照(てる)、手術します!

とある日のお散歩。
DSCN06471603.jpg
白い儘(まま)&丸い照(てる)です。

儘も、もう少し上から撮れれば比較しやすかったのですが、
それでも照のお腹のふくらみかたが尋常ではないことは
おわかりいただけると思います。

とある日の獣医さん。
DSCN08901603.jpg
これから腹水を抜いていただきます。

そして、
DSCN08961603.jpg

抜いていただきました。

週に一回ペースで、腹水を抜いてもらってる照。
最初の頃は、体重に対して抜いていいと言われている量でしたが、
それでは抜いたとは誰も気付かないほどの量しか抜けませんでした。
その後、獣医さんがいろいろ調べてくださり、
照の体調を確認しながら、少しずつ抜く量を増やしていきました。

抜いても抜いても、一週間もしないうちに・・・、
DSCN09661603_2016030718382160f.jpg
また、ポッコリ。
左が笑(わら)で右が照です。
横から見ると、普通は笑みたいなおなかです。
でも照は、腹部全体が球体みたいに膨れてます。

一番たくさん抜いていただいた時の照です。
DSCN11021603.jpg
あまりの痩せ方に驚かれる方もいらっしゃるかと思います。
でも、ホントの照は実はこんなにガリガリなんです。

それでも横から見ると、
DSCN11041603.jpg
まだまだお水でおなかは垂れ下がっています。

チビスケ母には嬉しい驚きのお写真です。
DSCN11081603.jpg
久(ひさ)に齧られた助手席のことと、
お漏らししちゃうかも~とオムツされてることはさておき、
一見、な~んてことない照の寝姿に見えますが、
照がちんまい助手席に丸まって収まっていることが、
ビックリしちゃうほどの嬉しい出来事でした。

腹水を抜いていただいた帰り道、おなかが少し凹んだので、
体を丸めて寝ることができたからです。

この日は、獣医さんとチビスケんちの都合で、
午後の8時近くから穿刺を初めていただきました。
とてもたくさん抜いて頂いたので、終わるまで1時間ほどかかりました。
帰宅したのは10時近く。
チビスケ母は、昼でも夜でも楽しくおしゃべりしてるだけですから、
何時だろうと何時間だろうとまったくかまいません。

でも照は、このままでは毎週、毎週、膨れたお腹での通院と、
短くはない時間をかけておなかに針を刺し続けなくてはなりません。

少し前から、獣医さんからの提案がありました。
積極的治療について・・・。
つまり、手術で状況を劇的に改善していくということです。

フィラリアの釣り出し手術というのは、
以前は珍しいことではなかったようです。
でも血管に器具を入れ、
直接、虫をつかんで心臓から引き出す作業ですから、
簡単な手術ではないことは、昔も今も変わりありません。

もし万が一のことがあれば・・・。
つい、そのことを考えてしまいます。

このままでも、
IMG_38941603.jpg
こんな風に、穏やかに眠ったり、緩々お散歩したりできるのに、
手術したら、照を抱きしめることができなくなるかも・・・。

かと言っても、このままの状態が安心なわけではなく、
危険と隣り合わせなことも事実だし・・・。

そんな堂々巡りを繰り返し、なかなか決断できませんでした。

腹水を抜いていくうちに、今までの投薬や環境の変化で、
治療の効果が出てくるかもしれないという希望も捨てきれずでしたが、
元気や食欲は出てきましたが、腹水の改善は見られませんでした。

そんなこともあり、揺れに揺れていたチビスケ母ですが、先日やっと、
やはり積極的治療を・・・と思うようになりました。
決心がつくまで、随分と照にはかわいそうな思いをさせてしまいましたが、
土曜日に、釣り出し手術をしていただけるという病院に行ってきました。
DSCN13521603.jpg
釣り出し手術の経験がある獣医さんはかなり少なくなっているそうです。
でも幸いにも、ヘッポコドライバーでも通える所に、
ちばわんのワンコたちもお世話になっている病院がありました。

超音波診断に立ち会わせていだだきました。
DSCN13541603.jpg
ちなみに照のお腹がものすごく大きく見えるのは、
写真を撮った角度の問題です。

画像を見ても、心臓が動いているのはわかりますが、
なにがなにやらチンプンカンプンです。
でも丁寧に説明していただき、フィラリアがたくさんいること、
血管があり得ないくらい拡張していることが理解できました。
そしてなぜそうなっているのかも教えていただき、
手術の必要性を実感することができました。

照、12日の土曜に入院し、13日に手術することになりました。

心臓だけでなく、血管にもフィラリアがいると予想される照。
幸い、貧血はありますがその他大きな異常の見られない今、
少しでも多くのフィラリアを釣り出すために、
首筋の血管からの釣り出し手術ではなく、
開胸し触診しながら手術をすることになりました。

愉(たの)の子宮蓄膿症の手術の時は、手術で命を落とすかもしれないけど、手術しなければ確実に命がなくなるという状況でした。
なので、心臓に問題を抱えた状態でも手術するしかなく、
お願いしますとその場で言うことができました。

照の場合は、その決心がなかなかつきませんでした・・・。
でもやっと、迷いなく手術をお願いすることができました。

手術して、元気になって、
IMG_41501603_20160308031638b74.jpg
今でも感じられるようになった春を、ますます満喫しなくちゃです!

皆さん、ご機嫌よう。照です。
DSCN09711603.jpg
照は手術というのをすることになりました。
母さんは、照は強運の持ち主だから大丈夫だよと言いました。
だから照は大丈夫です。
手術というものをして、元気になって、楽チンになります。
そして、楽しいことたくさんして、幸せになりたいです。
皆さん、照が頑張れるよう、見守っていてください。
スポンサーサイト
リンク
探しています!
元預かりっ子の小梅が、2008年5月14日、千葉県習志野市新栄付近から迷子になってしまいました。
詳細及びポスターは→こちらです。ご協力、どうかよろしくお願いいたします。
ご家族募集中!
成犬・女子・儘(まま)
右後ろ足先欠損
成犬・女子・楢(なら)
年齢10歳以上
フィラリア陽性
成犬・女子・埜々(のの)
軽度心臓肥大
鼠径ヘルニア
両膝蓋骨脱臼
成犬・女子・歌(うた)
左後肢先欠損
フィラリア陽性
成犬・男子・祭(まつ)
高齢・要介助
フィラリア陽性
成犬・女子・給(たも)
両後ろ足変形
フィラリア陽性
成猫・男子・兎々(とと)
全盲及び癲癇症状有り
子猫・女子・軽(かろ)
両目白濁及び左目結膜癒着
成犬・女子・歩(ある)
準備が整いしだい
ご家族さま募集開始します
人馴れなし
フィラリア陽性
子犬・男子・幣(ぬさ)
準備が整いしだい
ご家族さま募集開始します
左前肢先欠損
成犬・男子・照(てる)
願い叶わず、2016年3月17日
虹の橋へと旅立ちました。
ぜひご覧ください!
いつでも里親募集中
チャリティポストカード
ドコノコ
「ドコノコ」始めました。
「チビスケんち」で
検索してみてください。
【チビスケんち関係】
チビスケんちの預かり日記04.10.10~09.5.31
チビスケんちの         預かりっ子アルバム
預りっ子チビスケんち滞在期間
BIBIの一言!
元預りっ子のブログ゙♪
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
プロフィール

チビスケ母

Author:チビスケ母
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード