名無しの乳飲み子ニャンズ!

チビスケんちに到着して、けっこう時間が経っているのに、
名無しちゃんのままの乳飲み子ニャンズ。
忙しくて仔猫の名前考える暇ないのかな?
と思ってくださってる方もいらっしゃるかも・・・。

でも、名前をつけないのは、忙しいからではないんです。

IMG_1541_convert_20100511093043.jpg
6ニャンズの中、唯一の三毛ちゃんです。
到着時、食欲もなくてちょっと心配しました。
相変わらず体は一番小さいですし、目ヤニが多いのが心配ですが、今はモリモリミルクを飲んでくれるのでホッとしています。

チビスケGが来る前は、ワンコでもニャンコでも、大人でも子供でも赤ちゃんでも、男の子でも女の子でも、1つでも6つでも、なんでもOK~!と受け入れしてきました。
Gを迎えると決めたときも、預かりをお休みしようとは思いませんでした。

それでも、今までとまったく同じというわけにはいきません。
チビスケんちでのお見合いが難しくなったこと。
遠くのいぬ親会、ねこ親会に、なかなか参加できなくなったこと。
Gが体調を崩さないよう配慮しなくてはいけないこと・・・、などなど。

今までのように、てんこ盛りで預かるのは、もう少し介護生活に慣れてからにしないと、共倒れになるかも・・・と、大雑把なチビスケ母も、さすがにそれくらいは考えてみたというわけです。(笑)

そしてまず、仔猫の預かりはお休みすることにしました。
仔猫って、本当に可愛いです。
でも、健康であればものすご~く元気です!
走り回れるようになると、ものすごい速さで追いかけっこしたり、カーテン登ったり、カーテンレールの上歩いたり、飛び乗った勢いで棚の上のもの落としたり、狭い隙間に入って寝ちゃったり・・・。
そのどれも、すっごく可愛いんだけど、Gのベッドも遊び場になっちゃうこと必至。
それを考えると、今、チビスケんちに仔猫を入れてはいけないんだと判断しました。

そこでない知恵絞って考えました!
乳飲み子なら、今のチビスケ母にはとっても楽チンかも~。
だって、Gのお世話で夜遅くまで起きてるし、長時間の外出はできないし、乳飲み子は箱から出ないし、ほとんど寝てるし・・・。
Gの介護をしながら、乳飲み子のお世話をするのは、とっても好都合だと気が付いちゃいました!

IMG_1545_convert_20100511093104.jpg
多分、時(とき)と姉妹なんだろうな~と思われるサバ子ちゃんです。
ミルクの飲み方にムラがありましたが、最近はとっても良く飲んでくれます。
それに伴い、体も大きくなってきました!

そこで、乳飲み子なら預かれますよ~とちばわんに連絡したというわけです。

でも乳飲み子はいずれ仔猫に成長します。
なので、乳飲み子たちの預かりは、Gのベッドで遊びまわれるようになる頃までで、
仔猫になったら移動してもらうことを一緒にお願いしました。

なので、乳飲み子たちのお名前は、仮預かりのチビスケ母ではなく、
本預かりさんたちにつけていただこうと思ったしだいです。

チビスケ母は、ちばわんというボランティア団体のお手伝いをしています。
実は、団体行動が苦手なチビスケ母です。
一人気ままに好きなことをしているのが好き・・・。

そんなチビスケ母が、唯一、息苦しく感じずに参加できたのがちばわんでした。
もちろん、団体行動の苦手なチビスケ母がどこかの団体に飛び込むのには勇気がいりました。
でも、出会った命はみ~んな救いたい。
そう思っていても、一人で頑張ってては、すぐに限界が突き当たること、
大人になったチビスケ母は薄々気付いていました。
そしたら、自分になにができる?
そう考えたとき、一番したくない預かりというボランティアがあることを知りました。

IMG_1564_convert_20100511093144.jpg
グレーと白のブチ夫君です。
多分、唯一の男の子です。
チビスケ母、仔猫の性別判定間違ったことあるので・・・多分ということで。
保護当初から、食欲旺盛で体も大きく、チビスケ母をホッとさせてくれた子です。
目ヤニもなく、今のところ、一番心配かけてない預かり孝行な乳飲み子です。

盲導犬の育成には、たくさんのボランティアが関わっていること、
ずっと前にテレビで見ました。
最初に盲導犬候補生に関わるボランティアとして、
パピーウォーカーというのがあります。
一年間、家族の一員としてたっぷりの愛情を注ぎ、ワンコに人間との信頼関係を持たせるというのだったと思います。
そして一年後、候補生は訓練所に移動となります。

テレビを見ながら、号泣したチビスケ母です。
出来ない、出来ない、私には絶対出来ない。
一年も一緒にいて、大好きになって、その子を手放すなんて、絶対出来ない。
そう思いました。
盲導犬のボランティアの最後に、老犬となり引退したワンコたちをお世話するボランティアがありました。
どれかをするのなら、自分の手元で最後を見送れる、このボランティアがいい・・・、そう思いました。

だから、とっても意義のあるボランティアだけど、幸せになるとわかっているからこそ手放すんだけど、預かりボランティアはチビスケ母にとって、絶対やりたくないボランティアでした。

それでも始めたのは、一人では救えない命がてんこ盛りだということに涙し続けたからです。
自分が我慢すれば、幸せになれる子がいる。
そう思って、続けてきました。

IMG_1555_convert_20100511093123.jpg
サバ具合が少々飛び気味のサバ子ちゃんです。
この子も目ヤニが多く、少し細身なのが気になっていましたが、
最近は、食欲旺盛な子たちに負けないくらいグイグイミルクを飲んでくれます!

今では、元預りっ子たちのてんこ盛りの幸せがチビスケ母の全部自分ちの子にした~いという我がまま心を十分に癒してくれてます。(笑)
ホントは今だって、出会った子は全部手放したくないチビスケ母だけど、ベラボウに大金持ちでもなく、ベラボウに広いお家でもないチビスケんちでそれをしたら、あっという間に多頭飼育崩壊現場になっちゃいます。

だから、これからも自分に出来る範囲で、地道に預かりを続けていこうと思います。

預かり先があるだけで、救われる命があります。
乳飲み子が預かれない人もいます。
そんな人にとっては、チビスケ母みたいな人がいればとても便利。
たとえば夏休みの間だけ・・・とか、たとえば成犬の女の子だけ・・・とか、受け入れ先があるだけで、救われる命、きっとありますよね。
そうやって、ボランティアしたいと思う人それぞれが、無理せず出来ることを出来る範囲で頑張れたら、救われる命、どんどん増えると思います。

IMG_1565_convert_20100511093204.jpg
移動時、他の子より一回り大きく、へその緒も付いていなかったので、
この子は誰ともキョウダイではないと思います。
一番大きかったのに食欲がなく、汚れて固まっているのかと思う頭部の毛の塊があり、良く見ると怪我かなにかで毛が抜けたのか、故意に剃られたかという感じで一部、短毛になっていました。
今ではすっかり毛も生えそろい、食欲も旺盛でとっても元気です。
瞬膜が目の半分近くまで出ていましたが、それも段々に少なくなってきました。

ボランティアは、運搬ボラ、いぬ親会ねこ親会の開催、シャンプーボラ、お掃除ボラ、ブログやお喋りで家族を待つ子たちの存在を知らせることと、いろんな方法があると思います。
もしホントにしたいことが今できなくても、今でもできることきっとありますよね~。

チビスケ母、小さい頃からずっと、出会った命を見捨てない人になりたかった。

たとえば大型犬の汲(かえ)を見つけたとき、預かりをしていなかったらどうしていいか判らず、指を咥えてみていたかもしれないと思います。
汲を見たとき、なんの迷いもなく汲を保護しようと思えた自分がいました。
ずっとずっとなりたいと思っていた人に、40年くらいかけて、やっとなれました。

時々、抱えすぎて溺れそうになることも確かにあります。
でも、今のチビスケ母はひとりで頑張ってるわけではないので、いつだって浮き輪やボートがそっと手の届くところにやってきます。
だから、溺れずに、そしていつの間にか、前よりたくさん泳げる人になれました。

IMG_1578_convert_20100511093232.jpg
チビスケんちの子になった、時(とき)です。
たくさんのお花に包まれて、静かに眠っています。

チビスケんちの子になんかなってくれなくていいから、
たくさんのお花じゃなくて、たくさんのぬくもりの中で、今も寝ていて欲しかった・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
探しています!
元預かりっ子の小梅が、2008年5月14日、千葉県習志野市新栄付近から迷子になってしまいました。
詳細及びポスターは→こちらです。ご協力、どうかよろしくお願いいたします。
ご家族募集中!
成犬・女子・儘(まま)
右後ろ足先欠損
成犬・女子・楢(なら)
年齢10歳以上
フィラリア陽性
成犬・女子・埜々(のの)
軽度心臓肥大
鼠径ヘルニア
両膝蓋骨脱臼
成犬・女子・歌(うた)
左後肢先欠損
フィラリア陽性
成猫・男子・兎々(とと)
全盲及び癲癇症状有り
成犬・女子・歩(ある)
準備が整いしだい
ご家族さま募集開始します
人馴れなし
フィラリア陽性
成犬・男子・祭(まつ)
準備が整いしだい
ご家族さま募集開始します
高齢・要介助
フィラリア陽性
成犬・女子・給(たも)
準備が整いしだい
ご家族さま募集開始します
両後ろ足変形
フィラリア陽性
子犬・男子・幣(ぬさ)
準備が整いしだい
ご家族さま募集開始します
左前肢先欠損
子猫・女子・軽(かろ)
ご家族さま、決定しました!
8月末頃お届け予定です♪
両目白濁及び左目結膜癒着
成犬・男子・照(てる)
願い叶わず、2016年3月17日
虹の橋へと旅立ちました。
ぜひご覧ください!
元預りっ子のブログ゙♪
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
プロフィール

チビスケ母

Author:チビスケ母
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード