バイバイ、G。またね・・・。

少し前、チビスケGとの介護生活が終わりました。
向こう10年くらい、そんな日々が続いて、自分の50代はGの介護に明け暮れる日々なんだろうな~と思っていました。
でも、そう思っていた生活は、突然終わってしまいました。

Gを介護しながら、いろんなことを思いました。

チビスケG、今年は年男でした。
2月3日の節分のとき、脳梗塞で動かなくなった手だけど豆まきしてもらおうって思ってました。
でも、してもらえませんでした。

その2月3日に、チビスケんちの小さなお庭に植えられた梅の木の花が一輪だけ咲きました。
Gがチビスケんちに来たのは去年の3月10日。
梅の花、一度も見てもらうこと、できませんでした。

一昨年の11月の末に自宅で転んだG。
その日から、立つことができなくなってしまいました。
入院中のGの病院に母を連れて行く道すがらに、銀杏並木があります。
黄色く紅葉した並木道を通りながら、通院する毎日でした。
昨年の秋、黄色くなった銀杏並木を見て、一年経ったんんだな~と思いました。
今年の秋、二年経ったんだな~とはもう思えないんですね。

去年のお正月は危篤となりました。
でも奇跡的に回復してくれたGでした。

無事退院し、今度は、週に一度Gに会いに来る母の送迎が始まりました。
銀杏並木のある道には、桜並木もあります。
満開の桜並木の下を通りながら、来年の桜はGにも見せてあげたいな~と思いました。
でも、それはかないませんでした。

良くなっては肺炎になり、危ないと言われては回復し・・・。
その繰り返しの中、だんだんに弱っていってたんだと思います。

3月頃には退院できそうだという目途が立った時、病院関係者の皆さんは揃って介護施設への入所を勧めました。
それでも、ワンニャンを保護できて、父親を保護できないっておかしいよね!というだけの理由でGをチビスケんちに迎えることを決めました。
この決断に、誰よりも驚いたのはチビスケ父でした。
だって、30年以上の長きにわたる父と娘の確執をずっと見てきた人ですから・・・。

でも、Gを迎えてよかったと思います。
長い長い間のGへのわだかまりが、この数か月でゆっくり消えていきました。

そしてGが逝ってしまった後、反抗期の頃の腹立ちや苛立ちではなく、反抗期なんてまだ知らない頃、どれほど自分が可愛がられたかということばかり思い出しました。

いろんなわだかまりがあったとしても、この世に生まれさせてくれただけで、なにもかも帳消しになっちゃうくらい親ってすごいんだって突然思いました。

Gを迎えなければ良かったと思うことがひとつだけあります。

Gが逝ってからの一週間、自分は見ないけどGが好きだからとつけていたテレビ番組に気づくたびに、ものすごく寂しくなりました。
先週の今日は、これを観てたのに・・・って。
Gがいる間していたことをしようとして、もうそれをする必要がないと気づくたびに、ものすごく寂しくなりました。
一緒に住んでいなければ、この思いはなかったのにな~と思うと、あのまま離れて暮らし、ずっと仲の悪いままでいたら、ちっとも悲しくなかったのに・・・と思いました。

Gは、最後の最後まで親だったんだな~と思います。
幼い私を守り、巣立ちを見守り、そして老いを伝え、これからの人生の過ごし方を考えさせてくれました。

棺を閉じるとき、「バイバイ。お父さん、またね。」と言いました。
いつの日かGとの再会が叶ったら、今度こそ、面と向かってありがとうって言わなくちゃって思います。

仲良し親子じゃなかったけど、最後の最後に、ありがとうって言えるようにしてくれたこと、本当に親だな~って思います。

去年の夏の一枚です。
IMG_5335.jpg
元気になったら、車椅子であちこち行こうねって思ってたけど、
それができたのはこの一度だけ。
デイサービスのお迎えが来る前のほんの数分。
海が見える小道まで、チビスケ父に車椅子を押してもらって、ほんの数十メートル移動しただけでした。

私事ですが、預かりを続ける娘の家に迎えられたGのこと、やっぱり残しておきたいな~と思います。
またいつかGのこと、預かりっ子たちとの思い出と共に綴れたらいいな~と思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

幸せ?

お父様、最後に娘さんに世話になれてお幸せでした…
何も言えなくても感謝して逝かれたことでしょう
たくさんのワン、ニャンに囲まれての生活、普通では不可能なことです
ベストな親孝行をされましたね・・・これからの虚無感お察しいたします・・・
でも心の隙間はワン、ニャンがサポートしてくれます…
しばらくは、反省などの葛藤でしょうけれど

No title

びっくりしたけど、更新が滞った時に、もしや・・と思ってました。
緩と入れ違いで母さんちにやってきたG。 あれから1年なんですね。

きっとGは大満足で旅立っていったと思います。父さんも母さんも、本当にGには一生懸命2人3脚でしたもの。それはそれは素晴らしいチームプレーだと、ずっと関心していました。お疲れ様でした。そして、色んな事を諦めずに、良く頑張りましたで賞ですね♪

きっと今は、やっぱりあの家はいつ見ても、騒がしい・・・と、笑って見守っているんでしょうね。母さんちから旅立って行ったワン・ニャンと、どーもー。チビスケGです~。なんてご挨拶しているかも知れないですね。

って事は、やっぱりGは布団の上に猫やら犬やらてんこ盛りで寝ているんでしょうね(笑) うふふ。

No title

驚きました。
お会いしたことはなかったけど、私の父と重なることもあり、ずーっと気になってしたチビスケG・・・。天国に行かれたんですね。ご冥福をお祈りいたします。
私もこのお正月、あれから1年経ったんだなぁ、と感慨深かったです。父は施設にいますが、もう寝たきりだし、話すこともできません。私たちにとっては1年なんてばたばたしてるうちにあっという間に過ぎていくけれど・・・。

G、きっとすごく幸せな1年だったと思いますよ。
葛藤がありながらも、そんな時間をプレゼントしたチビスケ母さん・・・尊敬します。

こんどいっしょに地元犬連れランチいたしましょ。

お悔やみ申し上げます

ちびすけ母さん、
最大級の親孝行、本当にお疲れ様でした。

いつもフルパワー全開で頑張るちびすけ母さん。
でもちょっぴし頑張りすぎ?大丈夫かな??
って心配しておりました。
でも長い人生、時には頑張らなければならないといけない事
絶対あるんだなって、ちびすけ母さんに教えられた気がします。
母さんの言葉のひとつひとつが心に染みます。
(時にチクリと心にさす痛みを感じる部分も・・・・)

最後にちびすけGさんへ。
これからはちびすけ母さんの瞳を通して、
梅の花や桜並木、葉山の美しい自然をゆっくり眺めて下さい。
反抗期が長かったようですが、Gさんのお嬢様、
ガッツあり、皆から尊敬される素晴らしい女性ですよ。
素敵な娘さんに看取られて、本当に幸せでしたね。
ちびすけGさんお疲れ様でした・・・安らかにお休み下さい。


No title

チビスケ母さん
慎んでお悔やみ申し上げます。

我が家にも、もうじき90になる父と
80代後半の母がおります。
チビスケ母さんと同じことができるかというと
まったく自信がありません。

あらゆることに一生懸命で、
いつも爽やかに笑っている自分の娘のことを
お父様は、誇りに思って旅立たれたと思います。
お父様のご冥福をお祈りいたします。

No title

お父さまがお怪我をされてからその後、ご家族皆様にとって大変なご苦労がおありだったと思います。
でも、そのおかげと言ってはなんですが、大変な時を一緒に過ごす時間を持てたことで、長きに渡るわだかまりもあまり意識せずとも解けていったように感じます。

「ありがとう」は、日々のチビスケ母さまの行動のすべてに表れていたと思います。
大変な出来事ではあったけれど、お父さまと過ごした時間は神様がくれたプレゼントだったのではないでしょうか。

お父さまのご冥福を心よりお祈りいたします。


No title

頑張りやさんのチビスケ母さんご苦労様でした。お父様も大満足の毎日だったと思います。 寝たきりになっても父親は父親 側で頑張っている娘に感謝しながら 幸せそうに日々暮らしている娘の姿を確認して、安心して旅立った。そう思います。


お父様のご冥福を心からお祈り申し上げます。

この度は、ご愁傷様でございます。

迎えなければ良かった…と後悔するよりも、迎えれば良かった…と後悔する方が何百倍もツラいです。
私も祖母を亡くしたときに、会うのがツラいとお見舞いに行かなかった事を大変後悔しました。
出来る事があったのに、しなかった後悔は計り知れません。

お父様も嬉しかったと思います。
大好きな娘と、たくさんの時間一緒に居られたんですから!

心より御冥福をお祈り申し上げます。

お父様との思い出をじっくり噛みしめて、急がず焦らず自分のペースでゆっくりして下さい。

おじいちゃん

葉山のおかーさん

僕がよく寝ていたベッドのおじいちゃん、旅に出たって聞いたよ。
きっと、今頃僕の兄妹と僕のこと話しているかもしれないね。

僕は3年間幸せだったから、おじいちゃんもきっと幸せだったと思うよ。
僕たちを理解してくれる、おかーさんとおとーさん。
同じようにおじいちゃんも、感じていたのだと思うけど。

僕たちも、人間も1人では生きていけないから、絆が必要なんだよね。
おじいちゃんは、確かな家族の絆があったから、安心して旅立って
いけたのかな。

僕はもう少し猫らしい生活を楽しみたいから、おじいちゃんに会うのは
まだ先かもしれない。でも、いつか会いに行くときは笑って迎えてくれるかな。

No title

チビスケ母さん、お悔やみ申し上げます。
わだかまりがあったなんて驚きました。すべてが愛情に包まれた素敵な思い出となって昇華されたご様子は、お写真の海の景色のように穏やかに伝わってきます。言葉にできないご苦労もご心労もたくさんあったことと想像いたします。心より尊敬いたします。
愛する娘さんとワンニャンを愛でならがら過ごした時間は、それはそれは幸せな時間だったに違いありません。
お父様のご冥福をお祈り申し上げます。

No title

心からお悔やみ申し上げます。

ブログをお休みされたとき、お加減が良くないのかなって気になっていました。
今年干支ということは私と同じ。きっと私の母と同じお年なのだと思います。
動物好きな仲よし父娘さんなんだとばかり思っていました。
すごいですね。
私にもできるかな?
父が苦手な私は、いずれ来る介護生活を思うとブルーになっていました。
でも、親子ですもんね。なんとかなりますよね。
そんなことになったら、チビスケ母さんのこの日のブログを思い出します。

お疲れ様でした。
そしてありがとうございました。


No title

チビスケ母さん、
思い残すことなくお世話でき、お父様をお見送りなさって、本当にお疲れ様でした。

私も今、重篤な病で、痴呆も進んでいる義母のお世話をしています。
チビスケ母さんみたいに明るく前向きにできずに、既に負けています。
自分自身が嫌になることもあります。

お父様お幸せだったと思います。
母さん、たくさん涙を流してくださいね。
そして、お母さまを大切に。

お父様のご冥福をお祈り申し上げます。

山口正子さんへ

ありがとうございます。
一年にも満たない短い日々でしたが、最後の最後に父と向かい合う時間がもてた私はとても幸せでした。
今の時代に今の年齢で親の介護をすることができて、とても恵まれていたと思います。
昔なら、とてもあの状態の父の自宅介護は無理だったと思います。
いろいろなサービスや家族の協力あってこその介護生活でしたので、到底、一人では立ち行かなかったと思います。
この一年、考えてもみなかった多くのことを経験できました。
父のいなくなったポッカリは、しっかりワンニャンが埋めてくれますね。

まきさんへ

去年のお正月、Gが危篤になっちゃって緩のお届けを延期してもらったんでしたよね~。
なんだか、今年のことのような気がします。
良く頑張りましたで賞、ありがとうございます。
すごく嬉しい・・・。
たくさんの人に助けてもらえたから、私はそんなに頑張らなかったんだけどね~。

G、天国でもお布団ワンニャンてんこ盛り?(笑)
Gにもね、先に旅立ったニャンコの家族がふたついるんだよ。
今頃、その子たちともきっと再会してるね。
そう思うと、旅立ちも悪くないな~って思えます。

明日、雪積もってないといいね~。

まかべさんへ

ありがとうございます。
約1年前、まかべさんと私、同じような状況に直面したんでしたよね。
いろいろ相談できて心強かったです。
父と過ごした毎日は、長い時間のわだかまりをなくすためには十分な時間でした。
自分より弱ってしまった父親に向かい合うということも、娘として思うところがたくさんありました。
そして、これから老いていく自分がどんな人間にならなくてはけないのかを考えさせられる時間でもありました。
まだもう少しできた・・・と思っているときに旅立った父は、なんだか綺麗すぎる引き際でした。
最後まで、父親だったんだな~と思える自分がとても幸せです。

すっかりご無沙汰の友人とのランチ。
しかも犬連れOKとはありがたや~♪
暖かい日にでも、ぜひ!

フィンファミリーさんへ

ありがとうございます。
Gと過ごした時間は、言葉ではなく心でいろいろなことを学ぶことができた気がします。
そしてなにより、あれほどぶつかってきたGをもう一度好きになれたことは、本当に幸せでした。
2月にGを迎えると決めたときに、黒ラブの汲(かえ)改め神楽と出会ったのは、さすがになんで今なの???と思いました。
でも、大型犬の保護と介護生活、やってみたらなんにも困ることなく出来ちゃった・・・。
出来ないかもっていう壁は、自分で作っちゃうんだな~って改めて思い知りました。
誰かに必要とされているのかもって思える自分は、幸せなんだな~って思います。
もしGの介護が10年後だったら、もしかしたらつぶれていたかもしれません。
なにかを削らなくてはできなかったかもしれません。
なにもかもが、良い方へ良い方へと不思議なくらい流れていってくれた毎日でした。
だから、もっともっとGはここにいてくれてよかったんですけどね~。
娘のわだかまりが消えるのを見届けたかのように、逝っちゃいました。
G、お見事!って感じで~す。

カプアンパパさんへ

ありがとうございます。
パパさんのブログに時々登場するお父様とお母様を拝見するたびに、お元気そうなお姿に尊敬の念を抱いております。
いつまでも、パパさんのご両親のように過ごせることはみなさんの願いだと思います。
父は、残念ながらそれが叶いませんでしたが、そのおかげで娘は大きな大きな学びを得ることができました。
預かりをしていながら、親をあずかれないなんて変よね・・・という、乱暴すぎる発想から始めた介護でした。
ワンニャンと親を一緒にするなんてと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、たくさんの預かりっ子たちとの暮らしがあったからこそ、父を迎えることが特別に思えなかったんだと思います。

至らなかったこと、出来なかったこと、たくさんありました。
でも父は、それを責めたりしないと思います。
だから悔いることなく、父への感謝の気持ちだけできっといいんですよね・・・。
それも、ワンニャンから教わった来がします。

syokoさんへ

ありがとうございます。
本当に、父と過ごすことができた時間は、神様からのプレゼントだったのかもしれません。
あの時間が無かったら、たくさんのわだかまりをずっと持ち続け、許すことを知らない自分にずっと嫌悪を持ち続けていたかもしれません。
仲の良い親子であるに越したことはありませんが、反面教師のように思っていた父のことを、そうではなくいつのときも子を思う親であったことに気づくことができました。
最後の最後に、世話をするたびに父からねぎらいの言葉をかけられた娘は、本当に幸せな娘です。

シエルのmamaさんへ

ありがとうございます。
慣れない娘の介護に、に父も苦労したことと思います。
それでも一緒にいた時間は、私にとって必要な時間だったと思います。
大雑把な娘の介護に呆れながらも、それでも入院よりここがいいと言ってもらえたときは嬉しかったです。
父と過ごした時間は、本当に掛け替えのないものでした。
その機械を与えられた娘は、本当に幸せ者です。

MORE姉さんへ

ありがとうございます。
本当に、しなかったことへの後悔は苦しいですよね。
そうゆうこと、何度もありました。
父を迎えるにあたって、できることを先延ばしにしないようにということは真剣に考えていました。
明日が必ず来るという保証は父に限らず、誰にもないんだからと・・・。
それでも毎日のことになると、手抜きになったり大雑把になったり。
でも親子というものは、そうゆうことも許しあうんですよね。
父に向かうとき、いつもケンケンしていた私はそんなことも忘れていました。
なので、至らなかったことはたくさんあるけど、悔いはないんです。
というか、悔いてはいけないんですよね。
そう、自分に言い聞かせてます。

ちびたろうへ

ありがとう。
ちびたろう、まるでGのこと守ってるみたいにいつも一緒にいてくれたよね。
ちびたろうがいる頃は、まだGの手も動いたから、よくちびたろうのこと撫でてたもんね。
あなたの温もりは、Gのこととってもとっても励ましてくれたと思います。
本当にありがとう。
ちびたろうが幸せになった後も、Gのベッドは大人気だったけど、チビッコたちが駆け回るのにはGもビックリ。
だって高いところから枕元に飛び降りてきたりもしちゃったからね。
ニャンコ大好きだったGだもの、デッカイちびたろうの存在はとっても心地よかったと思う。
きっと今頃、あなたのキョウダイの克(よく)に、君のキョウダイは大きいね~なんて話してるね。
ずっとずっと先のいつか、克と一緒にきっとGは笑顔で会いたかったよ~って迎えてくれるね。
私もいつかGと再会するとき、笑顔で迎えてもらえるようにこれからもちゃんと頑張るね~。

幸多母さんへ

ありがとうございます。
なんにでも首を突っ込みたい娘と、ひたすら平穏な幸せを求める父でした。
ことあるごとにぶつかり、いったい私のどこにこの人の遺伝子があるんだろう?と思うほど似ていないと思っていました。
でもそこここに父の遺伝子はしっかりこの身に散りばめられていました。
そのことを素直に受け入れられるようになってからのお別れができたこと、とても幸せだと思います。
果たして、気の強い娘に預かられた父の方はどうだったか・・・。
多少の不安は残るものの、それも含めてきっとすべて許してくれたと思います。
確かに介護は大変なことも多かったです。
でもそれ以上に与えられたものが大きすぎて、迎えたこと、本当に良かったと思えます。
私は、恵まれていますね・・・。
だから、誰かに与えられた恵みを返さなくちゃいけませんね。

猫の手さんへ

ありがとうございます。
猫の手さんがご両親さまと一緒に旅行に行かれた様子をブログに載せられたとき、私ももっと親と一緒に出かけば良かったな~と思いながら拝見しておりました。
親の介護のことはずっと昔から、いずれ自分にかかってくるのだろうなと思ってはいました。
そして、父親の介護だけはしたくないな~と考えるたびに底なしに凹むほどブルーになってました。
でも介護って、待ったなしで突然やってきたりするんですね。
もし、だんだんに助けが必要になってからの介護だったら、あんなに簡単に決められなかったかもしれません。
それも私にとっては幸運なことだったと思います。
わだかまりのあった親子ですから、当然、最初の頃はぶつかることも多かったです。
そんな中、だんだんに折り合いがついていく・・・。
その繰り返しのおかげで、まだまだ介護くらいできると思えるようになりました。
今となっては、父の介護をすることは、もう二度とできません。
それが父が身をもって教えてくれたことのひとつのような気がします。
疲れてイライラし、辛く当たり、それを悔いる。
その繰り返しが、父への愛に変わりました。
間に合って、本当に幸せです。

るる母さんへ

ありがとうございます。
るる母さんも介護に直面されていらっしゃるんですね。
介護って、笑顔だけでは到底成し遂げられませんものね・・・。
元々、仲の良かった親子ではないので、最初の頃は本当によくぶつかりました。
そしてだんだんに、父にできることが少なくなり、鬼娘の私の心にも優しさが芽生えてきたんだと思います。
まったく正気な時間も多かったですが、認知症と思われる症状も出てきた矢先でした。
父の場合は、起き上がることができなかったので徘徊もなく、暴れることもありませんでした。
なので、とても楽な介護だったと思います。
認知症が進むと、まわりにいる人間は本当につらいですよね・・・。
父の思考についていけず、まだ時々しか現れない症状でしたが、今年は、認知症への上手な対応が課題だと思っていたくらいです。
るる母さんも、ご無理なさらずご自身を大切になさってください。
「頑張らない介護!」
この言葉を、私をサポートしてくださった介護サービスの皆さんが、いつもいつも私に言ってました。
難しいですが、介護は頑張ってはつぶれてしまうそうですよ。
(私はその言葉を素直に聴き過ぎて、手抜き三昧でしたが・・・)
リンク
探しています!
元預かりっ子の小梅が、2008年5月14日、千葉県習志野市新栄付近から迷子になってしまいました。
詳細及びポスターは→こちらです。ご協力、どうかよろしくお願いいたします。
ご家族募集中!
成犬・女子・儘(まま)
右後ろ足先欠損
成犬・女子・楢(なら)
年齢10歳以上
フィラリア陽性
成犬・女子・埜々(のの)
軽度心臓肥大
鼠径ヘルニア
両膝蓋骨脱臼
成犬・女子・歌(うた)
左後肢先欠損
フィラリア陽性
成犬・男子・祭(まつ)
高齢・要介助
フィラリア陽性
成犬・女子・給(たも)
両後ろ足変形
フィラリア陽性
成猫・男子・兎々(とと)
全盲及び癲癇症状有り
子猫・女子・軽(かろ)
両目白濁及び左目結膜癒着
成犬・女子・歩(ある)
準備が整いしだい
ご家族さま募集開始します
人馴れなし
フィラリア陽性
子犬・男子・幣(ぬさ)
準備が整いしだい
ご家族さま募集開始します
左前肢先欠損
成犬・男子・照(てる)
願い叶わず、2016年3月17日
虹の橋へと旅立ちました。
ぜひご覧ください!
いつでも里親募集中
チャリティポストカード
ドコノコ
「ドコノコ」始めました。
「チビスケんち」で
検索してみてください。
【チビスケんち関係】
チビスケんちの預かり日記04.10.10~09.5.31
チビスケんちの         預かりっ子アルバム
預りっ子チビスケんち滞在期間
BIBIの一言!
元預りっ子のブログ゙♪
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
プロフィール

チビスケ母

Author:チビスケ母
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード