サバ子、復活!

ご報告が大変遅くなり、申し訳ありません。
サバ子、すっかり元気になりました!

応援してくださった皆さま、本当にありがとうございます。

17日の夜中24時にサバ子を病院から戻した後、4時間、ずっと脱力したまま、
目も開いたままのサバ子でした。
IMG_2165_convert_20100519040927.jpg
点滴用の器具が付いたままの帰宅です。

横にしたら横にしたまま。
手足が少し動くことはあっても、自分で寝返りをうつことはできませんでした。

IMG_1905_convert_20100519040735.jpg
ポヤポヤした可愛らしいお顔に見えますが、
この時のサバ子には意識がありません。
目は、ずっと開いたまま、目元を撫でても瞼を閉じることもしませんでした。

サバ子の様子がよくわかるよう、紙袋の中をフワフワにし、湯たんぽを入れて、その中にサバ子を寝かせていましたが、もっと近くに置いておきたくて、湯たんぽごと抱っこして過ごしました。
段々に湯たんぽが冷めていくけど、サバ子を動かすことが怖くて、ずっとそのまま抱きしめ続けました。

家に連れ帰ったのは、万万万が一の時、ひとりで逝かせたくなかったからです。
明け方の4時少し前から、手足が張ったように伸びたり、頭を振る仕草が出てきました。
きっとひきつけのようなもので、最後の時が来たと思いました。

小さな小さなサバ子を、ギュッと抱きしめることはできません。
そっと抱きながら、ただ撫でることしかできませんでした。

ところがそれは、サバ子の目覚めの仕草でした。
少しずつ意識が戻り、手足を動かし始め、頭がしっかりあがりました。
目が合ったとき、嬉しいというより、本当に目が合っているのかどうか確信がもてませんでした。

しだいに鳴き声をあげるようになり、確実にもどってきたと思ったとき、低血糖になったら大変、低血糖になったら大変・・・と思いながら、大急ぎで暖かいミルクを作りました。
口に運ぶと、ゆっくり、でもしっかりと飲み込んでくれました。

IMG_1914_convert_20100519040754.jpg
元気になり、紙袋の中でじっとしてくれなくなったので、
蓋のあるキャリーバッグ入れました。
少しして様子を見たら、手に巻かれていた包帯・・・、勝手に取っちゃってました。
針が入っていたので血が出てしまいましたが、かなりグルグル巻きだったのに、
そんなことまでできちゃったんだ~と思おうと、嬉しかったです。

朝一番で病院で診ていただきました。
あまりにも元気になってるサバ子を見て、先生も驚いていました。
はっきり言葉にはしなかったけど、専門家であればあるほど、サバ子の命がつながる可能性の低さを感じていたと思います。
サバ子が緊急でお世話になった病院には、獣医さんが数人いらっしゃいます。
診察が終わった後、入院中のサバ子のお世話をしてくださった先生が駆け寄り、元気になったサバ子の様子を嬉しそうに見て、今後の注意事項などを丁寧に教えてくださいました。

IMG_2166_convert_20100519040948.jpg
あまりに元気で、前日に出していただいたお薬を飲ませる以外、特に治療は必要なかったサバ子です。
でも念のため、脱水を起こさないように補液をしていただきました。
補液とは、背中に水分を補充していただき、ゆっくりと体に吸収させていくというような感じです。
補液した後、水分が少しもれるようで、背中の毛が濡れています。

もう無理だろうと獣医さんが思うほど弱っても、翌日とか、数時間後には同じ子とは思えないほど元気になるサバ子です。
そしてとても元気にしていたのに、あっと言う間にグッタリしてしまうサバ子です。
なので元気になったとしても、それが確実なものなのか、ドキドキの一日でした。

18日は、他の子の通院予定が入っていました。
サバ子のことを、チビスケ父に頼み出かけましたが、チビスケ父から緊急の電話もなく、元気に一日を過ごすことができました。

チビスケ父が撮ってくれた昼間のサバ子です。
IMG_1916_convert_20100519040811.jpg
ニョッキリ、バックからお顔を出せるほど、元気です。

脱水と低血糖にならないよう、1時間~2時間おきに授乳をしてもらいました。
毎回、とても元気で異常はみられなかったそうです。

なんとか無事に一日過ごすことができたサバ子です。

退院したかと思ったら、数時間後に急変・・・と、容態の変化のあまりの早さと大きさに、「サバ子、元気になりました~♪」とお伝えしていものかどうか迷いました。
でも丸一日、元気に過ごすことが出来ました~♪
IMG_1928_convert_20100519040830.jpg

応援してくださった皆様、ご報告が遅くなったこと、ごめんなさい。
見守っていてくださり、本当にありがとございました。
サバ子、みんなと一緒にスヤスヤ寝ていま~す♪


今回のサバ子の症状ですが、はっきりとした原因はわからないままです。
下痢による脱水症状から低血糖を起こした可能性が高いようですが、
それだけでは説明できない症状もありました。
貧血気味でもあるサバ子なので、今、これ以上、採血をするのはよくないと、
もう少し大きくなってから、再検査をする必要が出てくるかもしれませんが、
なにはともあれ、再び元気になってくれたサバ子です。
ここ数日のことが、早く笑い話になりますように~♪と思います!

皆さま、ホントにホントにありがとうございました~♪(19日、午前5時記)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今の所一安心って感じでしょうか・・・

まだ心配ですが目を離さずに
側に居て下さるだけでサバ子ちゃん自身も
安心しているんじゃないでしょうか。

もう少し大きくなったら
しっかり検査出来るからそれまで
しっかり栄養つけて頑張ってね♪

取り敢えず…

サバ子ちゃん、チビスケ母さん

取り敢えず、ほっとしましたね、お疲れ様でした。
…とはいっても、まだまだ油断は出来ない状況でしょう。
くれぐれも、お大事に!!
今晩は、ぐっすり眠れると良いのですが、
チビスケ母さん…

ホッ・・・

どうしたかな・・・って心配していましたが、一安心で良いのかな?
サバ子の表情が、具合の悪い時と復活した時の差に驚きました。
何もしてあげられないもどかしさ、本当に辛いですよね。
でも、母さんの気持ちがきっと伝わったんだと思います。
ネコも犬も、人間の言っている事、わかりますもんね。
やっぱり、愛されてこそ・・・です。
これからまだまだ、もっともっと抱えきれない位の幸せを手に入れるんだから、ここは踏ん張り時ですものね。
(こんな小さな子に踏ん張れってのも酷なんですけど・・・)

でも、あたしは、サバ子のまんまるの幸せを、母さんのブログを通して見届けますよ!!!!大丈夫。緩が幸せになってからは、母さんち、幸せラッシュだから!!!!だから、ゆっくり体調を整えるのだ~ ^^

あたし、単純だから、サバ子を心配しすぎて、昨日、ネコを2匹拾う夢を見ちゃいましたよ~(爆)1匹がなかなか捕まえられなくって、必死でおいかけるあたし。時間切れで目覚まし鳴っちゃいました(爆)

と、こんなバカ話で母さんのお疲れが吹っ飛ぶとは思いませんが、大家族の母さんち。チームサビ・サバ+ブチ夫のお世話に犬チームのお散歩。いつ倒れてもおかしくないくらい、目まぐるしい毎日だと思います。どうか、隙を見て体を休めて下さいね。
頑張らなくって良いけど、でも、頑張れーー(笑)

nonさんへ

ずっと見守ってくださって、本当にありがとうございます。
サバ子、今日も朝からとっても元気です!
低血糖以外になにかあるのか、たまたま弱っていたからだったのか、今はまだわかりませんが、あんなことがあったなんて、今のサバ子を見ていると信じられません。
仔猫って、急に具合が悪くなり、あっという間にとんでもなく弱ってしまいます。
でも、元気になりだすと、ビックリするくらいすぐに元気になることも多いです。
再検査のことなんて忘れちゃうっほど、このままお転婆娘街道まっしぐらで突き進んで欲しいで~す。

環母さんへ

ずっと見守ってくださって、本当にありがとうございました。
サバ子、すっかり元気一杯です!

取りあえず・・・と思わなくてはいけないんでしょうが、あれからこっちすっかり元通りのサバ子でいてくれてます。
このまま、あんなことがあったなんてすっかり忘れちゃうほど、元気印でかっ飛んで欲しいです。

夜寝て、朝一番でサバ子を見るとき、やっぱりちょっと緊張します。
目が合ったとたん、ニャ~~~ッ!とビックリするくらい大きな声で、ご飯の催促をするサバ子を見ると本当にホッとします。
うるさいくらいの方が、ホントにホントに幸せですね~♪

サバ子が元気になったら、疲れもどっかに行っちゃいました。
妙な体質です!(笑)

ター&緩&まきさんへ

サバ子のこと、ずっと見守ってくださって、ありがとうございました~。
一安心で良いと思います!!!
いえいえ、もう安心で良いですよね~!!!!!

バカ話(失礼!)、思わず笑っちゃいました~♪
まきさんが必死になってネコちゃんを追い回している姿がドドッと目に浮かんでしまいました。(笑)
どうも、疲れてることにあまり気が付かない体質らしいんですが、ここ数日はいくらズボラな私でも、やっぱり気が張っていたと思います。
まきさんの夢のおかげで、気持ちがホッと緩みました~。
緩の名前、緩(ゆる)やかに、穏やかに、ずっとずっと幸せな時間の中にいて欲しい。
そばにいる人の心がホッと緩むように、そして緩も緩々と生きられるようにって思ってつけたんですよ。
そう思って名前をつけた緩のママに気持ちをほぐしていただけたなんて、なんだか嬉しさ倍増です。
まきさん、さすがです♪(パチパチパチパチ・・・)

サバ子、ガッチリつながった命ですから、これから楽しいことた~くさんして幸せに生きてもらいます!
サバ子の幸せ、見届けてくださいね~。
リンク
探しています!
元預かりっ子の小梅が、2008年5月14日、千葉県習志野市新栄付近から迷子になってしまいました。
詳細及びポスターは→こちらです。ご協力、どうかよろしくお願いいたします。
ご家族募集中!
成犬・女子・儘(まま)
右後ろ足先欠損
成犬・女子・楢(なら)
年齢10歳以上
フィラリア陽性
成犬・女子・埜々(のの)
軽度心臓肥大
鼠径ヘルニア
両膝蓋骨脱臼
成犬・女子・歌(うた)
左後肢先欠損
フィラリア陽性
成猫・男子・兎々(とと)
全盲及び癲癇症状有り
成犬・女子・歩(ある)
準備が整いしだい
ご家族さま募集開始します
人馴れなし
フィラリア陽性
成犬・男子・祭(まつ)
準備が整いしだい
ご家族さま募集開始します
高齢・要介助
フィラリア陽性
成犬・女子・給(たも)
準備が整いしだい
ご家族さま募集開始します
両後ろ足変形
フィラリア陽性
子犬・男子・幣(ぬさ)
準備が整いしだい
ご家族さま募集開始します
左前肢先欠損
子猫・女子・軽(かろ)
ご家族さま、決定しました!
8月末頃お届け予定です♪
両目白濁及び左目結膜癒着
成犬・男子・照(てる)
願い叶わず、2016年3月17日
虹の橋へと旅立ちました。
ぜひご覧ください!
元預りっ子のブログ゙♪
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
プロフィール

チビスケ母

Author:チビスケ母
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード