キョンとユイに会って来た~♪

チビスケ母が預かりボランティアを始めたのは、
2004年の10月頃のことでした。
そして、最初にチビスケんちに到着した預かりっ子は、
お母さんニャンコのキョンと、息子のユイでした。
101_01041512.jpg

子煩悩なキョンと、甘えん坊なユイ。
102_02021512.jpg
仲良しで、仲良しで、仲良しで・・・。

そして、大らか過ぎなキョン。
102_02951512.jpg
掃除機かけても、どく気はまったくなしでした。

初めての預かりっ子。
親子の仲良しっぷりを見て、ご家族さま募集には、
親子一緒にお願いしますと、
成猫というだけでも子猫より条件が厳しいのに、
さらに高望みとも思える条件を付けてしまったチビスケ母です。

案の定・・・、親子一緒にというお申込みはまったくなく、
もしかして、このままうちの子になっちゃうのかな~
なんて思ったり・・・。

でも、翌年の6月。
その条件だからいい!とお声をかけてくださった方がいました。

仲良し親子は、
104_04361512.jpg
仲良しなまま、ず~っとず~っと一緒に暮らせることになりました。

実はキョンユイんち、ネットで関東近圏の皆さまにと発信しましたが、
なんとなんと、チビスケんちから歩いて行ける距離!
オボロな記憶ですが、確かお届けはパパさんが車で迎えにきてくださり、
徒歩で帰宅した覚えがあります。

10月の末、ママからメールが届きました。
一年半ほど前から慢性腎不全になり、ずっと治療を続けていたそうです。
9月までは元気だったけど、10月に入り体調を崩したと・・・。

ご連絡をいただいてすぐ、お見舞いに行かせていただきました。

キョンです。
IMG_08841512.jpg
キョンの目は、もうかろうじて光を感じる程度だろう
と言われているのに、
お家の中は、自由自在に歩きまわれるそうです。
体調を崩す前は、
高いところにも平気で飛び乗ったりしてたんですって。

お見舞いに行った日、寝てばかりのキョンは、
一度だけ、こんな風に歩く姿を見せてくれました。
IMG_08851512.jpg
痩せたけど、美しさはまったく変わらず。
神々しいくらいです。

キョンがお部屋の中を自由に歩けるのは、
ご家族さまの優しさのおかげです。
目が不自由になってからは、
お友達を部屋に呼ぶことも控えているそうです。
誰かのバッグが床にあるだけで、それにぶつかり戸惑ったりするから。
具合が悪いのだから、できるだけ静かに過ごさせてあげたいと。

通院もストレスになるので、獣医さんにご指導いただき、
毎日、お二人で点滴を続けていらっしゃいます。

病んだ子は、不思議なくらい汚れてきます。
自分で毛づくろいできなくなりますから。
でもキョンは、とってもきれいでした。
ちゃんとちゃんと、きれいにしてもらってました。

息子のユイです。
IMG_08901512.jpg
もう10歳なのに、チビスケ母の中ではいつまでたってもキョンの息子。
お子ちゃまなままです。

ニャンコだから、楽々飛び越えられるけど、
ドアが開いた瞬間の飛び出し防止につけられたゲート。
IMG_08931512.jpg
乗り越えられるのに・・・、戻れないと言うユイ。

わざわざママにゲートを開けさせ、
IMG_08961512.jpg
悠々と戻るユイでした。
甘えん坊っぷりは、健在です!

貴重なキョン&ユイのツーショットです。
IMG_09011512.jpg
わかりにくいと思いますが、
キョンは真ん中の段ボールニャンコベッドの中です。

隣に可愛いニャンコベッドもあるけど、
手作りベッドがお気に入りだそうです。
IMG_09051512.jpg
お気に入りベッドの下には、ポカポカアンカ。

この日は、なにがなんでも取り敢えずお見舞いに行くぞ~と、
チビスケ母ひとりでお邪魔しました。
後日、チビスケ父のお休みの日、キョンには迷惑かもと思いつつ、
再び、お邪魔させていただきました。
チビスケ父&母だけでなく、
デイサービスがお休みだったチビスケBIBIも連れて・・・。

パパとママに甘えるユイです。
IMG_09501512.jpg

前回は、来客の気配を察知しお二階に逃げちゃったナッちゃん。
IMG_09541512.jpg
今回は、逃げ損ねてドキドキです。

キョン&ユイを迎えたあと、ナッちゃんと出会ったパパとママ。
一時はご家族さま募集をしたものの、結果的には家族になっちゃいました。
ナッちゃんとは、募集中の子猫の時にあったきり。
可愛い子猫ちゃんだったのに、美人さんになったね~♪

この日、またキョンに会えると、
勇んでデッカイカメラも持って行きました。
で、シャッター切ろうとしたら、カードが入ってない・・・。
前日、PCに落とそうとカード抜いたんでしたっけ!
はぁ~、ため息付きながらガラケイで撮ろうとしたら、
パパがカード貸してくれました。
お写真、撮れるぞ~と凹み気分が180度回転!
それと同時に、へぇ~、人んちのカードでも使えるんだ~と感心しきり。
便利な世の中で良かったです!

お二階に上がっちゃったナッちゃんとユイを、
IMG_09581512.jpg
パパが撮ってきてくれました。

ユイ、相変わらずハンサムだね~♪
IMG_09591512.jpg

ナッちゃんも、パパがカメラマンだとこ~んなアップもOK!
IMG_09611512.jpg
ここんちの子になれて、良かったね~♪

二度目の訪問では、キョンの歩く姿を見ることはできませんでした。
歩けないわけではなく、
お邪魔する少し前に出歩いたばかりだったからだそうです。
でも、チビスケ父もキョンのこといい子いい子できたし、
お気に入りのベッドで、パッチリオメメのキョンも撮れました。
IMG_09431512.jpg
目力もあり、病んでいるなんて思えないキョン。
この日もやっぱり、神々しいくらい美しいキョンでした。

とっても静かな環境で、ご家族の溢れる愛に包まれながら、
穏やかに過ごすキョン。

キョンの腎臓は、もうふたつともほとんど機能していないそうです。
ご家族さまは、落ち着いた口調で、
「年は越せないと思います。」とおっしゃいました。

悲しくないわけありません。
寂しくないわけありません。
なにもかもを丸ごと受け止め、
ただただ、キョンが安心して過ごせるよう、
そのことだけに全力を注いていらっしゃいます。

ノラちゃんだったキョン。
あまりに人懐っこく、心無い人に虐待される恐れがあると保護されました。
すでに妊娠していたキョンは、4つの可愛い命をこの世に誕生させ、
甲斐甲斐しいママぶりで、無事、子供たちを育て上げました。
それぞれに新しいお家に嫁いで行った子供たち。
さあ今度はママの番というときに、出戻って来たユイ。
そんな訳で、親子してチビスケんちに来て、
親子して、これ以上ないというまん丸のまん丸の幸せをつかみました。

キョンに残された時間は、もうそんなに長くはないのかもしれません。
仕方のないこととわかっていても、
その事実を信じたくないチビスケ母です。
でもそれとは別に、今のキョンがどれほど幸せか。
どれほど、穏やかで安心できて愛に満ち溢れた時を過ごしているか。
そのことを感じ、この10年、ずっとずっとこんな時を過ごして来た親子の
べらぼうにデッカイ幸せに、心安らぐ自分がいます。

ご家族さま、ありがとうございます。
これからも、キョンと一緒に、ご家族みんなで幸せにお過ごしください。
ご家族の幸せ、心から祈ってます。

なにもかも、ホントに、ホントに、ありがとうございます。
スポンサーサイト
リンク
探しています!
元預かりっ子の小梅が、2008年5月14日、千葉県習志野市新栄付近から迷子になってしまいました。
詳細及びポスターは→こちらです。ご協力、どうかよろしくお願いいたします。
ご家族募集中!
成犬・女子・儘(まま)
右後ろ足先欠損
成犬・女子・楢(なら)
年齢10歳以上
フィラリア陽性
成犬・女子・埜々(のの)
軽度心臓肥大
鼠径ヘルニア
両膝蓋骨脱臼
成犬・女子・歌(うた)
左後肢先欠損
フィラリア陽性
成犬・男子・祭(まつ)
高齢・要介助
フィラリア陽性
成犬・女子・給(たも)
両後ろ足変形
フィラリア陽性
成猫・男子・兎々(とと)
全盲及び癲癇症状有り
子猫・女子・軽(かろ)
両目白濁及び左目結膜癒着
成犬・女子・歩(ある)
準備が整いしだい
ご家族さま募集開始します
人馴れなし
フィラリア陽性
子犬・男子・幣(ぬさ)
準備が整いしだい
ご家族さま募集開始します
左前肢先欠損
成犬・男子・照(てる)
願い叶わず、2016年3月17日
虹の橋へと旅立ちました。
ぜひご覧ください!
いつでも里親募集中
チャリティポストカード
ドコノコ
「ドコノコ」始めました。
「チビスケんち」で
検索してみてください。
【チビスケんち関係】
チビスケんちの預かり日記04.10.10~09.5.31
チビスケんちの         預かりっ子アルバム
預りっ子チビスケんち滞在期間
BIBIの一言!
元預りっ子のブログ゙♪
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
プロフィール

チビスケ母

Author:チビスケ母
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード