元預かりっ子、丸(まろ)の迷子と保護までのお話。

2010年の春、チビスケんちの預かりっ子だった円(まる)&丸(まろ)。
あっという間に揃って同じお家に家族として迎えてもらえました~。

その丸(まろ)が27日の土曜、お散歩中に迷子になってしまいました。

当時の同じく預かりっ子だったラブラドールの
汲(かえ)改め神楽(かぐら)が大好きだった丸(まろ)。
IMG_0120201210.jpg

汲(かえ)ちゃんのことは、僕が守るよ!
IMG_1653201210.jpg
小さな体で、デッカイ神楽(かぐら)にいつも寄り添う丸(まろ)でした。

僕のことも守ってほしい・・・。
IMG_1656201210.jpg
天真爛漫な丸(まろ)に比べ、慎重な円(まる)。

そんな円(まる)は、丸(まろ)がみんなと仲良くする様子をみて、
だんだんにチビスケんちに慣れていきました。
IMG_0136201210.jpg
丸(まろ)のおかげで、円(まる)もニコニコで遊べるようになりました~。

そんな円(まる)と丸(まろ)の関係は、
本当のお家に行っても変わりませんでした。
丸(まろ)がいてくれることで、円(まる)は
とっても安心して過ごしているそうです。

今も会えば尻尾フリフリで喜んでくれる丸(まろ)。
その後ろで、この人怪しくない?とそっとチビスケ母を観察する円(まる)。
相変わらずのふたりの関係を、とっても微笑ましいと感じるチビスケ母でした。

そして土曜日。
いつもと変わらない朝。
いつもと変わらない海辺のお散歩。

それなのに、その日に限っていつもと違うことが・・・。

近くにできた結婚式場から、突然花火が上がりました。
ビックリした円(まる)丸(まろ)は、怖くて大暴れ。
その瞬間に、丸(まろ)のリードが外れてしまいました。
怖がる円(まる)を逃がすまいと気を取られているうちに、
丸(まろ)はものすごい勢いで走り去り、
あっという間にその姿を見失ってしまったそうです。

パパとママはくまなく海岸を探し回りました。
それこそ何度も何度も歩き、ワンコには行かれそうもない堤防の下まで
足をくじきながら覗き込み、必至で探しました。

それでも丸(まろ)は見つかりません・・・。

でもパパとママは思いました。
うちの子になってもう二年以上も経つし、ここは何度も何度も来ている海岸だし、お家からだってちっとも遠くないし、丸(まろ)は臆病でもないし賢いから、きっとひとりで帰ってくるだろうと。

でも丸(まろ)は、夜になっても戻ってきませんでした。

もちろんパパもママも、丸(まろ)が戻らない間、あちこち必至で探しました。
もしかしたら事故にあったのかもしれないと、道路のシミがあればいちいち車から降りてシミを確認しました。
あんなに探した海岸だけど、それでももしかしたらとまた探しに行き、
自分たちでポスターを作りご近所のお店に貼ってもらうよう頼みにいきました。
土日は保険所などお休みのところばかりで、届を出せたのは警察のみでした。

でもポスターを貼ってもらっても、警察に届けても、
どこからも連絡がありません・・・。

そして日曜日、パパとママはチビスケんちに丸(まろ)が迷子になってしまいましたと連絡してくれました。
円(まる)丸(まろ)んちは、車で行けばすぐというご近所。
ポスターをメールで送ってもらい、ちばわんのみんなに助けて~とメールをし、カッ飛びで車に飛び乗りました。

チビスケ母も、なにもなければ丸(まろ)は自力で帰れる距離で迷子になったとすぐに思いました。
でもだからこそ、一晩たっても帰ってこないということは、帰ってこれない理由があるはずだと逆にとても不安になりました。

大丈夫。
丸(まろ)は賢いから元気にしてるに決まってる!!!
そう思おうとしながらも、もしかしたらと不安なことばかり思い浮かびます。

もしかしたら、首輪がどこかに引っかかって動けないのかもしれない・・・。
もしかしたら、お家に帰ろうとして道路を渡るとき事故にあったのかも・・・。
もしかしたら、驚いて走り去ったとき、堤防から落ちてしまったのでは・・・。
もしかしたら、可愛いから誰かに連れ去られてしまったのかも・・・。

よくもこんなひどいことばかり浮かぶものだと呆れるくらい、
次から次に嫌な考えが浮かびます。
だって迷子になった場所、
丸(まろ)が自力で帰ってこれない距離じゃないんですもの・・・。

迷子って、こうゆうことなんだと思います。
普通ならなんでもない距離でも、道路一本渡ることが、
ワンコだけではとっても危険。
いつもはとっても静かな海岸でも、突然、いつもと違うことが起こる。
外れるはずのない金具がある日簡単に外れてしまう。
逃げるはずのない子が、一目散に自分の手元から離れていく。

そんないつもだったら起こらないことが起きちゃうから、
迷子になっちゃうんだと思います。

そして丸(まろ)は、せっかく首輪を付けたまま逃げたのに、
命綱でもある迷子札を付けていませんでした。

もし保護されても・・・、
どこの誰ちゃんなのか、まったくわからないのです。

昨日はこっち方面でも夜は荒れるという天気予報。
雨風の中、丸(まろ)がどんな思いをするだろうと思うだけで
胸が苦しくなります。
ほんのちょこっと一緒に暮らしただけのチビスケ母でさえこれなんですから、
パパやママがどれほど辛かったか・・・。

もちろん、丸(まろ)が迷子になったのが
全部偶然の不幸が重なった事故とは言いません。
リードの金具はちゃんと首輪の金具に着いていたのだろうか?
迷子札をなぜつけていなかったのだろうか?
パパやママにも、落ち度がなかったとは思いません。

でも、たいていの人は、一緒にいる時間が長ければ長いほど、
だんだん危機管理が緩くなってしまうものだと思います。
パパとママ、チビスケ母がなにも言わなくとも
自分たちの甘さをものすごく後悔してました。
「うちの子に限って・・・」という思いがあったと言っていました。
たかが二三年の付き合いで、わかりきったつもりになっていたと
本当に悲しんでいました。

たった一晩で、こんなになにもかも変わってしまうのか・・・と。
昨日までの当たり前の幸せが、
あっという間に消えてしまったと感じていました。




丸(まろ)は、戻ってきました!
IMG_9822201210.jpg
喜びの舞いを舞う丸(まろ)。
お届けの日、ピカピカだったソファーは丸(まろ)の舞いでボロボロに・・・。

舞い過ぎてお顔が良く見えません。
ということでもう1枚。
IMG_9823201210.jpg
あっ、オメメ光っちゃった。

それでも続く、喜びの舞い!
IMG_9824201210.jpg

丸(まろ)は、ビックリして走り去った後、
すぐに海岸近くの民家に逃げ込んでいたようです。
ママは、そのお家の方と朝の丸(まろ)探しのときにお会いしていました。
お家の方は、円(まる)丸(まろ)のことを知ってはいたものの、
いつも一緒にお散歩している姿しか見ていなかったので、
丸(まろ)のことを自分が知ってるワンコとは思わなかったそうです。
朝、ママを見かけたときも、ママが一人で歩いていたので
円(まる)丸(まろ)のママとは気づきませんでした。

「暗くなる前に、もう一度円(まる)を連れて探しに行ってきます。」
ママから何度もお電話をもらうたびに、
「見つかりました~!」の一言を期待しながら電話にでました。
でも喉から手がでるほど聞きたい言葉を、
その時も聞くことができませんでした。

ヨ~シ、丸(まろ)は元気に決まってる。
今できること、ポスター印刷頑張るぞ~と気合いを入れて印刷してたら、
またママから電話が・・・。

「見つかりました~!」
「キャ~~~~~~~~~ッ!」
日本語、忘れました・・・。

円(まる)だけを連れて歩いてるママを見て、
いつも一緒の子がいないな~と思った保護主さん。
もしかしたら・・・と、ママに声をかけてくれました。
そして丸(まろ)が、夜も怖い思いをせず、ご飯までもらって、
安心して一夜を過ごすことができていたとわかりました。

迷子札さえつけていれば、いなくなってすぐに
丸(まろ)はパパやママに会えたのに・・・。
そんなこと誰に言われなくともパパとママが一番わかってます。

迷子札を付けていなかった理由を聞いてみました。
仲良しの円(まる)丸(まろ)は、
いまだにガウガウ楽しそうにプロレスするそうです。
そして、何度も何度も迷子札を壊してしまい、そのうちなにかあっても逃げるのではなく自分たちのところに助けを求めるだろうと思うようになり、もう大丈夫だねと思ってしまったそうです。

もちろん、大至急迷子札を付けるとお約束してくれました。

もぉ~、僕すっごく寂しかったんだからね!
IMG_9825201210.jpg
丸(まろ)を頼りにしている円(まる)にとっても、
大変な一日だったと思います。

大喜びして大騒ぎした丸(まろ)。
お家にもどってホッとしたのでしょう。
あっという間に、ネムネムになりました。
IMG_9826201210.jpg

可愛いふたりのツーショットを撮りたかったチビスケ母ですが、
安心しきった丸(まろ)に会えただけで大満足。
別々にパチリ。
丸(まろ)がもどって安心した円(まる)で~す。
IMG_9827201210.jpg


円(まる)も丸(まろ)もマイクロチップを入れているので、万が一センターに行ってしまっても処分されてしまうようなことはありません。
最悪の事態を避けるための、最後の砦としてとても有効な手段だと思います。
でも、マイクロチップはデーターを読み取る機械がなければ内容を知ることができません。
チップを入れることでご家族がセンターに我が子がいることに気づかず、最悪の事態に陥ってしまうということは避けられますが、さらに迷子札があればセンターに移動することも避けられる可能性が大きいと思います。

人と共に暮らす生き物は、共に暮らす人しだいでその一生が決まります。
家族の安全と健康を最後の最後に守れるのは、ほとんどの場合家族だけです。
丸(まろ)のおかげで、そのことを今一度自分に言い聞かせ、
身を引き締めていきたいと思いました。

パパとママが言ってました。
うちの子は大丈夫といつの間にか思っていました。
丸(まろ)がいなかったのはたった一晩だったけど、
あんな思いはもう絶対したくありません。
たった一晩で戻ってくれた丸(まろ)は、きっと自分たちがすっかり油断していたこと、身をもっておしえてくれたんだと思いますって。

チビスケ母もそう思います。
せっかく丸(まろ)がくれたチャンス。
ご家族は、これからより一層、深く深く愛し合い
幸せになっていくんだろうな~。

可愛いふたりのツーショットを撮り損ねたチビスケ母に届いた、
嬉しい嬉しいプレゼント。
IMG_4175201210.jpg
円(まる)丸(まろ)が来てから、毎夏、伊豆に旅行に行くそうです。
そして同じ場所で、お写真撮るのがご家族の恒例行事になりつつあると・・・。

来年も再来年も、そしてず~~~っと、たくさんの恒例行事が重なって、
たくさんたくさん幸せ写真が増えますように~。




今まで何度か載せましたが、三歳を迎えることなく虹の橋へ逝ってしまった元預かりっ子の清(さや)のこと、今一度紹介させていただきます。
元預かりっ子たちのご家族さま宛てに送ったメールです。
旧預かり日記の2月8日 「清(さや)のこと」 よろしかったらぜひご覧ください。
また、チビスケ母の清(さや)への思いも綴りました。
「清(さや)との思い出」

清(さや)は愛されていた子です。
それでも悲しいお別れが訪れました。
清(さや)の身に起こったことは、誰の身にでも起こりうることだと思います。

今もお家に帰れずにいる子たちが、一日も早くご家族の元に戻れますように。
「ちばわん迷子ブログ」
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【速報】猫の首輪からチップを回収

1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/01/05(土) 16:06:33.49 ID:QSUsDihI0 ?2BP(1919)「真犯人」メール解き、猫の首輪からチップ回収http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130105-...
リンク
探しています!
元預かりっ子の小梅が、2008年5月14日、千葉県習志野市新栄付近から迷子になってしまいました。
詳細及びポスターは→こちらです。ご協力、どうかよろしくお願いいたします。
ご家族募集中!
成犬・女子・儘(まま)
右後ろ足先欠損
成犬・女子・楢(なら)
年齢10歳以上
フィラリア陽性
成犬・女子・埜々(のの)
軽度心臓肥大
鼠径ヘルニア
両膝蓋骨脱臼
成犬・女子・歌(うた)
左後肢先欠損
フィラリア陽性
成犬・男子・祭(まつ)
高齢・要介助
フィラリア陽性
成犬・女子・給(たも)
両後ろ足変形
フィラリア陽性
成猫・男子・兎々(とと)
全盲及び癲癇症状有り
成犬・女子・歩(ある)
準備が整いしだい
ご家族さま募集開始します
人馴れなし
フィラリア陽性
子犬・男子・幣(ぬさ)
準備が整いしだい
ご家族さま募集開始します
左前肢先欠損
子猫・女子・軽(かろ)
ご家族さま、決定しました!
9月13日お届け予定です♪
両目白濁及び左目結膜癒着
成犬・男子・照(てる)
願い叶わず、2016年3月17日
虹の橋へと旅立ちました。
ぜひご覧ください!
元預りっ子のブログ゙♪
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
プロフィール

チビスケ母

Author:チビスケ母
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード