新入生~♪

この季節、残念だけど仔猫がたくさん捨てられます。

生まれた命は捨ててはいけません。
育てられないのなら、生ませてはいけません。

たとえどうにもならなくて、心の底から「どうか優しい人に拾ってもらうんだよ・・・」
って、祈りながら捨てたとしても、
それは、「おまえなんか、死じゃえ!」と言っているのと同じです。

あちこちのブログで、誰かが捨てた仔猫を保護し
必死でその命を守ろうとしている人を見かけます。
それを見て、捨てても大丈夫だなんて、誰も思わないだろうけど、
保護された子たちの後には、命を落とした子がたくさんいること、
たとえ見えなくても、想像しなくてはいけません。

チビスケちに届いた小さな乳飲み子たち。
仔猫の白、チビ、サバ、愛々(めめ)、実(さね)、満(みつ)、浄(じょう)、
仔犬の恭(きょう)、みんなみんな死んでしまいました。

数時間前まで元気だったのに、その次の授乳の時にミルクを飲んでくれない・・・と、
さらに次の授乳のときには瀕死の状態だったりします。
なんとか生きて欲しいと体を暖め、マッサージしたけど・・・、
いくつもの命がなすすべもなく手の中で息絶えていきました。

チビスケ母の手は、女の人の中でも小さい方です。
小さな手の平で、すっぽり包めるくらいの小さな命が、
暖めても暖めても冷たくなっていきます。
さっきまで手足を動かし、生きていることを示してくれた体が、
命を失ったとたんグッタリとし、物と化します。

最後の息を大きく大きく吸い、それを吐くと共に消えていく子・・・。
小さな呼吸が段々に弱まっていく子・・・。
血便を出しながら、苦しみながらいく子・・・。

天寿をまっとうし、息を引き取る家族のそばには、必ず一緒にいたいと思います。
でも、生まれたばかりの命が、不当な扱いを受けた末に消えていく瞬間に立ち会うのは、あまりにも切ないです。

乳飲み子として保護された仔猫の中で、かろうじて生き延びてくれたのは、
温(おん)改め生(いく)だけです・・・。

捨てたら・・・、死んじゃうんだよ。
ホントにホントに、死んじゃうんだよ。

そのこと、捨てる人に感じて欲しいです。

もし捨てられた命に出会ったら、
どうかどうか見過ごさず、手を差し伸べてください。
手を差し伸べなければ、けして生きられないのですから・・・。



24日、チビスケんちに届いた小さな命です。
90725a.jpg
やっと目が開いてきました。
生後、一週間くらいでしょうか・・・。

ワンズたち、興味深々で集まってきました。
90725b.jpg
もちろん、お互いの健康のために接触はさせません。
左が笑(わら)で右が沢(さわ)です。

さらに集まって・・・、
90725c.jpg
左から笑、沢、憐(れん)です。

さらにさらに集まって・・・、
90725d.jpg
笑、沢、憐、そして沢の後に緩(ゆら)。

あらら、またまたさらに集まって・・・、
90725e.jpg
珍(うず)も参加です。

小さな命、みんなしてとても気になります。
でも誰も、、食べちゃおうとか、噛み付こうとか思っていません。
緩はすごく興味があるようで、どうしても咥えてみたいようです。
何度かトライしてますが、もちろんすべて失敗に終わってます。

授乳のたびにワンズが入れ替わり立ち代りやってきます。
誰も吠えず、誰も脅かさず、大切な壊れ物を扱うかのように、
なるべく近くでなるべくたくさん匂い嗅ごうとジ~ッと並んでみています。

小さな命はとっても元気です。
でも、小さな命は些細なことですぐに体調を崩します。

授乳のたびの哺乳瓶の消毒、手洗いはもちろん、清潔な寝床を心がけ、
本当ならママがしてくれるお尻の始末も忘れずに済ませます。

なんとしてでも、いまの元気をずっと保ちたいと願ってます。

いつもバタバタしてるので、まだ名無しちゃんですが、
名無しのチビッコ、どうかどうか、すくすく育ちますように~。

枢(すう)ママの子供、参(まい)、崇(あが)、稔(みの)にご飯をあげたとき、
「大きいな~!」と思っちゃったチビスケ母でした。
抱っこしたとき、
「重たいな~!」と感じちゃったチビスケ母でした。
枢ママの子供たちだって、レッキトシタ仔猫なのに・・・。
ホントに、大きくなったな~。(嬉)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

その小さな目は大好きな人を見るためにあるんだよ。
その可愛らしい耳は一番大切な人の声を聞く為にあるんだよ。
その一生懸命歩こうとしてる手足は君を必要としている人に会うために
あるんだよ。
その暖かい身体は、きみが今ここにいることの証明なんだよ。
まけるな~。頑張れ!!

No title

ワン’Sの目がとても暖かいです。
皆、心配なんですね。

自分が何とかしてあげたいって
思ってるみたい。。。

優しい子達に育ってますね☆

元気にヨチヨチ歩ける様になって
ワン’Sのアイドルになるんだょ♪

名無しさま

コメント、ありがとうございます。
本当にその通りですよね。
生まれてきたからにはずっとずっと幸せでいて欲しいです。
柔(にこ)は、乳飲み子のうちにお母さんから引き離されるという生死に関わる境遇を味わいました。
一生分の不幸を一瞬に体験したのと同じくだと思います。
だから、この先はただただ幸せに生きて欲しいです。

今日もしっかりミルクを飲んで頑張ってます!

Re: No title

名無しちゃん、柔(にこ)という名前になりました。
確かに、柔はワンズのアイドルですね。(笑)
授乳のたびにみんなしてワクワクしてます。

素早く走り回ることができるようになったら、ワンズと一緒に遊べるようになると思いますので、
あと少し、狭いバックの中でグッスリ眠り、大きく育ってもらいま~す。
リンク
探しています!
元預かりっ子の小梅が、2008年5月14日、千葉県習志野市新栄付近から迷子になってしまいました。
詳細及びポスターは→こちらです。ご協力、どうかよろしくお願いいたします。
ご家族募集中!
成犬・女子・儘(まま)
右後ろ足先欠損
成犬・女子・楢(なら)
年齢10歳以上
フィラリア陽性
成犬・女子・埜々(のの)
軽度心臓肥大
鼠径ヘルニア
両膝蓋骨脱臼
成犬・女子・歌(うた)
左後肢先欠損
フィラリア陽性
成猫・男子・兎々(とと)
全盲及び癲癇症状有り
成犬・女子・歩(ある)
準備が整いしだい
ご家族さま募集開始します
人馴れなし
フィラリア陽性
成犬・男子・祭(まつ)
準備が整いしだい
ご家族さま募集開始します
高齢・要介助
フィラリア陽性
成犬・女子・給(たも)
準備が整いしだい
ご家族さま募集開始します
両後ろ足変形
フィラリア陽性
子犬・男子・幣(ぬさ)
準備が整いしだい
ご家族さま募集開始します
左前肢先欠損
子猫・女子・軽(かろ)
ご家族さま、決定しました!
8月末頃お届け予定です♪
両目白濁及び左目結膜癒着
成犬・男子・照(てる)
願い叶わず、2016年3月17日
虹の橋へと旅立ちました。
ぜひご覧ください!
元預りっ子のブログ゙♪
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
プロフィール

チビスケ母

Author:チビスケ母
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード