茅ヶ崎プチいぬ親会、そして豊(ほう)・・・。

昨日の土曜日、心音(ここね)と随(まに)と一緒に、
茅ヶ崎でのプチいぬ親会に参加してきました。

チビスケんちでの腕白振りはどこへやら、
終始、壁の花(?)と化した随。
IMG_81571411.jpg

ふぅちゃんママにマッサージまでさせる、
終始、笑顔の心音。
IMG_81891411.jpg

残念ながら、ご縁はつながりませんでしたが、
みんなに可愛いね~と言っていただけました。
緊張しっぱなしの随にも、いい経験ができたと思います。

お世話になった皆様、ありがとうございました。
詳しいお話は、また後日。




実はいぬ親会の前日、凌(しの)が逝ってしまったばかりなのに・・・。
185_85631411.jpg
わんにゃん絵葉書のモデルにもなってくれた、
チビスケんちのニャンコの豊(ほう)が、
虹の橋のたもとへ旅立ってしまいました。

風邪ひとつひいたことのない子です。
30日の夜中、突然苦しそうな呼吸をしだし、
翌31日、病院に駆け込みました。
心筋症の疑いがあるとのことで、入院することになりました。

もしダメなら・・・、連れて帰りたかった。
でも、ダメじゃないかもしれないんだからと自分を諌め、
豊を病院に置いて帰りました。

31日の夕方遅く病院から電話がありました。
容体は夜にでもメールでお知らせしますと言われていたので思わず、
「なんで、電話なの?」
と頓珍漢な質問をしてしまいました。
容体がかなり悪いこと、かなり苦しんでいること、
楽にさせてあげるという選択をされては・・・と言うお電話でした。

覚悟はしてました。
そう言われたら、「はい、そうしてください。」
と言わなければいけないと決めていました。

一番嫌だったのが・・・、生きてる子を預けて、
死んじゃった子を迎えにいくことでした。

だから、入院させたくなかった・・・。

でも去年の11月に逝っちゃった幌(ぽろ)のとき、
体力的にも年齢的にも難しいけれど手術をしてあげてはと言われたのに、
死んじゃった幌を迎えに行くのがいやで、手術をしませんでした。

先生は、このままなにもしなければ苦しみながら死を待つだけになること。
手術は難しいけれど、万が一、ダメでも
麻酔が効いたまま苦しまずに逝けること。
丁寧に説明してくださいました。
それでも、幌を置いてこれなかったチビスケ母でした。

結局、幌を苦しみながら逝かせることになってしまいました。
死に目には立ち会えたけど、幌は辛かったはずです・・・。

だから、助かる可能性があるのなら、
入院さなくてはいけないんだとと思うことにしました。

でも楽にさせるなら、病院に駆けつけて立ち会いたい。
でもその間、豊を待たせることになる。
それは・・・チビスケ母の我が儘だ。

電話口で先生にお願いし、豊は静かに旅立ちました。

すぐにでも病院にお迎えに行きたい。
でも、午前中も病院まで付き合せたチビスケBIBを、
夜また連れ出すことはできませんでした。
チビスケ父が帰宅してからでは間に合わず、
いぬ親会の前に迎えにいきたかったけど、
ポツンと車の中で何時間も待たせるのも忍びなく、
いぬ親会が終わってから、大急ぎで迎えに行きました。

何時間もたっちゃったから、豊ったらすっかり冷たく固くなって・・・。
きれいな箱の中で、きれいなお花に囲まれてた豊を見て、
・・・悲しかった。
とっても、悲しかった。

こうしたのが一番よかったのかな・・・。
無理に連れて帰っても、おうちでずっと苦しんだんだもんね・・・。

豊ちゃん、なんでかな?
豊ちゃん、ちゃんと順番守らなくちゃダメだよ。
豊ちゃん、豊ちゃん、豊ちゃん。

泣きながら、豊を連れて帰りました。



豊は公園の野良ちゃんたちに不妊去勢手術をしようとしたとき、
富(ふう)と恵(けい)と永(えい)と四つ一緒に
捕獲機に入っていた子猫でした。
そのまま公園に戻すことはできないので、
四つ一緒にチビスケんちにやってきました。

野良ちゃんの子だから、全然慣れてなくて、呼んでも来ないどころか、
家の中でつかまえるのも一苦労でした。
それでも、人は怖いけど、四つで来たから、
いつだって四つで楽しそうに遊んでました。
永だけはご家族との出会いがあったけど、
結局、豊、富、恵はチビスケんちの子になりました。

一対一で暮らしてたら、もっとなれてくれたと思うけど、
大家族の中で自由気ままに過ごしていたので、
乳飲み子から育てた子たちと比べたら
雲泥の差でなれてないと言えた豊でした。

こちらから行くとまず逃げるけど、
気が向くと豊の方からスリ~と寄ってきます。
そんな時だけ、豊が撫でてほしいところを撫でてあげる。
チビスケ母は、豊の孫の手みたいな存在で、
必要な時だけ触らせてあげるって・・・。

でも豊はニャンコだから、チビスケ母はそれで十分でした。
ニャンコは人を使うものですものね。

夜遅くなって、みんなが寝静まると、ス~ッとそばにやってきます。
手を伸ばしてもギリギリ届くか届かないかの距離で、撫でてと言います。
急に動けば逃げちゃうから、
目を合わせずに手だけ差し出しそっと触れます。
そのアプローチを豊が気に入れば、だんだん近づいてきます。

そんなやり取りが豊とチビスケ母の間で何日かに一度されてました。
そんなやり取りだけで、チビスケ母は満足でした。


やっと凌に呆れられないように頑張ろうって思った日の夜に
具合が悪くなるなんて。
もう少し、じっとしてなさいってこと?
それとも、どんなことがあっても、頑張りなさいってこと?

なんだか、全然、全然、わからない・・・。


大好きな写真。
IMG_63511411.jpg


豊ちゃん、母さん、急すぎてよくわからないよ。


豊ちゃんは、幸せだったのかな・・・。




それでもきっと、頑張らなくちゃいけないんですよね。
みんなに、呆れられないように、じっとするんじゃなくて、
頑張る方を選ぶべきなんですよね。

明日のことはわからないけど、
今は強く、強く、頑張らなくちゃいけないって思っています。
スポンサーサイト
リンク
探しています!
元預かりっ子の小梅が、2008年5月14日、千葉県習志野市新栄付近から迷子になってしまいました。
詳細及びポスターは→こちらです。ご協力、どうかよろしくお願いいたします。
ご家族募集中!
成犬・女子・儘(まま)
右後ろ足先欠損
成犬・女子・楢(なら)
年齢10歳以上
フィラリア陽性
成犬・女子・埜々(のの)
軽度心臓肥大
鼠径ヘルニア
両膝蓋骨脱臼
成犬・女子・歌(うた)
左後肢先欠損
フィラリア陽性
成犬・男子・祭(まつ)
高齢・要介助
フィラリア陽性
成犬・女子・給(たも)
両後ろ足変形
フィラリア陽性
成猫・男子・兎々(とと)
全盲及び癲癇症状有り
成犬・女子・歩(ある)
準備が整いしだい
ご家族さま募集開始します
人馴れなし
フィラリア陽性
子犬・男子・幣(ぬさ)
準備が整いしだい
ご家族さま募集開始します
左前肢先欠損
子猫・女子・軽(かろ)
ご家族さま、決定しました!
9月13日お届け予定です♪
両目白濁及び左目結膜癒着
成犬・男子・照(てる)
願い叶わず、2016年3月17日
虹の橋へと旅立ちました。
ぜひご覧ください!
元預りっ子のブログ゙♪
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
プロフィール

チビスケ母

Author:チビスケ母
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード