助走?

久しぶりの更新の後、また間が空かないようにな、
・・・助走更新???
今回は、今後のご報告予定にはいれなかった四方山話的なお話です。

少し前のことです。
チビスケBIBIがデイサービスの日、チビスケ父と
買い出しに行きました。
BIBIの帰宅前に合わせて帰ろうとしてた時、
反対車線の歩道の上をハスキー犬がふたつして闊歩してました。

その姿はまるで、
シートン動物記の狼王ロボとブランカみたい・・・。

そばに女の人がいたので、その人んちの子なんだろうなと思いました。
時々、歩道からはみ出て車道の上を歩く姿に、
慣れているから大丈夫と思っているのかもしれないけど、
ノーリードでお散歩なんて危ないな~と思いながらみていました。

もし前方から、デッカイワンコがふたつ、リードなしで歩いて来たら、
チビスケ母なら嬉しくなって抱きしめてみたくなりますが、
世の中には犬が怖いという人も少なくありません。

どれだけ訓練していたとしても、ノーリードでお散歩させるのは、
やっぱりちょっと自分勝手なんじゃないかなと思います。

そう思うようになったのは、以前、犬嫌いの友人から
海岸で放していた犬に襲われた話を聞いたからです。
ワンコは遊びのつもりだったようですが、
彼女はものすご~~~く腹が立ったそうです。
ワンコにではなく、人間の方に。
飛びつかれて悲鳴を上げた彼女は、
「騒ぐから飛びつくんだから静かにして」と怒鳴られたそうです。

多分、怒鳴った人の言うことは
ワンコが起こした行動の部分だけにおいては正しいのだと思います。
また、ワンコを友人から離したいがためだったのかもしれません。

でも友人は、襲われたと感じ、怖かったんです。

世の中全部が犬好きではないことを、愛犬家はしっかり心得、
周りの人にちゃんと気遣うべきなんだな~と
友人の怒りを目の当たりにして、つくづく思い知りました。

ところが、ところが、ハスキーふたつは女の人を追い越し、
ご機嫌で歩いています。
その時点で、あれ?おかしいな・・・と思いました。
チビスケ母はワンコしか見てなかったので気付きませんでしたが、
追い越された女の人は、自分を追い越すワンコを見て
驚いていたとチビスケ父は言ってました。

で、あらまあお散歩じゃなくて、迷子だ~!と気づき、
大急ぎで車を停め外に出ると、対向車も停まってくれました。

呼んだら、来た!
ラッキーです。

幸い、首輪も付いていたのでつかむ場所もありました。
リードの予備はつんでいませんでしたが、
チビスケカーにはチェーンで固定したリードフックをつけてありますから、
車にさえ乗ってくれれば、取り合えずワンズの安全確保ができます。

近づいてきてくれた子のひとりをチビスケ父がつかむと、
もう片方の子が逃げました。
深追いして事故にあうのはなにがなんでも避けなければと、
チビスケ母、とっておきの猫なで声で逃げ腰の子を呼びました。
そしたら素直に近づいてきてくれたので、
ムンズと首根っこをつかまえることができました。

車に誘導すると素直に乗車。
一安心です。

さて落ち着いたところで周りを見渡すも、
ご家族らしい人は見当たりません。
でもそれぞれに迷子札がふたつずつついていたので、
早速、電話してみました。

そしたら・・・、「現在使われておりません。」と。
ウ~ン、捨て子???
ウ~ン、チビスケんちに連れて帰ることになるのかも???(汗)

通りすがりの人にこの辺りでハスキーのいるお家を知らないかと尋ねても、
残念ながらご存じなし。
でも、すぐそばに交番があるからと教えてくれました。

交番に行くと、巡回中でお留守。
中にあった電話で、連絡先がかかれた番号に連絡すると
すぐに来てくれることになりました。

う~ん・・・、すぐに来てくれても
BIBIのデイサービスの帰宅までに間に合わないかも!
交番を教えてくれた人は、その後もずっと一緒にいてくださり、
なんなら俺が警官待ってるよと言ってくれました。

しかし、それはできません。
なぜなら、もしお迎えがなくどこの子かわかないと、
動物愛護センターに送られてしまうからです。
一度、センターに収容されてしまうと、
ご家族か登録をしているボランティアなどしか
その子をセンターから出すことができなくなります。
でも、拾った人が自分ちで預かるから、ご家族から連絡あったら
教えてね~と言えば、預かることができるます。

チビスケんちの住む県は、殺処分数0を達成したと聞いていますが、
保護した子をセンターに預けたら、
場所によっては殺処分されてしまうことも大いにありえます。

たとえここら辺の子は殺処分されないからと言っても、
出会った命を人任せにするのは、どうにも・・・ね。
もしご家族がお迎えにきてくれなければ、
きっとどこかのボランティアさんに
お手間おかけすることになってしまうことになるかもですし・・・。

そんなこんなで一緒にお巡りさんが来るのを待っていたら、
息せききって走って来る女の人が!
その手には二本のリード。

あ~、ご家族だ~♪

実はワンコたちには鑑札らしい札も付いていました。
でもその札、見たことない感じ。
なんとなく・・・、日本のじゃない感じ。
でもってやっぱり、現れた人は外人さんでした~。
多分、横須賀ベースの軍人さんかそのご家族だと思います。

チビスケ母、その人を見て流暢な英語で確認しました。
「あなたのワンコ?」
「はい、うちの子です。」
「良かった、良かった。ところでどうしてここがわかったの?」
「人に聞いたら、交番に行ったと教えてくれました。」
為せば成る。チビスケ母、英語、堪能だったんだ~♪

ナンチャッテ、二人とも英語と日本語の
ちゃんぽんで通じあえただけでした。
チビスケ母の英語力の限界を超えたその後は、
彼女は英語、チビスケ母は日本語で話し続け、
それでもなんだか会話が通じてたからこれまた不思議です。

迷子になったハスキーズです。
1528141607.jpg

この後、お巡りさんも到着。
大急ぎで聞かれたことに応え、すでにBIBIの帰宅には間に合わないかもと、
デイサービスで待っててもらうようお願いしてたので、
これまた大急ぎでBIBIのお迎えに向かいました。

終わりよければすべてヨシな、
メデタシ、メデタシのお話ではありましたが、
今回はなぜか迷子札の番号が違いましたが、
このお話を読んでくださった方が、
せっかく付けているのに迷子札の電話番号が読めなくなっているとか、
付けたはずなのにいつの間にか取れていたとか、
そんなことないか、お家の子の迷子札、
今一度ご確認されてみる機会になればいいな~と思います。

それよりなにより、迷子にさせない、脱走させないための注意は、
いくらしてもし過ぎということはないですから、
今一度、リードやカラーの金具や耐久性のチェックや、
扉の鍵や、塀の見直しなど、
安全チェックをしていただく機会になってくれたら幸いです。

ということでハスキーズとの短い出会いのお話はオシマイ。
お次は、元気になってきました~と
いつも言葉でお伝えするばかりな愉のお話で~す。

夏なので当たり前ですが、海方面はやたらと夏っぽさを感じます。
海沿いの道を、獣医さんに向かうチビスケカーからの1枚です。
DSCN44571607.jpg
暑いし・・・、混んでるし・・・。
まっ、湘南の夏の風物詩ですから、楽しむしかないですね。

この日、チビスケカーで獣医さんに向かったのは、
チビスケんちの、定期検査をする笑(わら)と、
健康診断の結果で気になることがあったので
日を置いての再検査のための久(ひさ)。
そして預かりっ子の愉(たの)でした。
DSCN44791607.jpg
って、愉がいな~い!

いえいえ、ここです。
DSCN44741607.jpg
久のおなかの下です。

待合室では、こんな風にずっと横になっていましたが、
待合室に入る前は、久しぶりに獣医さんの近所をお散歩しました。
匂いかぎに集中して、距離的にはほとんど歩いていませんが、
足取りはしっかりで、とっても嬉しかったで~す♪
血液検査の結果も良好!
Wで嬉しかった日でした♪

って、助走・・・、長過ぎですね。
失礼いたしました~。
ちなみに笑は現状維持で、久は問題なしでした~♪
スポンサーサイト
リンク
探しています!
元預かりっ子の小梅が、2008年5月14日、千葉県習志野市新栄付近から迷子になってしまいました。
詳細及びポスターは→こちらです。ご協力、どうかよろしくお願いいたします。
ご家族募集中!
成犬・女子・儘(まま)
右後ろ足先欠損
成犬・女子・楢(なら)
年齢10歳以上
フィラリア陽性
成犬・女子・埜々(のの)
軽度心臓肥大
鼠径ヘルニア
両膝蓋骨脱臼
成犬・女子・歌(うた)
左後肢先欠損
フィラリア陽性
子猫・女子・軽(かろ)
両目白濁及び左目結膜癒着
成猫・男子・兎々(とと)
全盲及び癲癇症状有り
成犬・女子・歩(ある)
準備が整いしだい
ご家族さま募集開始します
人馴れなし
フィラリア陽性
子犬・慈々(じじ)
正式譲渡となりました~♪
成犬・女子・守々改めJuJu
正式譲渡となりました~♪
子犬・培々改めbebe
正式譲渡となりました~♪
子犬・路々(ろろ)
正式譲渡となりました~♪
成犬・男子・照(てる)
願い叶わず、2016年3月17日
虹の橋へと旅立ちました。
成犬・男子・随(まに)
2017年5月15日
チビスケんちの子になりました♪
ぜひご覧ください!
元預りっ子のブログ゙♪
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
プロフィール

チビスケ母

Author:チビスケ母
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード