五日目は、花丸男子!

明るいところで、じっくり見てみました。
IMG_30981701.jpg
お二階に隔離中の新入生のあちこちを。

チビスケんちに来た初めての下半身不随ワンコは、
ショートステイしてくれた仔馬(こま)ちゃんでした。
仔馬ちゃん、オシリに二か所、深い深い褥瘡がありました。

その次は随(まに)。
随もオシリに深い深いふたつの褥瘡。
それと、シッポの裏側にもありました。

随の後に来た哲(てつ)は、両膝に深い深い褥瘡がありました。

下半不随の子は、下半身の感覚がないので、
たとえ体を引きずって歩いて怪我をしても痛みを感じません。
自分の意思で足腰を動かすことができないので、
同じ体制で寝続けてしまったり、座り続けてしまい、
結果、褥瘡ができてしまいます。

新入生の褥瘡は、仔馬ちゃんより、随より、哲より、ひどいです。
両肩、両脇腹、両オシリ付近、両腿、両膝。
その他に、無数の擦り傷と深い切り傷が一か所ありました。

随たちは上半身を使って動きまわれましたが、
もしかしたら新入生は、動くこともできないくらいひどい状態で、
ずっと横たわっていたのかもしれません。
そのせいで、半身前面に
褥瘡ができてしまったのではないかと想像しました。
誰かが寝返りをさせたのか、たまたま寝返りができたのか、
それで反対側にも同じ位置に褥瘡があるのではないかと思いました。

あまりに痛々しいのでお写真は載せませんが、
褥瘡がないのは、頭と背中とお腹とシッポで、
それ以外の、肩、腕、足、脇のあちこちにあります。

せめてもの救いと思えるのは、下半身の痛みを感じないことです。

シャンプーも、最初だけちょっと怖がりましたが、
続けるうちに身を任せてくれました。
お薬をつけるときも、それはそれはおとなしくつけさせてくれます。

上半身が筋肉隆々ではないので、
この状態になってまだそう日は経っていないと想像します。

性格は花丸過ぎな花丸男子。
ガリガリですが、ウ〇チも良い感じですし、食欲も旺盛です。

本日も手抜きでごめんなさ~い。
取り急ぎの状況報告でした。
詳細はまたいずれ!
スポンサーサイト
リンク
探しています!
元預かりっ子の小梅が、2008年5月14日、千葉県習志野市新栄付近から迷子になってしまいました。
詳細及びポスターは→こちらです。ご協力、どうかよろしくお願いいたします。
ご家族募集中!
成犬・男子・随(まに)
脊椎損傷による下半身不随
成犬・女子・儘(まま)
右後ろ足先欠損
成犬・女子・楢(なら)
年齢10歳以上
フィラリア陽性
成犬・女子・埜々(のの)
軽度心臓肥大
鼠径ヘルニア
両膝蓋骨脱臼
成犬・女子・歌(うた)
左後ろ足指欠損有り
フィラリア陽性
子猫・女子・軽(かろ)
両目白濁及び左目結膜癒着
成猫・男子・兎々(とと)
全盲及び癲癇症状有り
成犬・女子・歩(ある)
準備が整いしだい
ご家族さま募集開始します
人馴れなし
フィラリア陽性
成犬・男子・照(てる)
体調が整いしだい
ご家族さま募集開始します
願い叶わず、2016年3月17日
虹の橋へと旅立ちました。
ぜひご覧ください!
元預りっ子のブログ゙♪
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
プロフィール

チビスケ母

Author:チビスケ母
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード