度もありませんでした。

せめて後5年。
BIBIが90歳になるまで、介護したかった・・・。
12歳のチビスケ母がBIBIの死に怯えていた頃、BIBIは40歳。
85歳で旅立ったしまったBIBIは、その倍以上の時間をくれたのに・・・。

BIBIのお葬式は、親戚だけに声をかけた家族葬にしました。
それでも数名、お知らせしたい方がいました。
BIBIが認知症になっても、
遠くから毎年遊びに来てくださったBIBIの古くからのお友達。
BIBIを慕ってくれださったお友達。

チビスケ母も泣いたけど、BIBIのお友達も泣いてくれました。
チビスケ母よりたくさんたくさん泣いてくれました。
従妹たちもたくさんたくさん泣いてくれました。
BIBIが大切に思われ、慕われていたことを感じました・・・。

体が弱く、したいことの半分もできなかった人生だったかもしれません。
それでも別れを惜しみ、泣いてくれる人のいるBIBIの人生は、
尊い尊い人生だったのではないかと思います。

亡くなった後のあれこれで、出かけることも多いです。
車で走るどの道も、BIBIを乗せて走ったことがある道で、
向かう先のどの店も、どの場所も、BIBIと行ったことがある場所。

BIBIが買い物していた町を通ると、
介護されてた日々も亡くなったことも実は嘘で、
あっけらかんと商店街を歩いている姿がないかと探してしまいます。
ここを歩いていた、ここで買い物をしていたと、
そんな日のBIBIの姿を思い浮かべてしまいます。

隣町に住んでいたから、
どこを見ても、どこを通っても、BIBIの姿が重なります。

そうすると、無条件に涙が出ます。

最近になってやっと、認知症になる前の
明るくて楽しそうなBIBIの姿ばかり思い出すようになりました。
戦中戦後の時代を生きた人だから、貧しく苦労も多かったと思います。
それでもBIBIの人生を不幸と幸福の天秤にかけたら、
間違いなく幸福側に傾くと思います。

そう思うと、良かった。本当に良かったと思えます。

同居してからは、ひとりで留守番させることができず、
いぬ親会やねこ親会にも一緒に行きました。
会場では、皆さんに優しくしていただきました。
本当にありがとうございます。

お見合いやお届けに、BIBIを同行させたことも何度もあります。
契約の話の最中でも、「そろそろ帰ろう。」とか、
意味不明のおしゃべりを続けるとか、ご迷惑おかけしたのに、
皆さん、本当に優しくしてくださいました。
心から感謝しています。

介護をするからと言って、
自分のしたいことを休む気になれなかったチビスケ母。
どこへでも一緒に行ったので、
いろいろな場所で、BIBIは皆さんに優しくしていただきました。
本当に、本当にありがとうございました。
BIBIへのお気遣いへの感謝と共に、
皆さんのおかげでボランティアを続けられたことにも
心からお礼申し上げます。

チビスケGが1年弱。
チビスケBIBIが5年。
たったの6年ぽっちの介護生活が終わりました。

認知症になる前の、在りし日のBIBIと、
BIBI041220.jpg
ミカン・・・差し出されても。
と困惑中な在りし日の寿々(じゅじゅ)です。

今はかなりヘナチョコですが、BIBIとの介護生活、
親の認知症が進んで行く中での葛藤など、
どなたかの参考になればと、別ブログでいつか綴りたいと思います。
いつか・・・。
スポンサーサイト

一大事・・・とか。

またまた更新が滞ってしまってます。
お越しくださっている皆さま、ごめんなさい。

チビスケ父が早目チームのGWに入り、
あちこちお出かけ・・・ではなく、あちこち補修なチビスケんち。
そんな中、今年もチビスケBIBIと行けました~♪
1704DSCN8209.jpg
町役場のツツジ見物。

一緒に暮らし始めた頃は、歩いて見て回れたけど、
1704DSCN8210.jpg
今年は車椅子に乗ったまま・・・。
認知症もかなり進みましたし、足腰も随分と弱ってきています。

お花が大好きなBIBIですが、
ツツジを見ても3秒くらいで視線が逸れてしまいます。
なので、5秒ごとに同じお花を見せても、
毎回、新鮮な喜びを感じられます。

今のBIBI,一粒で二度おいしいならぬ・・・、
一花見で100回楽しい~もできちゃいます♪

そんなBIBIの変化に前向きになれない時も、もちろんあります。
1704DSCN8218.jpg
でも、今年も一緒に見れたね~なツツジ見物。
来年も、再来年も、その先も、一緒に見物したいと思いま~す♪

ところで実は、チビスケんちに一大事が起きました。
そのお話はまたいずれ・・・と思いますが、
JuJu親子が本当のお家に行って小休止の予定が、小休止どころではなく、
しばしブログ更新もお休みしたくなる一大事。
思わせぶりぶりではありますが、
とてもとても、簡単に綴ることができなくらいの一大事です。

ということで、本日は預かりっ子たちのお写真もなしな、
取り急ぎもいいとこな、手抜き更新で~す。

一大事もひと段落。
今日は、遊びに行っちゃうぞ~♪

春ですね。

ブログ更新をしない間、いろいろと家の中の雑事を片づけておりましたが、
お出掛けもしてました。

もう先月のこと、2月の20日過ぎくらい。
IMG_40611603.jpg
恒例のお花見、京急沿線、三浦海岸駅の近くの河津桜を見に行きました。
今年は、まさに見頃真っ盛りに行くことができました。

チビスケ父の母&チビスケ父&チビスケBIBI(チビスケ母の母)です。
IMG_40851603.jpg
毎年、桜並木近くの駐車場に停めていたのですが、
今年は、駅の近くの駐車場に停めることになりました。
駅から桜並木までは上り坂。
BIBIは車椅子なので問題なかったですが、
チビスケ父の母には少しきつかったみたい・・・です。
健脚な母でしたが、最近はたくさん歩くお出掛けは、
誘ってもやめておくわと言うことが増えてきました。
来年は、時間がかかっても会場近くの駐車場を目指さねばです!

そしてこちらはチビスケ父と二人で行ってきました。
IMG_45101603.jpg
BIBIとお出掛けできる場所が、段々と少なくなってきました。
車椅子だと物理的に難しかったり、
楽しいと感じる範囲が狭まってきたりで。
なので去年大丈夫だったところに行けなくなることもあるので、
ちょこちょこと新しいお出掛け先を探すようにしています。

そんな中、天王森泉公園というところで、
吊るし雛展をやっているということを知りました。
でも公園に駐車場はなく、また展示会は室内のようなので
車椅子で入れるかどうかわかりませんでした。
いろいろと不安材料が多かったので、今年はチビスケ父とふたりで
下見がてら行ってきました。

いや~、お見事&圧巻でした。
IMG_45131603.jpg
昔ながらの日本家屋の室内いっぱいに飾られた吊るし雛。

お二階の窓辺には、干し柿!
IMG_45251603.jpg
これももちろん手作りです。

外から見ると、こ~んな感じ。
IMG_45341603.jpg
久しぶりに懐かしの日本を感じさせていただきました。

とは言え、車椅子のBIBIにはちょっと無理かな~という結論になりました。
昔の日本の家ですから、バリアフリーには当然なっておらず、
両脇を支えても、今のBIBIでは歩くことも難しいと感じました。

駐車場は幸い近隣の公園に無料のところがありましたが、
ポカポカ陽気の日なら大丈夫ですが、雨や寒い日では、
車椅子で移動させるにはちょっと距離があり過ぎるかな~
という感じでした。

たまたま車椅子で見にいらした方がいましたが、
玄関の土間から先へは、やはり行かれませんでした。

そんな訳で来年BIBIを連れて行くことはないと思いますが、
今週末まで開催しているので、興味のある方もいるかな~と
お写真載せてみました。
ちなみに展示は、家屋の中だけです。

って、BIBI関係のお写真だけではね~なので、
ミニミニドッグランでチビスケ父にいい子いい子されて
べらぼうに可愛いお顔みせてくれた随(まに)のお写真、ご紹介しま~す。
IMG_44381603.jpg

人見知り大魔王な随なので、いぬ親会場ではまず見れないお顔ですが、
IMG_44431603.jpg
ホントはメチャクチャ甘えん坊って、おわかりいただけるかと。

一時期、皮膚の状態が悪く脱毛が目立った随ですが、
ここのところ調子が良くなり、お薬は飲まなくて良くなりました。
なので、週二回のシャンプー(二回できないとこきもありますが)で、
対処できるようになりました~♪

紅葉狩りパートⅡ♪

本日は預かりっ子のお写真なしで~す。

前回のチビスケ父のお休みの日は、
チビスケBIBI(チビスケ母の母)に紅葉を見せたくて、
ものすごく寒い中、神宮外苑の銀杏並木を見に行きました。

その後、ニュースで皇居の紅葉を一般公開してることを知り、
赤に反応するBIBIなので、モミジがきれいそうだしと、
この前のお休みに、行ってきました~。

東京に到着後、まずは腹ごしらえ。
IMG_15751512.jpg
行き当たりばったりで入ったお店でしたが、
美味しゅうございました~。

BIBI、最近めっきりお箸使いが難しくなりました。
メニューにカレーがあると大助かり。
でもこの日は、スプーン使いも四苦八苦してしまい、
途中でお腹いっぱいと・・・。
ホントはお腹いっぱいではないのですが、
うまく食べられないのでギブアップしちゃうことがよくあります。
そんな時は、食べさせてあげるのですが、
以前は恥ずかしがったのに、今ではそれもなくなりました。
認知症は、残念ながら刻々と進み続けています。

ランチも終わり、皇居に向かいました。
そこかしこにお巡りさんがいるので、方向音痴のチビスケ母一人でも、
迷わず到着できたと思います。

しかも、お巡りさんたち、皆さん、と~っても親切でした。
そして、乳母車や車椅子での移動は、一般の人たちとは別でした。
IMG_15791512.jpg
ヒールでも履いていなければ、普通に歩く分にはなんでもない砂利道も、
車椅子を押して歩くのは、実はかなり大変です。
なので、舗装路での移動は大助かりでした。

てんこ盛りのお巡りさん!
IMG_15801512.jpg
と言いつつ、ここでシャッター切ったのは、警察犬がいたからで~す。
ワンコとかニャンコとか鳥とか見かけると、つい撮りたくなります。

この後、持ち物検査とボディーチェックがあり、
そしていよいよ皇居内に入りました。
IMG_15851512.jpg
皇居の中です。
いや~、それにしても道路渡ってから中に入るまで、遠かったです。
皇居って・・・、大きいです。

通りの左側に宮殿が見えました。
IMG_15861512.jpg

通りを進むと、そりゃもうお見事。
IMG_15891512.jpg
色とりどりの紅葉が見えました。

BIBIが喜ぶ、赤い色もたくさんありました。
IMG_15921512.jpg

こちらも、真っ赤なモミジ。
IMG_15991512.jpg

そして、こちらにも~。
IMG_16011512.jpg

そんな中、ひときわ、目を引いたのがこちらです。
IMG_16101512.jpg
こんな風に色づく木を見たのは、初めてです。

「トウカエデ」という来だそうです。
IMG_16111512.jpg
ヘッポコカメラマンの腕では、そのせっかくの美しさは伝わらないと思いますが、黄色から赤へとまるでキャンドルの炎のようでした。
チビスケ母同様、トウカエデをご存じない方は、ぜひ調べてみてください。

松の木には、松ぼっくりが鈴なり。
IMG_16281512.jpg
この時点では、年内最後の行商の旅、
絵はがき売るぞ~なフリマに行くつもりでした。
なので、喉から手が出るほど、松ぼっくりが欲しかったです。

すでに、BIBIのデイサービスの日程調整までしてもらいましたが、
あまりに予定が混みこみで、また来年、参加することにしました。

この先の門を抜けると一般道に出ます。
IMG_16221512.jpg
それはそれはお見事な皇居内の紅葉狩り、楽しかったです。

桜の季節に、皇居の中でお花見ができるというニュースを聞いたとき、
自分たちが行くとは思っていませんでした。
でも、チビスケ父&母には楽しかった銀杏並木の紅葉狩りでしたが、
色への反応が薄くなったBIBIには、物足りなかったかなと・・・。
テレビに映る赤い紅葉を見て、行ってみようと思いました。

一般道に出た後、皇居って、一般公開してるとこあるんだよって、
以前教えてもらったこと、思い出しました。
多分、ここがそうかな~なあたりにも進むことができました。

こちらも、お見事!
IMG_16421512.jpg

真っ赤なモミジの下で、BIBI&BIBIの娘の記念写真。
IMG_16441511.jpg
コートいらなかったな~と感じるほどのポカポカ陽気でしたが、
BIBIは寒い寒いと言いました。
なので、コート二枚重ねの厚着で~す。

冬桜も咲いていました。
IMG_16501512.jpg

展望台と書いてあったので、せっかくなので登ってみました。
IMG_16601512.jpg
もちろん、車椅子の押手はチビスケ父です。

オオッ!こちらもなかなかの絶景!
IMG_16621512.jpg
画面で切り取られていますが、このすぐ外側にはビルが建っています。

登ったら、降ります。
IMG_16631512.jpg
登り側を向いていますが、降ってます。

ご存じの方も多いと思いますが、豆知識で~す。
車椅子で坂道を下る時は、こんな風に、後ろ向きに下ります。
そうしないと、乗ってる人が前のめりになり、
BIBIのように力のない人は、車椅子から転げ落ちてしまいます。
たとえ一段でも、大きな段差を下るときも、後ろ向きの方が、
乗ってる人には、優しい動きになるみたいです。
以上、豆知識でした~。

皇居の外も、お見事な銀杏並木。
IMG_16991512.jpg
そして、てんこ盛りの観光バス。
この日に紅葉狩りした人は、ちょうど見頃で、
きっといい思い出になったでしょうね。

帰り道、これまたお見事な空模様。
IMG_17681512.jpg
明るい光も喜ぶBIBIも、もれなく喜んでくれました。

さ~て、来年はどこ行こっかな~。
って、気が早いですね。

てんこ盛りのご報告すっ飛ばして、紅葉狩り載せちゃいました。
私事ばかりで、失礼いたしました~。

紅葉狩り&銀ブラ~♪

「ちょっと寒いけど、今日しかない!」
と、チビスケ父のお休みの日、
神宮外苑の銀杏並木を見に行きました。
IMG_14541512.jpg

去年は、チビスケ父の母も一緒に4人で出かけた紅葉狩り。
場所は、新宿御苑でした。
以前は箱根に行ったりしましたが、
箱根や鎌倉は、車椅子だと難し場所があるので、
去年から、整備された都会の公園を選ぶようになりました。

今年は、膝が痛くて行かれなくなっちゃった義母。
残念ながら3人での紅葉狩りとなりました。

BIBI&BIBIの娘!
IMG_14561512.jpg
べらぼうに寒い日でしたが、さすが東京!
すごい人出でした。

いちょう祭りなる催し会場で、お昼ご飯を食べました。
でも寒いので、早々にUターン。
IMG_14741512.jpg
左下に写っているのがBIBI&チビスケ父です。

目が悪いせいか、BIBIは赤い色によく反応します。
なので、目の前にたくさんあっても、
黄色い銀杏は、指をさして見せてあげないと見過ごしてしまいます。
たとえ、目の前全部が銀杏てんこ盛りでもです。
目のせいだけでなく、きっと認知症のせいでもあるんでしょうね。

「銀杏並木だよ~♪」と見せてあげるたびに、
「きれいだね~♪」喜んでくれます。
何度指さしても、毎回、毎回、喜んでくれます。
嬉しくて、つい何度も何度も指さしちゃいました。

もう少し暖かければ、明治神宮とかあちこちお散歩したかったのですが、
モコモコに厚着させたBIBIは大丈夫でも、
油断したチビスケ父&母の方がギブアップでした。

それでも、せっかく東京に来たのだからと、
デパ地下に行ってみようということになりました。

東京・・・、デパート・・・、銀座???
ヨシ!銀ブラだ~♪
って、ブラブラしたら、また外ジャン!でした。

銀座は、キラキラでした!
IMG_15101512.jpg

まだBIBIが独身だった頃、お友達と銀ブラした話、
良く聞かされました。
「銀座だよ。久しぶりに銀ブラする?」
そう聞いても、ピンと来ないBIBI。
でも、三越のライオンを見せたら、
IMG_15121512.jpg
「ここ、知ってるわ!」と笑顔になりました。

さすがチビスケ母の母・・・。
動物絡みだと、記憶が蘇る???
(別のことと勘違いしている可能性もありますけどね。)

地元では見れないゴージャスな町並みを一通りみて戻ったら、
スタート地点で見たキラキラの点灯がより映えて見えました。

お上りさんなので、
IMG_15231512.jpg
もちろん、記念撮影しました~♪

この後、デパ地下でお買い物~と勇んで向かったものの、
寒さで思考回路が固まり、なにが欲しいかてんでチンプンカンプン。
BIBIにレッシュジュースを一杯買って、オシマイでした。

お外は寒かったけど、運転手はチビスケ父だったので楽チンこの上なし♪
なんとも、刺激的で楽しい一日でした~♪

って、チビスケんちのオノボリツアーのお話だけではね~。
ということで、可愛い可愛い愉(たの)のお写真です!
IMG_05501512.jpg
毎日はできませんが、たま~にブラッシングすると、
愉はじ~っといい子で佇んだり、お座りします。
長毛の愉は、きっと丁寧にブラッシングしてもらってたんだな~
って思います。

手をかけてもらっていた子が、
なぜセンターに収容されることになったのか・・・。

考えると切なくなりますが、でも愉の犬生の中に、
ブラッシングが好きと思えるようになった、
優しい手が関わっていたのではないかという気がします。

そっとブラシすると、当たり前のように身を投げ出す愉。
なぜ、そんな幸せな時間を、
生涯続けることが許されなかったのでしょう・・・。

きっと、きっと、可愛がられていた時があっただろうに・・・。

愉がいつでもご家族さまに甘えられる日が、
どうか、どうか、もう一度、訪れますように。
リンク
探しています!
元預かりっ子の小梅が、2008年5月14日、千葉県習志野市新栄付近から迷子になってしまいました。
詳細及びポスターは→こちらです。ご協力、どうかよろしくお願いいたします。
ご家族募集中!
成犬・女子・儘(まま)
右後ろ足先欠損
成犬・女子・楢(なら)
年齢10歳以上
フィラリア陽性
成犬・女子・埜々(のの)
軽度心臓肥大
鼠径ヘルニア
両膝蓋骨脱臼
成犬・女子・歌(うた)
左後肢先欠損
フィラリア陽性
成犬・男子・祭(まつ)
高齢・要介助
フィラリア陽性
成犬・女子・給(たも)
両後ろ足変形
フィラリア陽性
成猫・男子・兎々(とと)
全盲及び癲癇症状有り
子猫・女子・軽(かろ)
両目白濁及び左目結膜癒着
成犬・女子・歩(ある)
準備が整いしだい
ご家族さま募集開始します
人馴れなし
フィラリア陽性
子犬・男子・幣(ぬさ)
準備が整いしだい
ご家族さま募集開始します
左前肢先欠損
成犬・男子・照(てる)
願い叶わず、2016年3月17日
虹の橋へと旅立ちました。
ぜひご覧ください!
いつでも里親募集中
チャリティポストカード
ドコノコ
「ドコノコ」始めました。
「チビスケんち」で
検索してみてください。
【チビスケんち関係】
チビスケんちの預かり日記04.10.10~09.5.31
チビスケんちの         預かりっ子アルバム
預りっ子チビスケんち滞在期間
BIBIの一言!
元預りっ子のブログ゙♪
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
プロフィール

チビスケ母

Author:チビスケ母
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード