ジャカランタ!

またまた季節遅れ(外れ)な6月半ばのお写真です。
IMG_22231307.jpg
何の木だかわかりますか?
(木の下にいるのはチビスケBIBIです)

これ、ジャカランタというそうです。
IMG_22241307.jpg
BIBI、今年に入ってから歯医者さんに通ってます。
以前通っていた歯医者さんを覚えていないので、
車でならそう遠くない歯科大に行くことにしました。
いろんな専門があるので、認知症の患者さんの対応も
きっとたくさん経験されてるだろうな~と思って。

歯科大には、以前同じマンションに住んでいた同い年の先生がいます。
BIBIの担当の先生はその人ではありませんが、
同じフロアーで働いているので、時々、お会いします。
でも彼はお仕事中。
いくらかつてのご近所同士とはいえ、お邪魔しては申し訳ない。
久しぶりにお会いした初回以降は、会釈する程度にしていました。

でも6月半ばに行ったとき、先生の方からニコニコしながらやってきて、
「見た?」と・・・。
「なにを?」
「花。花だよ。花。見てないなら絶対帰りに見ていきな。」
「なんの花?」
「ジャカランタ。うちの大学のが新聞に載ったんだよ。
 なかなかあそこまで大きいのはないらしいよ。
 見て損はないからぜひ見なよね。」
「遠い?」
「近い、近い!」
「診察室からは見えないの?」
「見える。見える。でも近くで見な。」
なんだかものすごく嬉しそうに言うのですが、実はこの日、
従妹がBIBIに会いに鎌倉まで来てくれてました。
なので診察が済んだら、即行、鎌倉へカッ飛び予定・・・。
わざわざ木を見に行く時間、
もったいないなぁ~~~~という思いが過ってました。
(なにしろホントに分刻みでベラボウに忙しい毎日だったもので)

でBIBIが呼ばれて診察室まで車椅子を押していくと、
窓からその木が見えました。
担当の先生に
「あれが、ジャマイカン・・・じゃなくて、
 ジャンバルジャンみたいな名前の木ですか?」
な~んて聞いていたら知り合いの先生がいそいそやってきて、
「見えた?見えるでしょ。」
って。
「あれがジャンバルジャン?」
「違う、違う。ジャカランタ。」

遠くに見えても確かにお見事。
薄紫の花がた~くさん。
紫の花を見たことないわけではありませんが、
大きな木にてんこ盛りの紫の花が咲いているなんて初めて!

車椅子、駆け足で押していけばいっか~。
と、さっきまでの時間がもったいないな~~~はどこへやら?
こりゃBIBIに見せてあげなくちゃもったいな~~~い!に変更です。

ということで、大学の門のところで名前を記入して守衛さんから入校許可の札をもらい、車椅子、カッ飛びで押してジャカランタの元へ。
IMG_22281307.jpg
新聞を見た人たちか、ひっきりなしにお花見の人が訪れてました。

地面にはたくさんのお花が落ちていました。
IMG_22291307.jpg
お花好きのBIBIも大喜び。
チビスケ母も珍しいものが見れて大喜び。

そして再びカッ飛びで車椅子を押し、カッ飛びで鎌倉に向かいました~♪

歯科大を出る前に電話しましたが、二人の従妹のどちらも出ない・・・。
紫陽花見物で賑やかな鎌倉のこと。
聞こえないのかもと思いつつ、とにかく出発。
歯科大のある横須賀から逗子に着いた頃、着信が・・・。
でも運転しながら携帯電話しちゃいけないですよね。
BIBIに電話に出てもらい、伝言係りをしてもらいましたが、
BIBI、あれだけ自分が可愛がった姪っ子たちのこと、
すっかりわすれてしまっているのでものすごく他人行儀・・・。
それでもなんとか従妹のいる場所がわかり、
こちらの到着予定時間を伝えてさらにカッ飛び。

6月の初めころ、紫陽花見に行くことにしたついでに
BIBIに会いに行くからさ~と突然電話がありました。
その日は一度キャンセルしちゃった歯医者さんで、もう一度キャンセルできないからゆっくり会えないよ~と行っても、
いいのいいの。顔見れればいいんだ~と。
遠くから鎌倉まで紫陽花見にきたら、やっぱりついでに会いたいよね~と
予定ギュウギュウだけど、BIBIのためだしと会う事にしました。

でも、後でわかりました・・・。
少し前、別の従妹にBIBIがチビスケんちに来たこと、
認知症になっちゃったことを話したのを、
他の従妹たちに伝えてくれてたようでした。
なので、紫陽花見に行くのほうがついでで、チビスケ母が恐縮しないようについでをBIBIに会うってことにしてくれてた従妹たちでした。

そんなことには、まったく思い至らず、
長い時間、ず~~~っと待たせちゃった・・・。
IMG_22331307.jpg
幸い、姪っ子たちの顔をみたとたん、誰だったか思い出せたBIBI。
ランチタイムはとうに過ぎた夕方。
頼んだデザートを一すくいずつ姪っ子の口に運ぶBIBIは、
やっぱり伯母さんとかお姉さんの顔になっていました。

キョウダイの中で末っ子だったBIBI。
年の離れた兄さん姉さんは、幼くして母を亡くしたBIBIにとって
キョウダイというより親代わりでした。
その代り、甥っ子姪っ子たちがBIBIにとっての弟、妹のようで、
それはそれは可愛がっていたそうです。
なのでチビスケ母の従妹たちは、
BIBIのこととても大切にしてくれます。

20代前半で結婚し家を出たチビスケ母は、自分たちだけで生活することが楽しくて、親戚付き合いとか義理とかそうゆうの、ものすご~く蔑ろにして面白おかしく友達たちと過ごしていました。
その間もチビスケG(チビスケ母の父)とBIBIは、ことあるごとに田舎に帰り、親戚付き合いし、面倒みてくれたキョウダイたちや子供たちになにかあれば、できるかぎりのことをしていたようでした。
そんなBIBIの人生が、今の従妹たちのBIBIを見る優しい笑顔につながってるんだな~と思うと、自分勝手な人生を送っていた己が滅茶苦茶チッコクみえるチビスケ母です。

長い事不義理してきたチビスケ母に対しても、BIBIを引き取ってくれてありがとう。一人で頑張らないでいつでも電話してきなね。と言ってくれる従妹たち。

なんでこんなに優しいんだろ。
私はこんなに優しくできるだろうか・・・。

今更、BIBIにはなれないけど、
つくづくつくづく、BIBIともう一度暮らせたことに感謝する
珍しく殊勝なチビスケ母でした。(チャンチャン)

でもね・・・、
ベラボウに忙しくなったのは、BIBIのお世話もあるけれど、
BIBIの代わりにBIBIが認知症じゃなかったらどうするかを推測し、BIBI流の親戚付き合い、お友達付き合いを継続すべく走り回っているからに他なりません。

って、今までそうゆうこと放たらかしにしてたから、
50過ぎてもお子ちゃまみたいなドタバタ振りなんですけどね。
まさに、自業自得ってヤツですね!(ガハハ)
スポンサーサイト
リンク
探しています!
元預かりっ子の小梅が、2008年5月14日、千葉県習志野市新栄付近から迷子になってしまいました。
詳細及びポスターは→こちらです。ご協力、どうかよろしくお願いいたします。
ご家族募集中!
成犬・女子・儘(まま)
右後ろ足先欠損
成犬・女子・楢(なら)
年齢10歳以上
フィラリア陽性
成犬・女子・埜々(のの)
軽度心臓肥大
鼠径ヘルニア
両膝蓋骨脱臼
成犬・女子・歌(うた)
左後肢先欠損
フィラリア陽性
成犬・男子・祭(まつ)
高齢・要介助
フィラリア陽性
成犬・女子・給(たも)
両後ろ足変形
フィラリア陽性
成猫・男子・兎々(とと)
全盲及び癲癇症状有り
成犬・女子・歩(ある)
準備が整いしだい
ご家族さま募集開始します
人馴れなし
フィラリア陽性
子犬・男子・幣(ぬさ)
準備が整いしだい
ご家族さま募集開始します
左前肢先欠損
子猫・女子・軽(かろ)
ご家族さま、決定しました!
9月13日お届け予定です♪
両目白濁及び左目結膜癒着
成犬・男子・照(てる)
願い叶わず、2016年3月17日
虹の橋へと旅立ちました。
ぜひご覧ください!
元預りっ子のブログ゙♪
カテゴリ
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
プロフィール

チビスケ母

Author:チビスケ母
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード