冬支度。

一生を、一年に例えるとしたら、草木芽吹く春が誕生の時。
そして、草木眠る冬が終焉の時。
そんな風に誰しもが感じるのではないかと思います。

チビスケんちの最初のワンコ、笑(わら)は、今年15歳になりました。
県の保護センターから譲り受けた時、子犬だったので、
誕生日はわかりませんが、年齢はわかります。

数年前から、健康診断に行くたびに今一番気がかりなのは笑ちゃんだね。
と、かかりつけの獣医さんに言われるようになりました。
でもチビスケ母は、ちっともそんな風には感じていませんでした。

血液検査の結果では、良くないところもいろいろあります。
去年は、脾臓に腫瘍ができ摘出手術もしました。
目も白くなってきたし、背中も重力に逆らえず下へと湾曲しています。
もう、海までのお散歩は厳しいな~と、
随分前から海散歩に笑は行かなくなりました。

それでも、チビスケ母の中で、
笑が一番気がかりな子になることはありませんでした。

桜咲く四月。
1706DSC_0096.jpg

来年だって、再来年だって、一緒に撮れるに決まっているのに、
1706DSCN8043.jpg
チビスケ父がお休みの日、
いつもなら先行でお散歩スタートしてもらうのに、
今年は桜咲く中、笑と一緒に写真が撮りたくて、
連れ立ってお散歩に行きました。

遠くまでは行かれないから、近所に咲く桜の木の下で、
チビスケ父と笑のツーショットの後、チビスケ母も撮りました。

ゆっくりゆっくりだけど、
1706DSCN8039.jpg
しっかり歩く笑。

お子ちゃまチームにはてんで短すぎる距離だけど、
怖がり儘(まま)にはちょうどいい距離の道のりを、
1706DSCN8055.jpg
当たり前にお散歩してくれた笑でした。

四月の末頃、チビスケんちのワンズ全員で、
狂犬病予防接種と健康診断に行きました。
1706DSCN8191.jpg
手前左から、聡(さと)、澪(みお)、珍(うず)、久(ひさ)。
その後ろに伴(ばん)、朴(ぼく)と続き、シートの上に憐(れん)。
随(まに)はまだうちの子になる前でしたので、全部で8ワンズ。

笑の姿、見えませんよね。
でも、ちゃ~んといます!
1706DSCN8192.jpg
ここです!
久のおなかの下あたり。

診察台の上の笑。
1706DSCN8198.jpg
予防接種もしっかり打てました。

今年に入ってからのチビスケ母は、
そりゃもうべらぼうにてんてこ舞い続きでした。
3月の上映会までは、その準備で徹夜する日もありました。
そして上映会が終わってすぐ、
守々改めJuJu親子のご家族さま募集を開始し、
その間、慈々、路々、培々改めbebeは日に日にお転婆になり、
お世話やらお散歩やら獣医さんやらBIBIの通院やらと、
スケジュールはまるでテトリス上級者みたいに
次々きっちり埋まって行きました。
4月のいぬ親会で、JuJu親子が揃ってご家族さまと出会い、
その日常にさらにお届け準備やお届けが入りました。

そんなこんなが一段落して、やっと行かれた予防接種と健康診断。
その翌日に、親子の中で最後のお届けとなった路々を
無事、ご家族さまのお宅のお届けし、
ホントにホントにお正月いらいの一段落だ~と思ったのに・・・、

路々をお届けした翌日、笑がいきなり立てなくなりました。
1706DSCN8238.jpg

まるで、チビスケ母が一段落するのを、踏ん張って踏ん張って
待っていたかのようなタイミングでした・・・。

翌日には、まったく食べ物を受け付けなくなりました・・・。
1706IMG_6575.jpg

あの食いしん坊の笑が、食べないなんて、
とんでもないことが起きているとしか思えません。
まったく力が入らず、寝かせたら寝かせたまま。
当然、シッコにも行けず、朝起きるとシッコまみれになっている笑でした。
フカフカベッドから床に落ちてしまうと、あっと言う間に床ずれもでき、
フカフカから落ちないようにとサークルに入れたら入れたで、
手足が思うように伸ばせず、柵に腕がはまったり・・・。

そんな状態の笑を遠くの獣医さんまで連れて行くのもはばかられ、
電話で相談させていただき、その都度、指示していただきました。
そして少し落ち着いた頃、早目のGWだったチビスケ父と一緒に
獣医さんに行きました。
健康診断をしていただいてからほんの数日。
笑を一目みて、獣医さんは顔を曇らせました。

どこが悪いのか、いろいろ検査していただく予定でした。
でも獣医さんから言われたのは三つの選択肢でした。

具合が悪いのを承知で、徹底的に検査する。
検査はせずに、この状態で予測できるお薬を処方する。
そして、最後のひとつは・・・、なにもしない。

このまま、安らかに・・・ということなんだと理解した時、
涙が止まらなくなってしまいました。

吐かないことが救いだよね。
そう言われました。

もし何もしなかったら?と聞くと、
一週間か二週間くらい・・・かな。と。

食べ物も受け付けない笑は、
飲まなければいけないお薬も嫌がってすべて吐き出してしまいます。
補液セットを用意してもらい、脱水させないだけの治療を選びました。

覚悟すべき・・・と、いうことでした。

その帰り道、辛くて苦しくて胸が痛くて、
どうにもならな気持ちに襲われました。

そうだ、マックシェイク飲もう!
口の中の幸せは、すぐに手に入る。
そうでもしなくちゃ、押しつぶされてしまう。

そう決めた時、笑に負担がかからないようなるべく早く帰るため、
車はすでにマックのない道に入っていました。

仕方ない。
諦めよう・・・。

やっぱり、諦められない!
マックがないなら、スタバだ!
高いけど、スタバにも甘いのあったはず。

近所まで戻った頃、やっぱりスタバ寄ってとチビスケ父に頼みました。
いつもなら、なかなか手がでない高級品だけど、
その時はそれどころではないからと、
迷わずなんとかフラペチーノを頼みました。

車に戻り、もうすぐ家だというのに、とにかく飲まなきゃ。
とにかく飲まなきゃと、大急ぎで口の中へ。

甘い・・・。
美味しい・・・。

そう思った瞬間、笑が吐きました・・・。
吐かないことが救いと言われていたのに、笑が吐いた・・・。

チビスケ母のこの世は・・・、終わった。
そう思いました。

でも、そのまた次の瞬間、
ええ~~~っ!
笑、何食べたの~~~?

笑らしいと言えば、まさに笑らしい。
スタバの駐車場での切り返しで気持ち悪くなったのでしょう。
思わず吐いちゃった笑の口から、
フェイスタオルくらいの布が丸ごと出てきました。

笑・・・、誤食のせいで具合悪くなって、
誤食のせいで食欲なくなって、
誤食のせいで寝たきりになった?

呆れるやら嬉しいやら嬉しいやら嬉しいやら・・・。

それでもすぐに元気にはなりませんでした。
食べない日は続き、補液で命をつなぐ日々。
少しでも口から食べさせたくて、
元々、療法食しか食べてはいけなくなっていた笑が食べる気になればと、
徹夜で食べても大丈夫な手作りご飯の作り方を調べました。
口に入れても嫌がって、
無理に食べさせようとするチビスケ母の手を噛みます。
本気で嫌だから、本気で噛みます。
あんまり痛いからスプーンであげようとするけど、
金属製のスプーンを口の奥まで押し込むと笑が痛そうで
うまくには運べない。
またまた徹夜でスプーン探し。
これなら良さそうという品をやっと見つけ、大急ぎでネット注文しました。

優れもののスプーンのおかげで、
優しく口の奥までご飯を入れることができるよになりました。

食べだしたら・・・、少しずつ元気になって、徐々に食欲も出てきました。
あっと言う間に徹夜で探したスプーンがお払い箱になり、
ええ~、あんなに頑張って探したのに~と
文句のひとつも言いたくなるほどの回復ぶりでした。

随分と回復したころ、またまたテトリス上級者並みのスケジュール。
そう、JuJuの脱走騒ぎです。

きっと誰かがチビスケ母のこと、監視してるに違いない!
そうとしか思えないほど、時間が空きそうになると予定が入ります。
前回お知らせした通り、JuJuは無事保護でき、めでたくお家に戻りました。

そして笑も日に日に元気になり、少しずつ立てるようになり、
床ずれも治りだし、
支えてあげれば自分でシッコもできるようになりました。

ああ・・・、良かった。
ホントに・・・、良かった。

笑が元気になった頃、早目の血液検査をしてもらうことにしました。
1706DSC_0114.jpg
相変わらず、いつも良くない数値は良くないまま。
でも、歩いて診察室に入れた笑は、すごい!

血液検査をするからと朝ご飯抜きだった笑。
1706DSCN8575.jpg
診察の後、持参したご飯、ペロリと平らげました。
もう、ドライフードだけでも食べてくれる回復っぷりです。
その後、路々んちと、JuJu&bebeにちに正式譲渡確認に行けたほどでした。

あっ、一足先に正式譲渡となった慈々に続き、
路々もJuJuもbebeも、めでたく正式譲渡となりました~♪

一カ月ぶりくらいのお散歩。
1706DSCN8803.jpg
お顔が影になっちゃったけど、
ご機嫌でゆっくりゆっくりお散歩した笑でした。

もう大丈夫。
そう思った翌日・・・、
1706DSCN8831.jpg
いきなりまた食べなくなりました。

お散歩、張り切り過ぎた?
それとも、どこか具合悪い?
それとも・・・、また変な物、食べた?
1706IMG_7167.jpg

家中チェックしたら、穴の開いた布を見つけました。
もしかしたら、これ?

そして再び獣医さんへ・・・。
1706DSCN8846.jpg
笑、あんなに元気にお散歩したのに、
助手席にしつらえたベッドでぐったりしたままです。

神経質な笑は、よほど疲れた時でもなければ、
車の中で寝ることはありません。
それなのに、寝かされたまま・・・。
1706DSCN8851.jpg

きっとまた、なにか食べたに違いない。
だから、吐いちゃいさえすれば元気になるんだから!
チビスケ母の空元気。
そうでも思わなければ、
ヘナチョコ母はグズグズに崩れてしまいそうでした。

食べた物が布だったら、レントゲンには映りません。
なのでその日は、バリウム検査をしてもらうことにしていました。
でも先生は笑を見て、負担かもと・・・。
写らないかもしれないけど、レントゲンだけ撮っていただきました。
案の定、なにも写りませんでした。
でも、また何か食べちゃったと思いたくて、
補液で様子を見ることにしました。

で・・・、獣医さんから戻ったら、笑、吐きました。
今度は、ワンコベッドの中の綿・・・。
翌日、もう少し吐いて、お尻からも出てきました。
多分、これで全部だなと思ったら、少しずつ食欲が出て、
前回よりは早いペースで回復してくれました。

それからこっち、留守にする時、笑はサークル隔離です。
目が届かない時、またなにか食べてしまうかもしれないから。
おかげで日に日に元気になり、食欲も復活した笑でした。

ああ、とんでもない大騒ぎ。
チビスケんちの一大事でした。

・・・と、さすがにこれでメデタシ、メデタシと思ったのも束の間、
元々腹部にあった、かなり大きなぷにょぷにょとしたシコリが、
急に硬くなり大きくなりました。
やっと体調が回復したばかり。
またまた獣医さんに電話です。

万が一、悪いものだとしても、今の笑では手術はできない。
そう言われました。
なので、もう少し回復してから、診ていただくことにしました。
1706DSCN8942.jpg
食べない時よりは元気な笑です。

獣医さんに着いてからのシッコタイムも、
自分の足で歩けるほどです。
1706DSCN8952.jpg

細胞診をしていただきました。
結果は数日後ということで帰宅。

数日を待たずに、連絡が来ました。
悪い物ではなさそうだと。
寝たきりになった時、すぐに床ずれができた笑でした。
そんな関係で、シコリにも悪い影響がでたのかもしれません。
今もシコリの硬さは残っていますが、
気持ち、小さくなったように思います。

今度こそ、メデタシ、メデタシです。

季節の花は、
1706DSCN9020.jpg
桜から紫陽花に変わっていました。

それでも笑の冬支度は始まっているのでしょう。
無謀なお願いと知りながら、数年前に笑に頼んだことがあります。
チビスケ父が定年になって、
それからせめて1年くらいは一緒にいてあげてねって。
笑、23歳です。

最初に体調を崩した時、獣医さんは後一週間くらいと思ったそうです。
チビスケ母も、口には出しませんでしたがそう思いました。

お別れは、こんなにも突然やってきてしまうのかと、
ただただ悲しくて仕方ありませんでした。

その後も、何度も何度も食欲が出たりなくなったり。
歩けたと思ったら、また倒れたり。
つい三日前も突然食べなくなりました。

その度に、もしかしたら笑はヘナチョコなチビスケ母のために、
予行練習をさせてくれているのかな?と思いました。
でも予行練習、100回してくれたって準備万端にはなりません。
100万回してくれなくちゃ、心の準備なんてできません。

覚悟って、どうやってしたらよいのでしょう・・・。

随分前に、冬支度と称して笑のこと、綴ろうと思っていました。
でも綴る前に、とんでもない一大事が起きてしまい、
心の準備もできぬまま、お別れが来てしまうのかと思いました。
心の準備なんて、
きっといつまでたってもできないかもしれないけど・・・。

少し前の爽やかに晴れた日、窓から心地よい風が入ってきました。
その風を感じた時、気持ちいいな~。幸せだな~と思いました。
それはちょうど、笑が食べるようになってくれた頃でした。

笑が食べてくれただけで、チビスケ母は幸せになれるんだ・・・。
そう思ったら、我が子の存在の大きさを、
身に染みて感じてしまいました。

いつか来るお別れの日。
その日が、少しでも少しでも先であることを、心の底から願っています。
スポンサーサイト
リンク
探しています!
元預かりっ子の小梅が、2008年5月14日、千葉県習志野市新栄付近から迷子になってしまいました。
詳細及びポスターは→こちらです。ご協力、どうかよろしくお願いいたします。
ご家族募集中!
成犬・女子・儘(まま)
右後ろ足先欠損
成犬・女子・楢(なら)
年齢10歳以上
フィラリア陽性
成犬・女子・埜々(のの)
軽度心臓肥大
鼠径ヘルニア
両膝蓋骨脱臼
成犬・女子・歌(うた)
左後肢先欠損
フィラリア陽性
子猫・女子・軽(かろ)
両目白濁及び左目結膜癒着
成猫・男子・兎々(とと)
全盲及び癲癇症状有り
成犬・女子・歩(ある)
準備が整いしだい
ご家族さま募集開始します
人馴れなし
フィラリア陽性
成犬・男子・祭(まつ)
準備が整いしだい
ご家族さま募集開始します
高齢・要介助
フィラリア陽性
成犬・女子・給(たも)
準備が整いしだい
ご家族さま募集開始します
両後ろ足変形
フィラリア陽性
子犬・男子・幣(ぬさ)
準備が整いしだい
ご家族さま募集開始します
左前肢先欠損
成犬・男子・照(てる)
願い叶わず、2016年3月17日
虹の橋へと旅立ちました。
ぜひご覧ください!
元預りっ子のブログ゙♪
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
プロフィール

チビスケ母

Author:チビスケ母
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード